キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 快晴の乗鞍で遊び、荒天の大崩山で山スキー

<<   作成日時 : 2014/12/21 17:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

快晴の12月19日(金)はプレオープン中のMt.乗鞍スノーリゾートで遊び、20日(土)は天気が崩れだした大崩山で今シーズン初の山スキーを堪能してきました。

    大崩山山頂にて(kameさん提供)
画像


    GPSログ
画像


強烈な寒気で山には雪がどっさり、しかも19日(金)は快晴の予報、しかしこの日予定していた仲間は急用で出撃不可とのこと。今シーズンも家内から単独での山スキーは固く禁じられている。帰宅後ネットで調べていると、Mt.乗鞍スノーリゾートでプレオープン最終の19日は新雪フカフカのかもしかゲレンデのリフトが運転するかもしれないとの書き込みを発見、これしかないと夕食をとってから急遽出撃する。
この日は道の駅木曽福島で車中泊する。

19日(金) 5時半に道の駅を出て7時過ぎにMt.乗鞍スノーリゾート第3駐車場へ到着。途中真っ青な空を背に金色に輝く乗鞍の峰々が手招きしているように見えた。
8時半に1日券(1500円)を購入し、窓口でリフトの運転予定を尋ねると夢の平クワッドとかもしかの運転開始時間は未定とのこと、そのうち運転するだろう、それまでは仕方ないので山麓リフトを使うことにする。下部に未圧雪エリアが少しだけ残っていたので、ここを1時間ほど滑ったが、一向に上部のリフトの動く気配なし。
こんなところで滑るのも飽きてきたので自分の足で上へ向かうことにするか。夢の平クワッドリフト乗り場近くでシールを着けていると山ボーダーと山スキーやーが滑り下りてきた。昨夜は位ヶ原山荘で泊り、上部の雪は最高だったとのこと。
きれいに圧雪された夢の平コースを、そういえば山スキーを見よう見真似で始めたのはここだったななんてことを思い出しながら登る。途中アチコチで圧雪車が明日の本格的オープンを控えてコース整備をしている。
かもしかゲレンデは下部の左半分がキレイに圧雪されているが右半分は数本のシュプールが付いているのみだ。かもしかゲレンデを登り上げツアーコースを眺めるとここもきれいに雪が付いている。単独行は禁じられているがツアコース入口急斜面の上までならゲレンデから見えるからOKだろうと勝手に解釈してここも登り上げる。
そしてここで腰を下ろして休憩、真っ青な空、白銀の世界、静寂、、これがあるから止められないんだよなァー。
後は滑り降りるのみ。ツアーコース入口急斜面、かもしかゲレンデのフカフカ雪を堪能し、夢の平ゲレンデの途中に少し残されたフカフカ雪も楽しんで12時に駐車場へ戻り着く。明日、今シーズン初の山スキーを控えているので、老体に疲労蓄積は禁物、本日はここで打ち止めとする。

    モルゲンロートに輝く乗鞍の峰々
画像


    夢の平ゲレンデからの乗鞍の峰々
画像


    働く圧雪車(かもしかゲレンデ下部)
画像


    ツアーコース入口急斜面    
画像
    

    ツアーコース入口急斜面から1番標識方向
画像


    ツアーコース入口全貌
画像


この後、平湯へ移動し、ひらゆの森で長めの温泉と早めの夕食をとって道の駅上宝へ移動し、車中泊する。
  

12月20日(土) 道の駅を5時前に出発し、集合場所の158号線久手牧場横の除雪帯へ5時半に到着、山梨ナンバーの車が1台駐車している。
6時前に本日の参加メンバーkameさんとOkajiroさんもやって来た。

メンバー:kameさん、okajiroさん、ファントム
用具: kameさん−アルマダJJ、TLTスピード、ガルモント
    okajiroさん−K2ポンツーン、TLTスピードラジカル、ディナフィット
     ファントム−アルマダJJ、TLTスピードラジカル、スカルパ・マエストラーレ
行程: 久手牧場横除雪帯 6:41−8:39夫婦松下8:48−10:05猫の小屋跡10:22−11:33大崩山11:53−12:13 2100m休憩地点12:37−13:36久手牧場横除雪帯

GPSデータ:沿面距離 13.3km、累積高度 ±1980m (標高差:1132m)

6:41 1391m 久手牧場横除雪帯 薄暗い中出発、この時1台到着した。いつものように平湯側の藪斜面を登り始める。林道に出ると既にトレースが1本ある。山梨ナンバーの車の方のものだろうか。有難く使わせて頂こう。トレースは右手の南西斜面にまで大きく回り込んでいるがそのまま跡を辿る。この辺りの雪は昨日の好天の影響で表面が薄く凍っている。

7:42 1665m シンボルツリー 「今シーズンもやって来ました。宜しくお願いします」と小声でご挨拶してから前を通過、この辺りの雪はサラサラだ。ここから少し進むと斜度が増す。トレースは牧場の作業道を辿っているようで結構大回りしている。後からやって来た青年が「直登が好きなので」と云いながら追い抜いて行った。猫岳狙いとのこと。
風が出てきた。
牧場の切り開き帯が終わり雑木林帯に入ると斜度が落ちる。

8:39/8:48 1939m 夫婦松の駐車場へ出ると風が強く寒そうなので、その下の樹林帯で休憩。夫婦松からはまだ薄っすらと猫岳や大崩山の山頂部が見えるが天気は下り坂なので、この先どうなることやら。
ここから上はしばらく傾斜の少ない濃い樹林帯が続く。スカイラインとの2回目の交点からスカイラインを進み猫の小屋跡へ向かう。スカイラインは斜度が少ないため、トレースを付けておかないと帰りが大変だ。

10:05/10:22 2214m 猫の小屋跡付近 風を避けるため針葉樹林帯へ少し入ったところで2回目の休憩をとる。この辺りは既にモノトーンの世界だ。最近になって急激に降雪があったもののまだ十分ではなく、木の近くにはツリーホールのトラップが一杯残っている。 単独行でこんなのに嵌ったら生命に関わりかねない。下りは離れないようにしようと声を掛け合う。
古いNo.6標識のある付近は十分な積雪がある。この辺りから一段と風が強くなり、時折吹く突風には顔が上げられない。ようやく頂上稜線へ出て、視界のあまり利かない中、GPSが示す山頂へ到着、先に到着したkameさんには猫岳山頂部へ登り上がる先の単独青年の姿がチラッと見えたらしい。
寒い山頂部は写真を撮っただけでシールのまま少し戻って小さなモンスターの陰でシールを剥ぎ、滑降の準備をする。
そして待望の滑降、苦しい思いをしてでも登ってきてよかったと思う瞬間だ。上部の最高の条件のところはあっという間に終わり、猫の小屋の少し上で雪に隠れた木の枝に片スキーが引っかかって前転、しっかり雪風呂に浸かってしまったが底なし状態なので中々起き上がれない。kameさんに引っ張ってもらいようやく起き上がれた。やっぱり単独行でなくてよかった。
登りトレースを使ってスカイラインを滑り降り再度樹林帯へ入る。

12:13/12:37 2100mm 既に太腿がパンパンに張っている。樹林帯の巨大モンスターの下で昼食タイムを取らせてもらう。テルモスの暖かいコーヒーでアンパンを胃に流し込む。
出発しようと片付けていると、かの猫岳狙いの青年が降りてきて、挨拶を交わした後、元気一杯に滑り降りていった。
我々も後を追う。夫婦松を過ぎ、牧場上部の急斜面で動画を撮りあう。

13:08 1665m シンボルツリー この辺りまで降りてくると空気が生暖かく感ずるようになってきて、雪も重たくなってきた。
そして1560m辺りの作業道へ着く頃には小雨が舞い、雪も水分を含んでずっしりと重たくなってスキー前面の抵抗が極端に大きくなり前へ滑らない。
重たい雪を押しのけながら、下りも歩くようにして進み、ようやく車が見えてホッとする。

13:36 1391m 久手牧場横除雪帯 何とか無事下山できました。楽しかったけれど疲れたァー!
同行してくれたkameさん、Okajiroさんに感謝感謝です。

    薄暗い中出発(kameさん提供)
画像


    第3尾根シンボルツリー
画像


    まだ猫岳、大崩山山頂部が見える(夫婦松から)
画像


    猫の小屋跡近くで休憩
画像


    モノトーンの世界を行く
画像


    6番標識上を登る
画像
    

    大崩山頂にて
画像


    巨大モンスターの中を下る
画像


    kameさん
画像


    Okajiroさん
画像


    ファントム
画像



この後の帰路がまた大変だった。高山周辺は今回の大雪の傷跡がまだアチコチに残っていて、道路も除雪が追いついていないところに雨が降って、洗濯板状の氷の路面があったり、シャーベット状の路面があったりで久々野の国道41号へ出るまでに普段の雪道の倍以上の時間がかかってしまった。 






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お疲れ様でした。
最後の試練は大変でしたが、まだまだご一緒お願いしますね。次回も楽しみにしてます。私も帰りのキャタピラ道路に苦しみ、名古屋まで5時間かかりました。雨もたくさん降っていて緊張しましたが無事に何とか家まで辿り着きました。
kame
2014/12/21 20:00
kameさん
今回も引率有難うございました。
疲れましたが、いい初山スキーとなりました。足を引っ張るばかりですが次回も宜しくお願いします。
ファントム
2014/12/21 21:10

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • 快晴の乗鞍で遊び、荒天の大崩山で山スキー キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる