キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS またまた物欲!

<<   作成日時 : 2017/04/09 11:27   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

昨年、古希を迎えた時、手持ちの道具を使い終えた時が山スキーも卒業(?)する時期と自分に言い聞かせたはずなのに、性懲りもなく手を出してしまった。残雪期用の全重量1.24kg(片側)の超軽量山スキー用具1式だ。

  超軽量スキー
画像


3月末に定期総会、そして先週末までに新しい役員さんへの引継ぎや旧役員仲間とのご苦労さん会など町内会長としての全ての任務を終えて、この週末はお山へ出かけるつもりでいた。しかし天気予報は悪くなるばかり、雨の中やグサグサ雪を滑るほどの元気も気力もないのでサッサと止めた。
金曜日に家に来た孫2号と遊んでいたら、海外業者に注文していた山スキー用具1式(全てディナフィット製)が届き、昨日じっくり時間をかけてビンディングを取り付けた。
・スキー:ナンガパルバット163cm、119/79/102mm、R15.9/9.5/13.5m、1050g
・ビンディング:スーパーライト2.0 200g(取り付けネジ込み、片側)
・専用シール
・クランポン:80mm幅

自分の身体さえ持て余し気味なのに道具を数百グラム軽量化したところで行動力に大差ないよ、と云う自分がいる一方で、残された時間が少ないからこそ機会を有効に使わなければ、そのためには少しでも道具を軽くしなければ、と云う自分もいる。残雪期を意識してネット徘徊していると悪いものを見つけてしまった。TLTスーパーライト2.0、片側175g、今使っている軽量ビンディングTLTスピード・ラディカルの半分だ。ただ、クライミング位置が2段階のみで従来の底付き位置がないと云うのが気にかかる。横向きにすれば底付き位置で使用できるのではと思い国内の代理店に問い合わせてみると、バネの力で横位置には止まらないはずと云う返事。気にはなりつつ、既に頭の中はスキーの最軽量化計画で一杯、そのまま突き進むことになってしまった。その結果が前述したアイテムです。

これらの調達はいつものように海外通販によることとし、仏、米の専門店も調べたが一番安かったのはスペインのスノーイン。一応日本語表記なのだが機械翻訳の意味不明の個所が多く、大事な部分は英語表記などに切り替えて確認する方が良い。
3月20日、ポチっとやってしまった。この時点で全アイテム在庫有、予想配達時期は3月30日〜4月3日の表示があった。
翌日処理ステータスを確認すると出荷センターへ移送中という表示、これが3月30日になってもそのまま、在庫あり商品なのに10日たっても同じ国内にある出荷センターに届かないなんてどういうこと? しびれをきらして出荷予定日を知らせてという連絡を日本語で入れるが変化なし。次いで英語、機械翻訳のスペイン語でも送り込んだ。4月1日になって品目別のステータスがようやく表示されたが、他の品目は出荷センターで保管中だがビンディングはまだ移送中の表示、4月3日になっても変わらなかったので、何らかの回答を望む旨の強い口調の英文連絡を入れた。
4月4日になってようやく動き始めたようで、あとは早かった。スノーインからDHLの手に渡ってバルセロナ−ライプチッヒ−香港経由で6日早朝には中部国際空港に到着した。そして通関を経て佐川急便が宅配してくれたのが4月7日夕刻だった。
これまで何社か海外通販を利用したが、スペインのこの業者は発送まで遅いが安いと云うのが特徴、そういえば前回も時間がかかって随分イライラさせられた。国内通販のクイックレスポンスに慣れた身には少々辛いが、そこを我慢できるならばお薦めである。
ちなみに、今回の商品をすべて国内で調達した場合と比較すると、商品価格はほぼ半額、これに輸送費(\11,123)、通関手数料(\1,080)、国内消費税(\4,300)を加えても随分安く上がったことになる。ただし、ビンディング取り付けなどのサービスはないし、万が一トラブルが生じた場合は国内業者のような訳にはいかない点は十分認識しておく必要がある。
なお、個人が使用するために輸入する商品の国内消費税は、海外での購入価格の60%に対してのみかかるためここでもお得です。 おまけの話ですが、ポチッとやった3月20日の時点からユーロに対する円高が急激に進み、今日9日現在で同じ商品が5千円ほど更に安くなっています。

さて、新規調達品の方ですが、スキーもビンディングも驚くほど軽く感ずる。そして気になっていたビンディングの底付き位置、一応回転部のフリクションで横位置でも止まる。歩いている途中で回ってしまうこともあるかもしれないが、何とか使えそうで一安心した。80mm幅のクランポンは緑色でビンディングの緑色とマッチする。

ビンディングの取り付け穴位置は、トーピースはスピードラディカルと同じ、ヒールピースは前後左右とも間隔が少し狭くなった。現物をノギスで何回か測定した結果、前後の間隔は28.0mm、左右の間隔は前側が34.0mm、後ろ側が28.0mmと判断した。また、スーパーライト2.0には前後方向の調整機構がないため、適当な板に仮留めしてブーツとビンディング間に所要の隙間が得られる位置を探った。これらを自作のスピードラジカル用テンプレートに反映修正した。
更にこのテンプレートを用いて板材にビンディングを取り付けてみて最終確認した。この段階でクランポンを付けてみると固くて入れ辛い。力を加えて押し込み、保持金具の隙間を広げる方向に力を加えて少しづつ変形させたら軽く入るようになった。
そして、本番、スキー中心部にテープを貼り、慎重に中心線を引く、ブーツセンターマークを中心線に写し、ここを基準にして穴あけテンプレートを固定し、先ずは2.5mmドリルで案内穴あけをする。(テンプレートは2,5mm穴です) 穴あけしているとカーボン粉とアルミの削りも出てきた。軽い割にはしっかりした作りです。次いで3,.9mm専用ドリルで本穴あけし付属のネジでビンディングを取り付ける。しかし中々固くてねじ込めない。仕方ないので4.0mmのドリルで少し広げてみる。これで何とかねじ込めるようになったが、ジイサンには辛い力仕事、休み休みやってようやく2本分の取り付け完了した。
その後、ホットワックスがけ、ワックス削りを終えてようやく終了となりました。
疲れた! (今度こそ最後のスキー調達、最後のビンディング取り付けにしなければと思いつつ ・・・)

  仮留め状態
画像


  修正した穴あけテンプレート
画像


  テンプレート取り付け
画像
 

  クライミングサポート上段(上部の緑金具を起こすと下段)
画像
  

  底付き位置(シャフトのフリクションで止まっている)
画像
 

  クランポン装着
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。コメントします。
購買意欲は衰え知らずでしかもセッティングまで
自作。この調子ですと次の喜寿まで進みそうですね。筆おろしに乗鞍へ来ませんか?
maoyuki
2017/04/13 20:41
maoyukiさん
今晩は!コメントとお誘い有難うございます。
実は土曜の天気予報が芳しくなかったので好天予報の今日(14日)乗鞍へ行ってきました。
結果は、、強風と視界悪しもあって弱気虫に負けてトイレ小屋から引き返してきました。
軽い板は楽ですが、如何せん身体の老化進行速度の方が早くて、疲れ果てて帰宅しました。
明日、ブログにはアップしたいと思います。
ファントム
2017/04/14 21:25

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • またまた物欲! キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる