キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 快晴の三方岩岳

<<   作成日時 : 2014/04/13 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

4月12日(土)、快晴の三方岩岳で汗だくになりながらザラメ雪滑走を楽しんできました。下部は雪解けが大分進んできているのでボツボツシーズン終わりの様相でした。

    三方岩岳山頂を見上げる(どこから登る?)
画像


    GPSログ
画像


この週末は乗鞍の奥の院(大日岳)へ行くつもりでいたが、ヤマレコの報告を眺めていると2500m辺りより上部はカチカチのレポートが多くジイさんとしては不安になる。そんな中、神戸山スキークラブの皆さんの三方岩岳に関するレポートが、、昨年途中敗退していて、いつかリベンジしたいと思っていたものの、今年は機会を失って諦めかかっていたところにこのレポート、同行予定のkameさん、okajiroさんに諮るとOKとのこと。

前日11日、孫2号のところへ兜飾りを届け、しばし孫2号と遊んで帰宅、17時前にキャンピングカーで出発、通勤時間帯の渋滞に耐えながら156号線を北上、美濃白鳥で食料を調達し今夜の宿泊地道の駅飛騨白山へ20時過ぎに到着、すでにokajiroさんは到着していてしらみずの湯に浸かってきたとのこと。


12日(土) 4時に起床、湯を沸かして、コーヒーをテルモスに入れ、朝食のカップめんを無理やり胃に流し込んでからokajiroさんと2台連ねて白山スーパー林道真狩料金所へ向かう。道の駅周辺には雪は殆どなく、右手に見える白弓スキー場にも全くない。雪は本当にあるのと少し心配になったが、鳩谷ダム湖までくるとまだ真っ白な野谷荘子山が正面に出てきて一安心。

真狩料金所前には10台分ほどの駐車スペースがあり、我々が1番乗り、少しすると松本ナンバーの車がやってきて中から昨年三方岩岳へ案内して頂いた遊び大好き人間さんとMさんそしてお仲間の方が降りてきた。今日は野谷荘司山へ向かうという。すぐにkameさんも到着。その後も山スキーヤーや登山者の車がやってきて駐車スペースは埋まってしまった。
早速出発の準備にかかる。


メンバー:kameさん、okajiroさん、ファントム
用具: kameさん−ディナフィット・マナスル、TLTスピード、ガルモント
    okajiroさん−ディナフィット・バルトロ、TLTスピードラジカル、ディナフィット
     ファントム−ディナフィット・マナスル、TLTスピードラジカル、スカルパ・マエストラーレ
行程: 真狩料金所 6:21−6:41林道からの登り口6:46−9:49 1591mジャンクションピーク9:49−10:35三方岩岳11:21−11:31 1591mジャンクションピーク 11:40−12:17林道からの登り口12:23−12:37真狩料金所
GPSデータ:沿面距離 11.1km、累積高度 ±1110m

6:21 781m 料金所 シールを貼ったスキーを担いで出発、林道は所々雪が切れている。昨年滑り降りた最初の谷は水流と藪で全く登行不能、2番目の浅い谷も藪でパス、ヤマレコのレポート通り950mほど林道を進んだ3番目の谷は右岸側にまだ雪が付いている。

6:41/6:46 844m 林道からの登り口 アウターを脱ぎ、クトーを装着して右岸の急な斜面を登り始める。880m辺りの谷に何故かスノーモービルが放置してある。
更に少し登ると左手から右手に大きな足跡が斜面を横切っている。熊のものとハッキリ形が分かるのでそれほど古いものではないだろう。

7:13 970m 右手からくる林道に這い上がる。ここからしばらくは林道を道なりに進み、1000mの林道の右ヘアピンカーブから谷を少し下り、左手の急斜面の登りにつく。ここの登りもきつい。1150mで林道に上がるところは右手の谷を上り先に林道へ出たokajiroさんにストックで引っ張り上げてもらった。

7:56/8:13 1150m 林道右ヘアピンカーブ 休憩  ここからはほぼ夏の登山道沿いに進む。日差しが強いので汗が噴出す。  

9:05/9:23 1440m 展望の良い尾根でスキーを外し、腰を下ろして休憩。しばらくしたら軽装の登山者が3人登ってきた。つぼ足でも沈まないので足取りも軽やかだ。
1470mの平坦地を過ぎるとジャンクションピーク下の急斜面に差し掛かる。左手の雪庇に近づきすぎないよう気をつけながら登っていく。

9:49 1586mジャンクションピーク 正面に目指す三方岩岳が見える。三方が急斜面で囲まれている。ここから30mばかり下りになるが脱着が面倒なのでシールとクトーをつけたまま下る。鞍部からいよいよ最後の登りにかかる。下から見上げると山頂部の岩場はまるで難攻不落の城壁のよう。岩場のすぐ下から北面の急斜面をトラバースするが表面がまだ硬くて緊張する。登山グループは北側にあるもう一つの三方岩岳山頂へ向かったが我々は南側にある1736mの山頂へ北西面から向かう。北西面も表面はまだ凍っている。背の低い針葉樹の間を抜けると山頂だ。

10:35/11:21 1736m 三方岩岳山頂 素晴らしい眺めだ。南西に真っ白な白山、南には野谷荘司とその奥に三方崩山、東には猿ヶ番場や籾糠山、はるか先には剣、立山、槍穂高、乗鞍、更に木曽御嶽山も薄く見える。北東には三ヶ辻山や人形山、そして北西には笈ヶ岳や大笠山、、、周囲の写真を撮りまくってからようやく腰を下ろして早めのランチとする。
あまりにも居心地がいいので1時間近く過ごしてしまった。
支度をして滑り始める。北面はまだ硬いまま。トラバースを終え東面に出るとそこからは快適なザラメ雪に変わっている。
鞍部まで滑り降り、スキーを担いで登り返す。

11:40 1586m ジャンクションピーク スキーを履きなおしていると4人の登山パーティーが登ってきて挨拶を交わす。
ジャンクションピーク下の急斜面で動画を撮りあったりしながら快適なザラメ雪滑降を楽しむ。
登行時に引っ張りあげてもらった1150mヘアピンカーブも右横からそのまま滑って降りることができた。
1000mの林道へ上がるところはスキーを履いたまま上がり、しばらく林道を滑走、最後の谷へ入る。
登るときに見たスノ-モービルはまだそのままだった。雪のあるうちにやらないと回収不能になってしまうのではと他人事ながら気になる。

12:17/12:23 844m 林道からの登り口 林道到着。100mばかり林道を下ったところで雪が切れたのでスキーを外してリュックにつけて後はダラダラと林道を歩く。道端に蕗の薹がでている。

12:37 781m 真狩料金所 無事下山できました。天候にも恵まれ、素晴らしい眺望と楽しいザラメ雪滑走、それに昨年の途中敗退のリベンジもでき、十分満足できる山行でした。ご同行いただいたkameさん、okajiroさん有難うございました。

その後、観光客でにぎわい始めた白川郷を横目に見ながら道の駅飛騨白山まで移動し、大白川温泉しらみずの湯で 汗を洗い落としたところで解散としました。

    真狩料金所からの白谷
画像


    真狩料金所
画像


    林道からの登り口
画像


    こんなところにスノーモービルが
画像


    きつい登りが続く
画像


    林道へ引っ張りあげてもらう
画像


    野谷荘司を背に登る
画像


    三方岩岳山頂部が見える
画像


     山頂にて
画像
   
画像


    白山
画像


    野谷荘司山と三方崩山
画像


    猿ヶ番場山、籾糠山、遠く北アルプスの峰々
画像


    笈ヶ岳、大笠山
画像


    kameさん
画像
    

    okajiroさん
画像


    ファントム
画像


    無事下山
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
昨年からの、リベンジが果たせて良かったです。
ザラメ斜面も気持ちが良く最高でした。お二人揃うとパワーが上がるような。。。次回もよろしくお願いします。
kame
2014/04/13 17:21
kameさん
今回もやっぱり最後は引っ張りあげていただきました。有難うございました。
今年気になっていた山だけに最高のコンディションでリベンジが果たせて嬉しかったです。
次回も宜しくお願いします。
ファントム
2014/04/13 17:54
毎回 新しい驚きと感動で大変楽しい時間を過ごせました。さらに精進せねばと痛感しました。経験を積んで早く皆さんのレベルに追い付きたいです。次回もお誘い待っております。よろしくお願いします。
okajiro
2014/04/13 21:36
okajiroさん
お疲れ様でした。
好天にも恵まれ、素晴らしい山行となりましたね。
次回も宜しくお願いします。
ファントム
2014/04/13 21:41
三方岩岳・・・
厳冬期の激パフ〜♪専用スポットと
思ってました...が・・・^^
・・・って、その時期は、山頂には
まだ、一度も行ってませんけどー0--0
ザラメの時期レポが新鮮でした
ホント、土曜は良い天気で
素晴らしい山行となりましたねー
みい
2014/04/14 22:01
初めまして、料金所の写真に写り込んでしまった3人組の一人です。
当日、僕らは野谷〜三方岩ルートでした。
下山はトレースがあったので助かりました、有り難う御座いました。
那ぁ
2014/04/15 12:35
みいさん
コメント有難うございます。
ここはパフパフも勿論いいですが、天候に恵まれたこともあるかもしれませんがこの時期も素晴らしかったです。
みいさん達も同じような時間帯に猿ヶ山山頂にいらっしゃったのですね。山座同定しながら猿ヶ山のシーズンはもう終わったのではと思っていたのですが、、やっぱり豪雪地帯なのですね。
ファントム
2014/04/15 19:15
那ぁさん
拙いブログにご訪問頂き有難うございます。
また、勝手に写真を載せてしまい申し訳ありませんでした。
三方岩山頂で野谷荘司山を眺めながら、こんな天気のいい日に稜線を歩くのもいいなァなんて思っていたのですが、このルートを通って来られたのですね。
また、どこかのお山でお会いした際は宜しくお願いします。
ファントム
2014/04/15 19:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • 快晴の三方岩岳 キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる