キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 毘沙門岳へ行ってきました

<<   作成日時 : 2012/01/16 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1月14日、今年から営業中止となった奥美濃のイトシロシャーロットタウンスキー場から毘沙門岳へ登り、翌15日も貸切の旧ゲレンデで深雪滑りを堪能してきました。
山スキーコースとしての毘沙門岳は途中、緩斜面やアップダウンが多く、藪も多いので滑りを楽しめるのは頂上直下の狭い尾根筋と途中の短い谷の中、そして最下部のスキー場だけですが、スキーを使った山歩きと考えれば、それなりに楽しめるお手軽なコースと云えるでしょう。
旧ゲレンデはサラサラパウダーとはいきませんが、寒い時期だけあってやや重ながらまあまあの雪質、ストックを挿しこむと50cm以上沈み込む深雪で、これが全く手つかずで残っています。勿体ない勿体ないと登り返ししながら何本か滑ってきました。
自宅から100km程とそれほど遠くない所にこれだけ雪遊びのできる場所があるとは、、これからも手近な奥美濃をもう少し楽しもうと思います。
それと、しっかり足に馴染んできた兼用靴のスカルパ・マエストラーレ、今回は終了時にバックルの止めネジが外れると云うアクシデントがありました。

        毘沙門岳(山頂は左のピークの奥にある)
画像



以下、日を追っての記録です。

1月13日(金) 
いつものように昼過ぎに出発し、下道のみで奥美濃方面へ。郡上八幡辺りでは周りの雪も少なく、小雨も降り出して、先行きに不安を感ずる。しかし白鳥町に入りスーパーで買い物している頃には雪に変わってきてホッとする。
道の駅白鳥で車中泊、ここのトイレにはウォッシュレットも付いていて快適だ。

1月14日(土)
4時過ぎに起床、道の駅周辺で2〜3cmの積雪、5時半に出発。県道314号に入ると一気に標高を500m程上げ、新雪も10cm程に増える。前方を走行していた車はスノーウェーブパーク白鳥高原スキー場やウイングヒルズ白鳥リゾートスキー場へ入って行く。4駆と云えどもコルドバンクスは3トン超の重量級なので一旦滑りだすと中々止まらない。下りは特に慎重に走る。
照明の点いていないイトシロシャーロットタウンスキー場へはまだ真っ暗な6時過ぎに到着、僅かばかり除雪された駐車場跡でボンヤリしていると、ボードを屋根に積んだ車が奥の方へ走って行ったので後を追うと旧スキー学校の建物の前の除雪されたエリアに駐車していた。言葉をかけると、このスキー場跡に毎週来て、お手製のジャンプ台を作り楽しんでいるとのこと。
私も彼らの横に駐車させて貰い、のんびり出発の準備をする。
周囲が明るくなってスキー場跡を眺めると、降ったままの雪がそのまま、何の跡もなく広がっている。

メンバー:単独
用具:アイスランティック・ノマド、TLTコンフォート、スカルパ・マエストラーレ

7:24 旧スキー学校前 670m出発 二人のボーダーはジャンプ台作りを始めている。シールを付け、旧スキー学校前から登り始める。クワッドリフト急斜面下辺りでファットスキーの沈み込みは20cm程度、ストックを刺し込んでみると50cm以上刺さる。急斜面を登りきると急に緩斜面となる。

7:45 旧クワッドリフト終点 878m 終点の建物の中に収納されたままのリフトの搬器が悲しい。殆ど斜度のない切り開き斜面を進んで行く。時々兎の足跡が残る。

8:21 910m ここから針葉樹林帯に入り、薄暗い中を登って行く。960m辺りで混みあった雑木林に代わり、980m辺りでちょっとした谷になる。ここをそのまま登り上げればよかったが、予めカシミールでセットしてきたコースから左にそれていたので無理して右側に回り込んで結果的に廻り道してしまった。1000m辺りで尾根へ出た。よく見ると所々に赤テープが貼ってある。ここからは余り斜度のない雑木林が続く。

10:05 県境尾根 1160m 特に標識がある訳ではないが右手は福井県大野市だ。右前方に毘沙門岳本体が見えてくるがピークは奥にあって見えない。むしろ、その右にある1334mピークの方が立派に見える。
ここからは小さなアップダウンが続く、最初の内は帰路滑って帰れるよう等高線から下がらないようなルート取りをしようとしたが、あまりにも大回りとなり諦めた。帰りもシールを使うとしよう。

10:48 スノーウェーブパーク白鳥高原スキー場への分岐 1215m 左手の1kmあるかないか位の所にスキー場のリフト小屋が見える。その奥にはウイングヒルズ白鳥リゾートスキー場も見える。

10:52 1200m鞍部 最後の急な登りにかかる。尾根の東側には雪庇が発達しているので右側の笹藪側を登って行く。1300mを超えると斜度も緩み、笹や藪もなくなる。

11:38/12:05 毘沙門岳 1386m山頂 お椀を伏せたような丸い山頂へ到着、山頂標識は何も見当たらない。陽は当たっているが西風が強いので東側の陰に隠れて腰を下ろして休憩。
シールを外して滑降開始、上部の200m程は快適、その下の急斜面は左手が藪、右手が雪庇の狭い間を滑り降りる。

12:15/12:08 1200m鞍部 ここでシールを装着し、1215mピークを左手から巻くが地形図に表し切れていないような谷があり、これなら1215mピークを素直に超えてきた方が良かった。
その後も県境尾根をアップダウンしながら進む

12:58/13:00 1150m ここでようやくシールを外す。藪の中を滑り下りるが、こんなコースではヘルメットとゴーグルは必需品だ。時々現れる登りはカニさん歩きで消化しながら進むと、1000m辺りからようやく下り主体となる。

13:31 910m 最後に少し登って切り開きに出る。カモシカのラッセル跡と思われる跡が残っていた。この辺りも斜度がないため登りトレースを使わないと止まってしまう。

13:37 旧クワッドリフト終点 878m ここからは少し進むと急斜面に入りパラダイス、サラサラではないが底付きしない深雪に小回りターンを刻む。思わず歓声が出る。急斜面から下は雪の抵抗が大きいためあまりターンできない。

13:44 出発点帰着 無事帰着できました。地形読み等色々勉強になることもありました。
<沿面距離:9.9km、累積高度:±950m>

車に戻り、カップ麺を食べてから、あまりにも勿体ないので、もう一度シールを付け直してスキー場トップまで登り返し、リフト左手(西側)急斜面の深雪滑降を楽しんできた。

        スキー場下部を望む(遠景薄く野伏ヶ岳)
画像


        960m辺りの雑木林
画像


        980m辺りの小さな谷
画像


        県境尾根にて(アップダウンが続く)
画像


        1215mピークにて(2つ目の尾根にスキー場のリフト小屋が見える)
画像


        1215mピークから毘沙門岳山頂方向を望む(尾根東側には雪庇がある)
画像

  
        毘沙門岳山頂より北方を望む
画像


        毘沙門岳山頂より東方を望む
画像


        毘沙門岳山頂より南方を望む
画像


        1200m鞍部から毘沙門岳へ登る尾根を見上げる
画像


        910m付近でのカモシカ(?)のラッセル跡
画像


        スキー場跡を見上げる(右手は登り返した時のもの)
画像


        GPSログ
画像


その後、満員の満天の湯に浸かってから、一旦道の駅白鳥まで下って車中泊した。

1月15日(日)
4時起床、5時に道の駅を出発し、一旦野伏ヶ岳の登山口となる白山中居神社下まで行って様子を見ると、人の入った痕跡がない。野伏ヶ岳は楽しく滑れるのは最後のダイレクト尾根に出てから、一人でラッセルして行ってどこまで行けるのか?小雪も舞っている。イトシロシャーロットタウンスキー場は今朝もリセットされたに違いない。
怠け者の自分ともう少し根性のある自分が喧嘩している。結局怠け者が勝ち、さっさとイトシロシャーロットタウンスキー場へ戻って昨日と同じ所へ駐車。

ナップサックに飲み物とシール収納用のチートシートだけを入れて、ノートラックのスキー場を登る。
クワッドリフトの上部左手(西側)の急斜面(スキー場のデータでは斜度35度とのこと)を小回りで下りる。超気持ちいい!シールを付けて登り返し、3本滑ったところで車へ戻る。
お腹が空いてきたので、スパゲティーを茹でていると6人の山スキー・パーティーがスキー場入口の方から登って行くのが見えた。9時半は優に過ぎている。随分のんびりした出発だなー!
お腹も一杯になったので再度、シールを付けて登り、リフト下と右手(東側)の急斜面を3本滑って、十分満足。

車に戻りブーツを脱ぐとき、左ブーツ第3バックルの止めネジが外れてしまった。ネジを紛失することはなかったが、山奥でこんなことが起こるとチョットヤバイ。そういえば、今朝ブーツを履くときにこのバックルが変な方向を向いていたので手で回して向きを合わせたような気もする。この時、既に緩んでいたのだろう。帰宅したら全てのネジの緩みを点検し、要すればネジロックを塗布することにしよう。
このブーツ、スカルパ・マエストラーレは軽量で、コストパフォーマンスも高くて人気の商品だ。自分も足にしっかり馴染み登高も滑降も調子がいい。前回の凍結によると思われる滑降モード固定不能不具合や今回のネジ外れ、細かな所に気を配り適切に手当てしながら大事に使って行こうと思う。

        今日のシュプール(逆光で見づら)
画像


        止めネジの外れた第3バックル
画像


道具を片づけ、帰路も空いている下道を走り、17時前には無事帰宅できました。

        

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • 毘沙門岳へ行ってきました キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる