キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 再度乗鞍へ

<<   作成日時 : 2013/04/14 00:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

4月13日(土)に昔のスキー仲間のMさんと乗鞍へ行き、この時期にしては嬉しい深雪を楽しんで(苦しんで?)きました。
乗鞍周辺にも前々日辺りから大分降雪があったようで、上手くいけば美味しい雪を頂けるかもしれないと昔のスキー仲間のMさんに声をかけました。永らく競技スキーを続けていて、競技はもう止めたと云うMさんですが、まだまだ未練も残っているようで、アイゼンもクトーも持っていないとのこと。ならば最初から、これらが不要と思われる摩利支天近くの通称滑り台を狙うことにしましょう。

    滑り台トップにて(爺さん二人)
画像


    GPSログ
画像


前日12日(金)の21時少し前に乗鞍高原休暇村駐車場へ到着、途中の境峠辺りから雪が降り出し、乗鞍高原へ近づく頃には前が見にくいほど、休暇村手前の道路には部分的に積もっていた。
今夜はここで車中泊。

4月13日(土)
4時に起床、昨夜の雪はあまり長くは降らなかったようで、駐車場で3cmほどの積雪。しかし、しっかり冷え込んでいて-7℃ほど。明るくなる頃には既に駐車場はほぼ満杯になっていた。
出がけに家内が準備してくれた朝食を電子レンジでチンして頂き、いつものように湯を沸かしてテルモスにコーヒーを入れる。
空は真っ青、念入り(?)に日焼け止めを塗ってから道具の準備をする。剣ヶ峰へ向かうつもりはないのでアイゼンは置いて行く。
早い人は5時頃から登って行ったが我々は6時出発の予定だ。

メンバー:Mさん、ファントム
用具:Mさん−スキー(?)、TLTスピード・ラジカル、ディナフィット
    ファントム−アトミック・スヌープダディ、TLTバーチカル、スカルパ・マエストラーレ
GPSデータ:沿面距離;14.0km、累積高度;±1359m

6:12 1605m 休暇村出発 まだ寒いのでアウタージャケットを着込み、アウターグローブもはめて出発、既にスノーシューとスキーによるレールが敷かれているので有難くこれを辿らせて頂く。トリプル・リフト終点付近の緩斜面へ出ると高天原や剣ヶ峰が朝日に輝いている。
カモシカゲレンデ下へ着く頃には汗が噴き出してきたのでアウタージャケットとグローブを脱いでリュックにしまう。
カモシカゲレンデの途中から除雪されたエコーラインに沿って横移動し、初級コースでツアーコース入口へ向かう。

7:22 1973m ツアーコース入口 この辺りで新雪は15cmほどか、まだフカフカだが下る頃にはどうなっていることやら。入口急斜面は右側の樹林帯から抜けた。
汗が滴り落ちて目に入り、サングラスも曇ってしまう。
5番標識まで来ると右手に穂高の峰々の頭が見えてきて励まされる。
6番標識を過ぎ、位ヶ原急斜面下まで来ると一気に寒くなって来た。アウタージャケットを着込みアウターグローブもはめ、ついでに頭もヘルメットに換えておく。
急斜面の積雪は30cmほどか、風に転がされて大分密度が増している。

8:59 2440m 位ヶ原急斜面上 位ヶ原へ出ると途端に風が強くなり、シュカブラができていて氷結部も所々に残っている。トレースは肩の小屋方面へ向かっているものが多いが我々は滑り台を目指す。
いつの間にかハイドレーションが凍っていてアクエリアスが飲めなくなってしまった。

10:37/10:55 2789m 滑り台トップ 北東に富士見岳や十石山越に穂高や槍ヶ岳が望まれる。いつ見ても感激する美しさだ。ここから富士見岳へ向かう人もいるようだが、我々はここが目的地、滑降の準備をして最初のシュプールをMさんが刻む。大回りできれいに下りて行く。次いで私、小回りを入れて滑り下りる。重いかたくり粉のような雪質でうっかりすると足をとられそうになる。下段まで下りて斜面を見上げたら後続のテレマーカーさんが前転していた。
位ヶ原の緩斜面に入るとシュカブラや氷結部で滑り難い。慎重に下る。

11:11 2440m 位ヶ原急斜面上 急斜面の深雪は既に重たくなっていた。意識的に大きな抜重動作をしないと曲がらない。ツアーコースの雪は更に大変、下の方では所々にストップ雪も出てくる。

11:26 1973m ツアーコース入口 カモシカゲレンデの上級コースを下るとエコーラインを2ヶ所で横切らないといけないので登りと同じ初級コースを下る。下の方で乗鞍大雪渓管理人さんと出会い、しばらくお話をする。
エコーラインの除雪した雪の壁の低い所を探しカモシカゲレンデへ出る。わずかの距離ではあったが、ここの雪が最もストレスを感ずることなく滑ることができた。
カモシカゲレンデから下はストップ雪の連続、スキーが湿気を帯びた雪面にピタッと吸いついてしまうような感じだ。

11:48 1605m 休暇村出発 無事下山できました。

ブーツを脱いでいる時、右のブーツのタングのヒンジ金具がちぎれているのを発見、早く修理せねば。

この後、休暇村の温泉に入って汗を落としてからから、キャンピングカーの中でラーメンタイム、積もる話に花を咲かせた。

    休暇村駐車場
画像


    1番標識上
画像


    位ヶ原に出る
画像


    滑り台途中からの穂高連峰
画像


    滑り台トップから(富士見岳、十石山越の槍・穂高)
画像


    槍・穂高アップ
画像


    下部から滑り台を見上げる
画像


    カモシカ・ゲレンデ下部(最も滑り易かった)
画像


    帰りの道路から振り返る
画像


    スカルパ・マエストラーレのタングのヒンジ金具折損
画像
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日はお疲れ様でした。
湘南ナンバーです。
キャンピングカーは優雅だし、凄い健脚だし、滑りは躊躇が無いし、感心しまくりでした。
腕を磨いておきますのでまたどこかでお会いしましょう。
enoshimanです
2013/04/14 13:03
滑り台トップのお二人さん、キマッテます。私は金曜日に飲み会が入り、名古屋に帰ったら午前様でした。翌日、久しぶりにジョギングしたら筋肉痛になってしまいました。

2013/04/14 16:23
enoshimanさん
昨日はお疲れ様でした。そして拙いブログにご訪問頂き有難うございます。
この時期にしてはまあまあの雪で楽しかったですね。
また、どこかでお会いした際は宜しくお願いします。
ファントム
2013/04/14 16:46
Kさん
コメント有難うございます。
爺さん二人して何とか滑り台トップまで登りきることができました。下りは楽しいも所あれば難しい所もありでしたが、それなりに楽しめました。
次週以降の予定が立て難い状況ですが、また引率をお願いします。
ファントム
2013/04/14 16:57

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • 再度乗鞍へ キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる