キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 豪雪の大崩山

<<   作成日時 : 2017/01/22 21:37   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

1月21日(土)、豪雪の大崩山へ登ってきました。結構雪が降っていて視界も悪く、しかも予想以上の積雪量でやや重め、山頂は難しいかなと内心思いながらの出発でしたが、途中合流のお二人を加え3.3人で回したラッセルのおかげで山頂に届くことができました。3人に感謝です!

  大崩山頂の3人の強力ラッセルマン(滑りも強かった)
画像


  GPSログ
画像


前日午後キャンピングカーで出発、平湯の森で温泉に浸かり夕食をとってから道の駅上宝へ向かいここで車中泊する。道の駅対面の山中から何か野生動物の鳴き声が聞こえてきた。雪は一晩中降り続き風も結構強かった。
4時起床、まだ雪は降り続いている。朝食をとり、テルモスに熱いミルクコーヒーを入れ出発、道路は車が走れるだけの除雪はされている。しかし久手牧場横のいつもの駐車帯へ着くと雪の壁で中へ入れない。同じ頃山梨ナンバーの車(Tnkさんでした)も駐車場所を探してる様子、kameさんに連絡をとり、しばらく除雪を待つことにし、7時に再度行ってみたがまだ除雪未了、駐車でlきないなら乗鞍ツアーコースへでも移動しようかなどと話しながら、戻ると久手川に架かる橋の上流の駐車帯に先の山梨ナンバーの車が駐車してあって、少しだけ余分に除雪されている。ここに何とか2台駐車できた。

<メンバー:用具>
 山梨Tnkさん
 高山Okdさん
 Kameさん:アルマダJJ、TLTスピード、スコット・コスモス
 ファントム:ディナフィット・ワスカラン、TLTスピードラジカル、スコット・コスモス
<行程>
 久手牧場7:41−9:59夫婦松入口10.01−11:56北面登り口11:57−13:04大崩山山頂13:22−13:33北面登り口13:33−13:50夫婦松13:54−14:20久手牧場
<GPSログ>
 沿面距離:11.3km
 累積高度:±1230m (標高差:1139m)

7:41 1386m 久手川に架かる橋の横から入山 藪は大分埋まっている。藪山を登りきり作業道に出るとトレースができていて、有難く使わせて頂く。トレースは右手の切り開き斜面を登っている。ここを登りきる1570m付近で先行者(山梨のTnkさん)に追いつく。ラッセル有難うございました。結構重たい雪なので大変だったでしょう。ここからは3人(戦力的には2.3人)で回す。
降りしきる雪の中、第3尾根のシンボルツリーが見えてきた。

8:42 1667m シンボルツリー 前年と特に変わった様子も見られず一安心。まだまだ雪が止む気配はなし、時折強い風が顔面に吹き付ける。牧場施設のある1670m付近でポンツーンを履いた後続の方(高山のOkdさん)が追いつき、これで強力なラッセル3人組が結成された。斜度の小さい所では沈み込みは30〜35cmほどだったが、斜度が増すと50cmを超える。センター幅110mmのワスカランを履いたジイサンが先頭に立ってもすぐにバテてしまい殆どお役に立てない。申し訳ないが大目に見てもらうことにしよう。

9:59/10:01 1943m 夫婦松の平入口 この時点での皆さんの目標は大崩山頂狙いだが行けるところまでと云う状況だったが、雪は止み、時折青空も見えるようになる。山頂部はまだ雲の中だが、この強力ラッセルマン3人組ならば山頂まで行ける予感も!
3回目のスカイライン交点からスカイラインを進む。

11:56 2258m 大崩山北面登り口 スカイラインが右に大曲するところから大崩山北面に突入、しばらくは巨大モンスターを構成するしらびそが密集するがここを抜けると樹々の間隔が広くなる。ダケカンバの疎林に変わり、斜度が落ちてくると大崩山頂は近い。

13:04/13:22 2525m 大崩山山頂 着きました。気温は-10℃ほど、風も弱まったのでそれほど寒くはない。雲で周囲の山々は何も見えないが大満足です。強力ラッセル3人組のおかげです。
山頂付近は風で雪が飛ばされるためか固い層があってスキーを脱いでも腰まで潜るようなことはない。シールを外し、ヘルメットをかぶって準備完了。
滑走開始、強力ラッセル3人組は滑りも強力だ。写真を撮る間もなく滑り降りてしまう。
大崩山滑走で一番おいしいところはあっという間に終ってしまった。

13:33 2258m 大崩山北面登り口 ここからのスカイラインは登りトレースをボブスレー滑走し、2225mからは濃い樹林帯に入り、樹々を縫っての滑走となる。

13:50/13:54 1959m 夫婦松建物横 ここで一休み、雲間に輝山が見える。ここも白く雪を被っているので滑走可能だろう。
いつもなら気持ちいい滑走のできる牧場の切り開き急斜面は積雪こそ多いものの重たくてブレーキがかかるような感じだ。ここでTnkさんとkameさんの動画を撮らせてもらったがOkdさんは早すぎて間に合わなかった。(Okdさんごめんなさい)
緩斜面では登りトレースを外すと止まってしまう。

14:07 1667m シンボルツリー 登りトレースを辿り、1580m付近から右手に折れて藪の少ない急斜面を滑り下りて作業道へ、少し平坦なところを進んで最後は藪々斜面を滑り降りて終了
 
14:20 1386m 登り口 無事下山できました。皆さんのおかげです。感謝です。

歳を重ねるごとに指先が冷たく感じるようになってきて、毎年のように新しい高価な手袋に買い替えてきた。今回初めて防寒テムレスと電熱インナーの組み合わせを使ってみた。結果は山頂での気温がそれほど低くなく、風もなかったせいもあるかもしれないが、予想以上に冷たくならなかった。リュックを下ろしての作業等アウターを外した時はインナーのヒータをONにし、しばらくしたらOFFにするという使い方で何とか凌ぐことができた。
侮るなかれ防寒テムレス」でした。ちなみに高山Okdさんは2200m辺りまでは防寒テムレス、そこから上はBDのガイドに替えるという使い方をしていた。

道具を片付け、41号線を南下、下呂の宇佐美石油で給油と洗車、特に下回りを念入りに洗った。(キャンピングカーを購入したての頃は雪山からの帰路、いつもこうしていたなー、いつの間にか怠けるようになって、とうとう今月初めに腐食トラブルが発生してしまった。深く反省!)

そして、今日22日は5日遅れで孫2号の3歳の誕生祝い、この4月からは幼稚園生です。ジイサンにとって時間の経過が益々加速していくように感ずるこの頃でもあります。

  何とか駐車できた
画像


  先行する山梨Tnkさんが見えた
画像


  ラッセルするkameさん(先にシンボルツリーが見えてきた)
画像


  第3尾根シンボルツリー(前年と特に変わりなし)
画像


  急斜面をグイグイとラッセルしていくOkdさん
画像


  夫婦松入口(一時青空も、でも上部は雲の中)
画像


  夫婦松の平を振り返る(下界は晴天)
画像
  

  巨大モンスター
画像


  巨大モンスターの中を登る
画像


  巨大モンスターの中の怪しい人(?)
画像


  ダケカンバの疎林になると山頂は近い
画像


  モノトーンの中に黄緑色ジャケットが映える
画像


  2100m付近でのスナップ
画像
  

  同じく2100m付近でのスナップ
画像


  夫婦松から輝山(白い!)
画像


  第3尾根滑走(Tnkさん)
画像


  第3尾根滑走(kameさん)
画像


  無事下山、お疲れ様でした!
画像


  おまけ(孫2号3歳誕生祝)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは
昨日大崩に入りました。
みなさんが付けたトレースを辿り標高2290mカーブまで登って往復しました。一段下の標高2228mカーブで半分埋もれた車道トレースを見つけ、このルートの取り方はもしかしてファントム一家が来たのではと思い、確かめてみればやっぱりでしたね。感謝感謝です。
maoyuki
2017/01/23 08:33
maoyukiさん
はい、3人の強力ラッセルマンに大崩山頂まで連れて行ってもらいました。
Tnkさんからmaoさん等のお名前も出まして一気に親近感が増し、、、山スキーをやる人は皆さんいい方ばかり、、、これも楽しみの一つです。
それにしても連日の出動、さすがmaoさんですね。
今季もどこかご一緒させて頂ければ幸いです。
ファントム
2017/01/23 08:53
こんにちは、高山okdです。
挨拶もせず同行してしまい失礼しました。
ラッセル訓練のつもりで向かいましたが皆さんのおかげで山頂に届くことができました。
いろんなことを学ばせていただき、楽しい思い出を作ることができました。
(山梨tnkさん、kameさんへも同様に感謝申し上げます。)
あと、たくさんの素敵な写真をアップしていただきありがとうございます。
単独が多く自分が入った写真は少なくてとても家族が喜んでおります。
また御一緒できると良いですね
tkymokd
2017/01/23 11:07
ファントムさん、皆さん、一昨日はどうもありがとうございました。おかげで自分も山頂まで行くことができました。心優しき用心棒さん、高山の若手ホープさんにトレースで、そしてファントムさんに精神的に助けられての登頂でした。
 また、ファントムさんの滑り、すばらしかったです。板と脚、一体の柔らいあの滑り、自分の理想です。またいつか一緒できることを祈ってお礼とさせていただきます。(場所についたらまずはキャンピングカー探すのくせになりそうです。)
山梨T
2017/01/23 12:16
tkymokdさん
拙いブログへのご訪問有難うございます。
深くてやや重の深雪急斜面をグイグイ登っていくtkymokdさんの姿が今でも強烈な印象として残っています。おかげで諦めかけていた山頂まで足を延ばすことまでできました。
また「防寒テムレス」の情報も有難うございました。大いに役に立ちました。
これからも平湯や乗鞍周辺をウロウロしますので宜しくお願い致します。
なお、写真はkameさんのブログ「リリィオの日記」にも載っていますので是非ご覧下さい。
ファントム
2017/01/23 18:16
山梨Tさん
拙いブログへご訪問頂き有難うございます。
あの駐車もままならないようなドカ雪状態の中、単独で出発されたのを見て根性あるなあーなんて思いながらトレースを有難く辿らせて頂きました。そして追いつきお話するとmaoさんやtokioさん等とも懇意とのお話で一気に親近感も増しました。山スキーをやられる方は皆さん気持ちのいい人ばかりです。
Tさんにkameさん、更にtkymokdさんも加わった最強ラッセル部隊のおかげで山頂まで行くことができ、更に滑走もご一緒させて頂き素晴らしい時間を持つことができて感謝一杯です。
Tさんも単独行主体とあって滑りも凄かったですね。
乗鞍や平湯周辺をウロウロすることも多いのでこれからも宜しくお願い致します。
ファントム
2017/01/23 18:50

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • 豪雪の大崩山 キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる