キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 旭岳の記録

<<   作成日時 : 2016/09/23 22:27   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

9月19日の旭岳山歩の記録です。
今回の北海道旅行に際し、家内から日本一早いと云われる旭岳の紅葉をぜひ見たいという要望があり行程に組み入れることにした。ただし、今回は孫2号の付き添いも兼ねるので登山用具はあらかじめ札幌の長男宅へ宅急便で送っておくことにした。また、雨降りの中を登るほどの根性もないので19日が悪天なら20日に登ることとして、18日、19日の2泊分を旭岳温泉グランドホテル大雪をネットで予約しておいた。
実際は19日に登ることができ、その日の最終ロープウェイに間に合えばよいので焦ることなくゆっくり紅葉を愛でながら山歩することができた。ただし、上部では歩みを止めると寒いのでほとんど歩き通しだった。
以下、山歩記録です。

  旭岳山頂
画像


  GPSログ
画像


始発のロープウェイに乗るため5時半に朝食代わりのおにぎりを受け取り、ホテルを出て旭岳ロープウェイ駐車場へ向かう。駐車場は既にかなり埋まっている。駐車料金500円を支払ってロープウェイ山麓駅近くに駐車できた。
標高1100mの山麓駅周辺の紅葉は色付き始め程度だった。
ロープウェイの往復チケット(2900円のところをニッポンレンタカーでもらったクーポン券で2700円)を購入し、待ち行列に並ぶ。
登山客が多いためなのか6時始発のはずが5:45に動き始めた。待ち行列の中ほどに入れたので5:45の便に乗車できた。
姿見駅舎から外に出ると結構寒い、ベンチの表面に薄く氷が張り付いている。ホテル出発時には旭岳山頂部が見えていたのに、雲がかかっていてここから山頂部は見えない。周辺のナナカマドやダケカンバは一応色づいているようだがまだ薄暗いせいか、あまりパッとしないのが残念。

6:06 1597m 姿見駅出発 少し歩けば暑くなるだろうとウインドブレーカと薄手の手袋だけで歩き始める。20分ほどで姿見の池へ到着、背後の地獄谷から勢いよく噴煙(水蒸気)が噴出している。

7:14/7:23 1936m地点 ここで小休憩し、風も少し出てきて寒いので雨具の上着を着込み、手袋も厚手のものに替えた。。
家内の足前に不安があるので、兎に角ゆっくり登っていく。標高2100mm辺りでようやく金庫岩が見えてきた。
ニセ金庫岩。金庫岩を過ぎれば山頂はもうすぐだ。周囲の草には霧氷状の氷が付いていた。

8:36/8:40 2291m 旭岳 取りあえず山頂まで登れた。時間も予定通りなので当初計画通り間宮岳、裾合平経由のコースをとることにしよう。山頂は寒いので写真だけ撮って後旭岳との鞍部を目指して下り始める。滑り易いやや急な斜面のためへっぴり腰の家内は時間がかかる。斜面右手にまだ雪渓が残っていた。

9:04/9:11 2110m 後旭岳との鞍部 ここで小休止、家内は雨具の下にダウンインナーを着込んだ。ここから間宮岳目指して平坦な道を歩んでいく。振り返ると頭をガスで隠した旭岳が見える。
南東には高根ヶ原と呼ぶのだろうか広大な手つかずの台地が広がっている。熊ヶ岳の外輪山を登っていくと赤く染まったチングルマが所々に現れる。
外輪山を登り切ると間宮岳の山頂台地だ。北海岳への道を右に見ながら左に少し進むと間宮岳に到着する。

9:59 2185m 間宮岳 標識がなければどこが山頂か判らないような山頂だ。北東に広大な御鉢平が広がり、その奥には黒岳が小さく見える。風が冷たいので写真だけ撮ってパス。御鉢平を右手に見ながら中岳分岐を目指し石ころの登山道を下っていく。

10:27 2047m 中岳分岐 2008年7月に来た時は、ここから中岳まで登ったが、今回はそんな元気もないので早々に下り始める。

10:30/10:46 2039m 中岳分岐から少し下り、ようやく風を避けられそうな場所があったので、大休止、テルモスに入れてきた熱いミルクコーヒーがありがたい。食べ物もとって少し元気も出たので下山再開。正面に広大な裾合平を見ながら尾根道を下っていく。このころになると時々陽もさしてきて周囲にあるハイマツの緑、ダケカンバの黄色、ナナカマドの朱色、そしてチングルマの赤色が映えるようになってきた。やがて急な谷の底に中岳温泉が見えてきた。

11:23/41 1831m 中岳温泉 10人ほどの登山者が思い思いに休んでいる。足湯を使っている人もいる。我々もここでまたまた大休止。
時間的に十分余裕がある確信が得られたので裾合平の紅葉をじっくり楽しみながら下ることにしよう。
所々に現れる真っ赤な葉に真っ白な綿毛をつけたチングルマの大群生に目を奪われる。

12:34 1690m 裾合平分岐 愛山渓温泉と姿見駅を結ぶ登山道にぶつかり、左の姿見駅方向へ進む。ここから姿見駅まで約3kmあり、結構長く感じる。途中で暑くなってきたので上着を脱ぐ。観光客の姿が多くなると姿見駅も近い。

14:17 1597m 姿見駅 ようやく到着、家内も特に膝の痛みが出ることもなく無事下山できて本当によかった。

姿見駅の売店をウロウロしてから下りのロープウェイに乗車した。

<沿面距離:13.1km、累積高度:±1084m>

旭岳は寒かった。雨具やダウンインナーを着込んで凌いだ。裾合平周辺のチングルマの真っ赤な紅葉と真っ白な綿毛が素晴らしかった。

  ホテル出発時山頂は見えていた。  
画像


  姿見駅の外のベンチには薄く氷が付いている
画像


  旭岳山頂部はガスの中
画像


  姿見の池
画像


  八合目付近から振り返る
画像


  八合目はガスの中
画像

  
  ようやく金庫岩が見えてきた
画像


  ニセ金庫岩
画像
  

  草に霧氷状の氷
画像
  

  旭岳山頂部の賑わい
画像


  旭岳山頂にて
画像


  鞍部への下り
画像


  鞍部から熊ヶ岳を望む
画像


  旭岳を振り返る
画像


  間宮岳山頂にて
画像
  

  御鉢平(正面奥は黒岳)
画像


  中岳分岐
画像


  チングルマの紅葉
画像


  ナナカマドの紅葉
画像


  裾合平遠望
画像
  

  中岳温泉
画像


  中岳温泉
画像


  裾合平に入る
画像


  チングルマの綿毛がきれい(背景もきれいに色付いている)
画像


  紅葉チングルマの大群生
画像


  裾合平で振り返る
画像


  裾合平
画像


  裾合平分岐標識
画像

  
  ダケカンバとナナカマドも
画像


  裾合平を振り返る
画像


  ようやく姿見駅が小さく見えてきた
画像


  旭岳と逆さ旭岳(鏡池にて)
画像


  姿見駅周辺の紅葉
画像


  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
遠い地で奥さんと一緒に登られていいですね。
東海地方は秋がなかなか訪れず、昨年比べると5度くらい温度が高く&天気も悪く、寒さが懐かしく待ち遠しい感じです。
kame
2016/10/02 20:49
kameさん
コメント有難うございます。
それにしても太陽は顔を隠しているのに蒸し暑い日が続きますね。
本当に寒い日がやってくるのか心配になってしまいます。
今月下旬辺りにどこかのお山へでかけたいですね。
ファントム
2016/10/03 15:41

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • 旭岳の記録 キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる