キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 乗鞍剣ヶ峰から滑ってきました

<<   作成日時 : 2017/04/23 09:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

4月22日(土)、乗鞍剣ヶ峰(3026m)までスキーで登り、滑ってきた。肩の小屋から上は固くて少し緊張した。
前回、クライミングサポート2段目の高さ不足を感じたTLTスーパーライト2.0だが、弄りまわしていて気のついたことがあり、今回試してみたところ、メーカの紹介文では2段階となっていたが、実質4段階(詳細は別途報告します)まで使えそうなことが分かった。取り付けネジ込で200g以下と超軽量で4段階のクライミングサポート、年寄りにはうれしいビンディングになりそうです。

  剣ヶ峰
画像


  GPSログ
画像



<メンバー:用具>
 単独:ディナフィット・ナンガパルパッド、TLTスーパーライト、スコット・コスモス
<GPSログ>
 沿面距離:12.7km
 累積高度:+/-1379m (標高差:+/-1217m)
<行程>
三本滝駐車場6:10−8:10位ヶ原入口8:27−9:14肩の小屋上9:19−10:23剣ヶ峰11:20−11:30位ヶ原入口11:30−11:44三本滝P

今シーズンも何回か乗鞍へ出かけたが、恥ずかしながら何れも剣ヶ峰までは届かなかった。好天予報の今度こそはと、前日から意気込んで出かけた。
前日夕方三本滝駐車場へ行ってみると、凍結のためトイレが使えないと云う貼札が、他の車もいないし、一旦観光センター駐車場まで戻ることにしてここで車中泊する。
明けて22日、5時半に三本滝駐車場へ到着、既に20台ほどの車がある。

6:10 1809m 三本滝駐車場 まだカチカチなのでクトーを付けて左手の初級コースを目指して登り始める。チャリチャリと音が煩い。初級コースはスキーを脱ぐのが1回で済むし、傾斜も緩くて楽に登れる。急がば回れだ。
初級コースに入ったところで、ソフトシェルのアウターを脱ぎ、クトーも外した。無人のツアコース入口を通過、入口急斜面も右の谷から回り込みクトーなしで登れた。
No.1標識付近、No.4標識付近から山頂部が見えるが、この時点では薄曇りの中にボヤーとしているだけ、好天予報のはずだったのに、でも暑すぎず丁度いいかなんて思ったりしながら登って行く。
位ヶ原急斜面もクトーなしで登れた。
急斜面を登りきるとパッと青空が広がり、真っ白な乗鞍連山が映える。

8:10/8:27 2474m 位ヶ原入口 ここで腰を下ろして大休止、アウターを着込み、エネルギーをしっかり補給する。
ショートスキーをザックに付けた後続の男性が追い抜いて行った。進む方向からして急な東尾根から直登狙いのようだ。私はここも急がば回れで安全に肩の小屋方向から登ることにする。
少し進むと槍や穂高の山々が綺麗に見えてきた。右手にトイレ小屋を見ながら黙々と肩の小屋を目指して登って行く。
2600m辺りまで登ってくると斜面は益々固くなってきた。

9:14/9:27 2744m 肩の小屋上 岩の横で小休止し、クトーを装着する。
ここからは傾斜の緩い斜面を選びながら朝日岳の左側面を巻いて登って行く。滑走予定の朝日岳と蚕玉岳の間の谷もまだ固いが斜度は30°まではなさそうなので問題ないだろう。
コルへ抜けると流石に風が冷たい。蚕玉岳もピークを左から巻き、少し下ってから最後の登りにかかる。山頂は直ぐそこに見えるのに足が中々前へ進まない。
東尾根を直登しているショートスキーの人も少し下に姿が見えるが苦戦中のようだ。
屋根の一部だけ残した頂上小屋の横を通ったところで単独登山者が挨拶しながら山頂鳥居を目指し追い抜いて行った。私は左手の信州側の方から岩の間を縫ってスキーを履いたまま山頂標識到着。

10:23/11:20 3026m 乗鞍剣ヶ峰 しばらくしてさらに登山者1名に東尾根直登のショートスキーの方も到着、写真を撮って頂いたり景色を眺めたりしてから、信州側の社の近くの岩陰に移動し腰を下ろしてエネルギー補給をする。11時頃に後続の山スキーの方が登って来て、目敏く我超軽量スキーに注目、ショートスキーの方も交えてしばらく超軽量ビンディングの話で盛り上がる。
大分待ったが、それほど雪が緩むことはなさそうなので諦めて滑り降りることに、固いしこのスキーにも慣れていないので出だしは慎重に。雪面は固いがザラザラで変にエッジが引っかかり、それが外れた外れた弾みで左右のスキーが前でクロスしやすい。
登りで見てきた蚕岳と朝日岳の間の谷に入る。固いザラザラ雪面でスキーが暴れ、すごい音がする。転倒すると下まで落ちていきそうなので慎重に大きく回りながら滑り下りる。
まだ大勢のスキーヤーやボーダー、登山者が登ってくる。位ヶ原まで下りれば後は心配はいらない。
最近降ったのか柔らかい雪面が時々固い雪面の間に島のように現れ、ブレーキがかかる。

11:30 2440m位ヶ原入口 振り返ると白銀の剣ヶ峰がご苦労さんと云っているように感じた。ここで休憩していた方は雪面が固かったので剣ヶ峰は止めて滑り台へ行ってきたが、こちらは雪面もそれほど固くなくて良かったと話していた。
ツアーコースに入ると雪は一気に緩み、モサモサ状態、板掴みは殆ど現れず、カモシカゲレンデ初級コースまで快適に滑り降りる。除雪されたエコーラインを少しだけ歩き、カモシカゲレンデ下部の斜面を再度スキーを履いて滑り下りた。

11:44 1809m 三本滝駐車場 無事下山できました。
出発時はまだ大分空きのあった駐車場もほぼ満車状態になっていた。
帰路の木曽路(19号線)は大桑辺りが桜満開状態、新緑に包まれたのどかな景色を楽しみながら17時には帰宅できた。でも疲れた!
 

  三本滝駐車場の屋外トイレはまだ使えない(前日撮影)
画像


  今日もこれでお出かけ
画像


  早朝の三本滝駐車場(まだ車は少ない)
画像


  だれもいないツアーコース入口
画像


  入口急斜面は右の谷から登った
画像


  No.1標識(雪は豊富)
画像


  No.2標識
画像


  No.3標識
画像


  No.4標識
画像


  薄曇りで山頂部はハッキリしない(No.4標識付近から)
画像


  No.5標識
画像


  No.6標識
画像


  位ヶ原急斜面下(山荘分岐)
画像


  位ヶ原へ出ると青空が
画像


  槍・穂高も顔を出した
画像


  前回撤退したトイレ小屋
画像


  朝日岳は左から巻いた
画像


  蚕玉岳も左から巻いた
画像


  剣ヶ峰ロックオン
画像

  
  もう少し
画像


  急な東尾根を直登するショートスキーの人
画像


  山頂小屋はまだほとんど埋まっている
画像


  山頂から北を望む
画像


  位ヶ原から振り返る(固くてスキーが暴れた)
画像


  三本滝駐車場(ほぼ満車)
画像


  無事帰還
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
行ったんですね。剣ヶ峰登頂おめでとうございます!新アイテムの購入はモチベーションをあげますね、最後なんて言わずどんどん購入願います。
自分は暫く登頂できて無いです。乗鞍好きを語れません。
kame
2017/04/24 07:25
kameさん
コメント有難うございます。
やっと剣ヶ峰へ辿り着けました。やっぱり軽いのはジイサンにとって有難いです。
ボツボツ次の山行の準備を始めましょうか。
ファントム
2017/04/24 20:55

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • 乗鞍剣ヶ峰から滑ってきました キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる