キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS The day 乗鞍冨士見沢

<<   作成日時 : 2017/01/29 12:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

28日(土)乗鞍冨士見沢で深雪滑降を楽しんできた。単独行のつもりが安曇野マジコン隊、山梨Tnkさん、okajiroさんとの思わぬコラボが実現、真っ青な空のもと素晴らしい1日となりました。

  乗鞍剣ヶ峰を背に滑り台トップにて
画像


  GPSログ
画像


この週末は仲間との都合が合わず行くならば単独行、「単独行=好天の乗鞍」というのが近年課された我が家のルール、と云うことで、前夜20時半にMt.乗鞍スノーリゾート第3Pへ到着、乗鞍高原へ入ると結構雪が降っていて明日のパウダーに期待が高まる。しかし夜半に外を見ると満天の星空で少々ガッカリ。
朝、隣を見ると見覚えのある車、八甲田へ出かけていると思っていたokajiroさんだった。詳しく聞けば、10日ばかりかけての八甲田等東北へのスキー三昧の旅がここから始まるとのこと、羨ましい限りです。何はともあれこれで単独行は解消、早速心配性の家内にその旨電話しておく。

<メンバー:用具>
 安曇野マジコン隊(maoyuiさん、山猫まーこさん)
 山梨Tnkさん
 Okajiroさん:アトミック・オートマチック、ディアミール、ディナフィット
 ファントム:ディナフィット・ワスカラン、TLTピードラジカル、スコット・コスモス
<行程>
ツアーコース入口9:07−10:13位ヶ原下急斜面下10:24−11:37滑り台トップ/冨士見沢ドロップポイント12:06−12:11(2545m地点)昼食休憩 12:34−13:02鳥居尾根分岐13:02−13:16鳥居尾根ゲレンデトップ13:19−13:24第3P 

<GPSログ>
 沿面距離:12.1km
 累積高度:;+1653m、-2078m(標高差:+830m、-1240m)

8:30 リフト券を3枚購入し、ヤマボウシリフトで1段上がり、夢の平クワッドリフト乗り場で運転開始待ち行列に並んで、ふと右後ろを振り向くと見覚えのあるお顔(服装?)、「こんにちわ」とお声をかけて頂いた。思わず「まーこさん?」と問い返すと「はい」のご返事、そして左後ろにはmaoyukiさんも、安曇野マジコン隊がすぐ後ろにいたとは、、maoさんはトレードマークの黄色のスパッツが黒に代わり、赤いヘルメットまで被っていたので気が付かなかった。
まーこさんはmaoさんのブログに度々登場されていたためか勝手に旧知のように思い込んでしまっていたようでお初のご挨拶を忘れてしまって失礼しました。
安曇野マジコン隊は冨士見沢、鶴ヶ沢狙いとのこと、私達ジイサン隊は取りあえず滑り台トップまでと思っていたのでご一緒させて頂くことに、先週大崩山でご一緒した山梨Tnkさんも休暇村から登り始めていて途中合流する予定とのことだった。

9:07 1970m ツアーコース入口 シールを付け、Tnkさんがつけたであろうトレースを辿って登り始める。新雪は10cmほどしかないが下にしっかりした層があり、藪も消えている。入口急斜面は右の小谷から登り詰める。
4番標識辺りから剣ヶ峰、高天ヶ原が顔を出す。5番標識の少し上で右手の樹幹に穂高の峰々も見える。
6番標識上のコースを横切る谷も大分埋まってきているが下りはまだ減速する必要がありそうだ。
位ヶ原急斜面下で山梨Tnkさんに合流できた。

10:13/10:24 2375m 位ヶ原急斜面下 ここで位ヶ原より上部での防寒対策として防寒テムレス+普通のインナーからからBDの3本指+電熱インナー、目出し+ヘルメットに形態変更し、ゼリー飲料を少し口に流し込む。
位ヶ原急斜面も新雪は殆どなし、
位ヶ原に出ると時折突風は吹くが寒さはそれほどではない。背の低いシュカブラがアチコチにできているがカリカリの氷面はない。滑り台への登りは右手の浅い谷筋がシュカブラがなくて登りやすい。
いつものように「いい年して、なんでこんなキツくて辛いことをしているんだろう?馬鹿じゃないの?」なんてことを思いながらようやく目的地到達、ここでこの思いも一瞬にして吹き飛んでしまうのもいつもと同じ。
それにしてもまーこさん、滅茶苦茶早い。まるで羽根が生えているのではと思うように軽々と先へ先へと行ってしまう。

11:37/12:06 2800m 摩利支天東峰(通称滑り台)トップ しばし、真っ青な空のもと大展望を楽しんでから、シールを外してスキーを担ぎ、露岩帯を30mほど危なっかしい足取りで下り、冨士見沢のドロップポイントへ移動する。
冨士見沢には既に数本の滑走痕がある。この時、冨士見岳ピークから急斜面を一人滑り降りてきた。雪崩注意の情報のあったところだが発生しなくてよかった。
我々も滑走開始、風でパックされたやや重めの雪だが、無木立の快適斜面、あっという間に終ってしまった。

12:11/12:34 2545m地点 昼食 満足滑走の余韻に浸りながら冨士見沢と鶴ヶ沢の中間地点でスキーを脱ぎ昼食タイムとする。
時々、冨士見沢を後続の山スキーヤが滑り降りてくる。今日乗鞍上部は入った人は殆どがこちらへ来たのでは?
鶴ヶ沢を登り滑走するというに安曇野マジコン隊とTnkさんだが、ジイサン隊は無理は禁物とここから下ることに。maoさん、山猫まーこさん、Tnkさん有難うございました。また次回宜しくお願いします!
鳥居尾根を目指してokajiroさんと滑走開始、位ヶ原山荘手前の谷に滑走痕があり、雪質もよさそう。地図を確認するとこの谷は冷泉小屋の近くを通っているので、下り過ぎに注意しながらここを下る。やはりここが今日一番の雪質だった。2240m地点で左岸に上がり藪の中を進んでいくと左手に冷泉小屋が見えてきた。
ここから1本のトレースが残っていて、これを辿る。

13:02 2000m 鳥居尾根分岐 このトレースはエコーラインからカモシカゲレンデへ向かうことなく鳥居尾根を目指していて最後まで有難く使わせて頂いた。
 
13:16/13:20 1860m 鳥居尾根ゲレンデトップ 取りあえず安全地帯へ無事帰ってくることができました。ここでしばらく休憩してから、少々固めのカモシカゲレンデを一気に滑り降りる。
ゲレンデはそれなりに賑わっている。結構なことです。

13:24 1560m 第3P 無事下山できました。ご一緒頂いた皆さんに感謝です!


  第3駐車場から剣ヶ峰、高天ヶ原、快晴!
画像

  
  カモシカリフトで上る 快晴!深雪なし!
画像


  No.3標識付近を登る
画像


  No.5標識より少し上で穂高の高嶺が顔を出す
画像


  位ヶ原急斜面下で形態変更休憩
画像


  位ヶ原からの剣ヶ峰
画像


  位ヶ原からこれから向かう滑り台方向
画像


  滑り台下部から見上げる 尾根はシュカブラ多し
画像


  元気の塊安曇野マジコン隊
画像


  滑り台トップから剣ヶ峰
画像


  滑り台トップで何をか思う安曇野マジコン隊
画像


  滑り台トップでこれから向かう東北に思いを馳せるokajiroさん
画像


  滑り台トップからの摩利支天
画像


  不消ヶ池は雪の下
画像


  2640m地点から滑ってきた冨士見沢を見上げる(大満足!)
画像


  位ヶ原山荘近くから冨士見沢を見上げる
画像


  スキー場夢の平で冨士見沢を指す
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
昨日はお世話になりました。
まさしくTheDayでしたね。
鳥居尾根の板跡、大変助かりました。
okajirouさんの東北スキー紀行って随時発信
しないのでしょうか? 次回もよろしくです。

maoyuki
2017/01/29 17:31
こんばんは。
土曜日、天気雪質最高で、マジコンにTさん、なんと八甲田にいると聞いていたOkajiroさんとのコラボうらめしやーーーでした。天気雪質あきらめていた日曜日でしたが午前中まで天気がもち自分も野谷荘司で楽しめました。
引き続きよろしくお願いします。
kame
2017/01/29 19:28
maoyukiさん
こちらこそ鈍足でご迷惑をおかけっぱなしでしたのに本当にお世話になりました。
okajiroさんには情報発信のお願いメールは打っておきましたが、、、
これに懲りずに次回も宜しくお願いします。
ファントム
2017/01/29 21:09
kameさん
今晩は!
野谷荘司でしたか、天気ももち底付きなしのパウダーまで楽しまれたようで羨ましい限りです。
次週は町内会、次々週はOB会がありますのでその次の週辺りでまた宜しくお願いします。
ファントム
2017/01/29 21:19
みなさんありがとうございました!天気に恵まれ&最強のメンバーに引っ張って頂き 大変楽しい時間をすごせました!またの機会を望みます。ありがとうございます。
okajiro
2017/01/30 08:57
ファントムさんこんにちは。
2週つづけてご一緒させていただきうれしかったです。ファントムさんの登るときのコメントに馬鹿じゃないのがありますが、まったく同感です。自分なんか、自宅を出るときから、自問自答しながらやってきます。でも終わってみると、いつも来てよかったって思います。変ですね。
 またご一緒できるのを楽しみにしています。
(Fさんの滑走みていると、スキーってPOWERじゃないのがよく分かります。OKJRさんの滑りもまったく不安定なとこなくすごかったです。目標な人が二人になってしまいました。)
山梨T
2017/01/30 12:33
okajiroさん
単独行の予定が複数になり、それだけで安心感が大幅アップしました。有難うございました。
東北スキー三昧の旅、気を付けてしっかりエンジョイしてきてください。土産話楽しみにしています。
ファントム
2017/01/30 18:09
山梨Tさん
コメント有難うございます。
いつも登りで辛くなってくると、歩数を数えるか、こんな馬鹿なことを考えながら登っています。でも、目的地に到着すると辛さはすべて何処かへ飛んでいってしまう。毎回同じことの繰り返しです。(進歩がない!)
滑りの方は体力低下を適当にごまかしながらやっているだけで何ら取り柄もありません。
下から歩いて上がるTさんの体力、気力には感服するばかりです。今回もおかげで目標地点まで達することができました。有難うございました。
またどこかでぜひご一緒させて下さい。
ファントム
2017/01/30 18:26

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • The day 乗鞍冨士見沢 キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる