キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 久し振りの山スキーは乗鞍大日岳狙い(途中挫折)

<<   作成日時 : 2016/03/21 13:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

久し振りの山スキー、20日(日)乗鞍の大日岳(奥の院)を目指しましたが2798m地点で悲しいかな力尽き、逃げ帰ってきました。(同行のkameさんは登頂しました)

   前川本谷源頭部を滑る(kameさん提供)
画像


   GPSログ
画像


3月に入ってから風邪を拗らせたり、家内がインフルエンザに罹ったりとお山には無縁の状態が続き、寡雪の今シーズンはこのまま終わってしまうのではと寂しい気持ちになりかかっていましたが、チャンス到来、3月20日(日)kameさんと乗鞍へ出かけることにしました。


メンバー:kameさん、ファントム
用具: kameさん−ディナフィット・マナスル、TLTスピード、スコット・コスモス
    ファントム−ディナフィット・マナスル、TLTスピードラジカル、スコット・コスモス

行程: ツアーコース入口9:13−10:23位ヶ原急斜面下10:36−11:24前川本谷源頭入口11:35−12:29剣ヶ峰/高天原鞍部13:35−13:50位ヶ原急斜面下13:50−14:01ツアーコース入口14:01−14:12マウント乗鞍スノーリゾート第3駐車場

GPSデータ:沿面距離 11.6km(登り4.4km、下り7.2km)、累積高度 +895m、-1269m


リフト3本乗り継ぎツアーコース入口到着、ざっと見ただけで出発準備中の人が30人以上、登り始めている人が20人以上、後ろからもまだ大勢の人がリフトから降りてくる。今日の入山者は一体どの位になるのだろうか?
シールを貼り出発の準備をする。暑くなるのが予想されるのでアウターは脱いでザックへ括りつける。

9:10 1974m ツアーコース入口出発 入口急斜面は右手の森の中を通って抜ける。ツアーコースの赤い標識看板は例年より大分高い所にあるように感じたが6番標識辺りまでくると例年とあまり変わっていないようだ。

10:23/10:36 2375m 位ヶ原急斜面下 ここまで登ってきただけで息がきれ、脚が重くなって休憩を取らせて貰う。腰を下ろして休んでいるとmaoyukiさんが登ってきた。今日は魔利支天分岐を経て平湯へ抜け、バスで乗鞍高原まで戻ってくる計画との事。さすがは乗鞍の主さんです。
我々も出発、位ヶ原急斜面を登りきった所で、寒くなってきたのでアウターを着込み、頭もヘルメットに変えた。
上を眺めると肩の小屋方面や滑り台方面へ大勢向かっていくのが見える。ここでkameさんから、大日岳(奥の院)へ転進の提案があり、こちらへ向かうことにする。
真っ直ぐ進むと谷を下り登り返す心配があるため、少し右に巻きながら前川本谷源頭部を目指す。

11:24/11:35 2582m 前川本谷源頭入口 先行者2名が谷の途中でシール登高からアイゼン登高に切り替えるのが見えたので、私も谷の入口で新調したばかりの軽量アルミアイゼン(カンプXLC390)を履き、シートラーゲンに切り替える。これまで使っていたクロモリ製のカジタックス12本爪の半分の重さはジイサンにとっては嬉しい限り、今日のような雪質では効きも遜色ない。
しかし、昨年の脊椎圧迫骨折以来、ジイサンの体力だけは間違いなく落ちてきていて50歩登っては休みを入れるような状態が続き、3014mの大日岳山頂へ達するのは厳しいようだ。
このままでは同行のkameさんに申し訳ない。私は以前登ったこともあるのでkameさんに一人で登頂してくるよう薦める。ジイサンを一人置いていく事に最初は躊躇いもあったようだが、幸い天気も良くて全体を見渡せるので快諾し、先々週フルマラソン、先週ハーフマラソンを走りきったばかりとは思えないようなピッチで山頂を目指していった。

12:29/13:35 2798m 剣ヶ峰/高天原鞍部 後続の埼玉から来たという私より少し若い方もここで登行終了、しばらく雑談してからその方は滑り降りて行った。私は岩陰で風を避けのんびり昼食をとりながらkameさんが降りてくるのを待つ。しばらくしたら先行した2名が滑り降りて来た。
待つ間、辺りをブラブラしていると真っ白な雷鳥を発見。
そのうちにkameさんが滑り降りて来たので、私も滑走開始、しかし雪が固い。表面にぶつぶつがあるのでエッジはは引っかかるが足にくる。後ろを振り返っても滑走痕は何も残っていない。
前川本谷源頭部は左岸を高めにトラバースして位ヶ原へ抜けた。位ヶ原もまだ硬い雪質のままだったが、急斜面に入る頃から柔らかくなり始めた。

13:50 2375m 位ヶ原急斜面下 ツアーコースは未整備のスキー場と同じような状況、悪雪なので怪我をしないよう慎重に滑り降りる。

14:01 1974m ツアーコース入口 ツアーコースが終わりスキー場最上部に出ると急に人が増える。カモシカゲレンデの急斜面は一部地面が顔を出し始めている。

14:12 第3駐車場 一気にゲレンデを滑り降りて無事下山できました。

同行頂いたkameさん有難うございました。今回も脚を引っ張る形になってしまいましたがご容赦を!


   朝の第3P (霧が出ている)
画像


   霧が晴れてきた
画像


   ツアーコース入口(これだけ多くの入山者を見るのは初めて)
画像


   1番標識付近
画像


   2番標識付近
画像


   2番標識から下を見る(後続が続々と登ってくる)
画像


   3番標識付近
画像


   4番カーブ付近で乗鞍山頂部が再び見えてくる
画像


   5番標識付近
画像

   
   6番標識付近
画像


   位ヶ原急斜面下(ここで休憩)
画像


   乗鞍の主maoyukiさん平湯目指して猛スピードで登って行く
画像


   位ヶ原(ここで大日岳に向けて転進)
画像


   前川本谷源頭部を登る(kameさん提供)
画像


   剣ヶ峰/高天原鞍部からの槍・穂高(何時見ても美しい)
画像


   木曽御嶽山は雲海の上
画像


   大日岳を見上げる
画像


   槍・穂高ズームアップ
画像

   
   雷鳥がいた
画像


   剣ヶ峰と大日岳の間の谷を滑るkameさん
画像


   前川本谷源頭部を滑るkameさん
画像


   前川本谷源頭部を滑る(kameさん提供)
画像
   

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご同行ありがとうございました。
まだまだお付き合い願いますね。
写真ですが、青っぽいですが、モードが何か設定されているのでは?自分のカメラもPモード設定というのがあり、同じような写真になったことがあります。
kame
2016/03/21 22:01
引率有難うございました。お陰で久し振りの山スキーを十分楽しむことができました。
カメラの設定を確認したらホワイトバランスが蛍光灯になっていました。これが原因かもしれません。
ファントム
2016/03/21 22:39

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • 久し振りの山スキーは乗鞍大日岳狙い(途中挫折) キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる