キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 乗鞍ツアーコースへ行ってきました。

<<   作成日時 : 2011/12/25 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今シーズン、人工雪のゲレンデでは既に3日滑っているものの、雪不足のためまだ山スキーエリアへは立ち入っていない。
この週末は白馬方面へ行こうかと思っていたが、乗鞍周辺も今回のクリスマス寒波で降雪が期待できそうなので距離的に楽な乗鞍へ出かけることにした。
位ヶ原下の急斜面は藪と小さな谷地形が酷く2380m地点まで登って、ここで諦めたが、これより下部は登りラッセルも深雪滑りもそれなりに楽しむことができた。
あの酷い藪と小谷が埋まるためにはあとどのくらい降らねばならないのだろうか?

        位ヶ原急斜面下の藪
画像


        GPSログ(カモシカゲレンデ登り返しはリュックにGPSを付けていたため記録されていない)
画像



12月24日(土) 14時過ぎに自宅発、藪原辺りから雪が降り始め、境峠では結構な降りとなって期待が高まったのに、奈川ダムから番所辺りまでは降りが弱く、道端の積雪も少なくて諦めムードも出かかったが、乗鞍高原温泉スキー場に着く頃には本格的な降りとなって一安心。
25日はまだカモシカリフトは運行されないようなので最下部からハイクアップするつもりで休暇村前の駐車場へ向かう。駐車している車は以外に多いが皆無人、位ヶ原山荘まで上がり泊まっているのだろうか。

12月25日(日) 3時頃から除雪車両が動き始めた。外を見ると雪はいつの間にか止んでいて星も見える。5時に起きだし、インスタントスープと野菜ジュース、ブドウパンの朝食をとり、テルモスに熱いコーヒーを入れる。今シーズン初の山スキーのせいか準備にもたついてしまう。気温は-10℃
スキーはファットのアイスランティック・ノマド、ブーツはスカルパ・マエストラーレ

6:48 1590m 休暇村前駐車場スタート ピステンのかかった休暇村ゲレンデのスカイウェイコースを登り詰める。

7:23 1820m カモシカリフト乗り場 ゲレンデ左手にピステンがかかっていたのでここも有難く使わせて貰う。ピステンは初級コースに続いている。これまで人の気配は全くなく、ツアーコースに入ると全てラッセルすることになると思われるので、楽できるところは楽しようと少し遠回りになるがグルーミングされた初級コースを辿って行く。

7:57 1980m ツアーコース入口 1:10弱でここまで来れた。ここからラッセル開始、20cmほどの沈み込み量だ。入口急斜面を見上げると大分雪が付いてきたように感じられる。ここの登り上げの最後は右手から回り込むと登りやすいことが多いが、今回は太い倒木が邪魔していて無理なので、左手一杯に回り込んで登り上げた。

8:30 2090m 入口急斜面上部 上部を眺めると藪や地形の凹凸がまだ残っているが登りも下りも特に支障はなさそうだ。

9:16 2230m No.3標識 ここまで来ると静寂そのもの、吹き抜ける風の音と時々通る飛行機の音くらいだ。風が吹くとやはり寒い、気温は-13℃ほど。下部では時折覗いた青い空も既に全く見えない。天気が良ければNo.5標識の上部で良く見える穂高連峰も今日は全く見えない。この辺りで沈み込みは20〜30cmほど。

9:53 2310m No.6標識 この辺りで4本の谷を横切るが、積雪がまだ少なく起伏が大きいので苦労する。短いが快適そうなオープンバーンを登り上げると位ヶ原下の急斜面が見えてくる。その手前に埋まっていない濃い藪が行く手を阻むように見える。藪の間をすり抜け登ってみるが、小さな谷地形も複雑に残っていて登るルートが見つからない。

10:18 2380m地点 ここで諦め、周回するような形で藪の中を下り始めると、2名の後続を発見、声をかけると松本から来たという二人は細めのスキーを履いている。8時前に休暇村を出発したと云う。早い。

10:38 2370m 滑走開始 久し振りの深雪だ。底付きは感じない。No.6標識の下で後続のテレマーカーさんが下る準備をしていた。雪が深い割に斜度が少ないのであまり曲げることなく下りてきた。最後の急斜面の所でスノーシューで登って来るスキーヤーとボーダーとすれ違った。ここは中央突破で面白く滑れた。

10:56/11:04 1980m ツアーコース入口 ここで小休止し、2人組を待つ、履いているスキーが細いので尋ねてみると山岳スキー競技の選手らしい。登りが早い訳だ。スキーを持たせて貰ったが本当に軽い。超軽量板とレース用TLTビンディングで1kg以下のようだ。只、スキーの捻じれ剛性が低いので固いゲレンデでは曲げるのは辛いとのことだった。
まだオープン前のカモシカゲレンデのまっさらの深雪を滑るが、底付きしない積雪と斜度もあり一番楽しかった。ゲレンデ下部まで下りて、ザックを下ろし、シールを張って車道まで登り返してもう一本楽しむ。この頃には雪が降り始めていた。

11:35 休暇村ゲレンデへ向かう。トリプルリフト降り場まで少し登って、ピステンのかかっていないエキスパートコースを下る。しかし既に食い荒らされた後で面白くはなかった。

11:46 休暇村帰着

無事下山できました。位ヶ原までは行けなかったものの、しっかりラッセルもできたし、深雪滑降も楽しめたので満足です。
車に戻り、道具を片づけ、持って行っただけで口にしなかったコーヒーとパンを食べているとテレマーカーさんが戻ってきたので話を交わす。私と逆の愛知県出身、塩尻在住とのことで親近感が増す。
13時に休暇村を出発、17時過ぎに無事帰宅できました。

        休暇村駐車場から休暇村ゲレンデを見上げる
画像


        カモシカゲレンデを見上げる(左端のみピステンが入っている。右側はまっさら)
画像


        ツアーコース入口からの急斜面
画像


        入口急斜面上部から下方を眺める
画像

 
        No.1標識下の斜面を見上げる
画像


        No.1標識付近
画像


        No.2標識下の斜面を見上げる
画像


        No.2標識付近
画像


        No.3標識下の斜面を見上げる
画像


        No.3標識付近
画像


        No.5標識下の斜面を見上げる
画像


        No.5標識付近
画像


        No.6標識付近の谷地形
画像


        No.6標識
画像


        No.6標識上の快適斜面
画像


        位ヶ原下急斜面の藪(1)
画像


        位ヶ原下急斜面の藪(2)
画像


        後続のお二人(山岳スキーレーサー)
画像


        カモシカゲレンデのマイシュプール(右側の小回り2本)
画像



 



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • 乗鞍ツアーコースへ行ってきました。 キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる