キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 火打山、乗鞍剣ヶ峰とダブルで楽しんで来ました

<<   作成日時 : 2017/05/05 10:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ゴールデンウィーク前半は家庭サービスやお付き合いゴルフで終わり、後半に入り、3日に火打山、そして4日に春山バス利用の楽チンコースで乗鞍剣ヶ峰滑走を楽しんできた。
先ずは火打山のレポートです。

  火打山頂のオジサン、オジイサン隊
画像


  GPSログ
画像


7年ぶりの火打山、前回は12曲がり、高谷池ヒュッテを経て山頂へ、そして同じコースを滑走下山したが、今回は黒沢経由で登り、南面台地を下った。黒沢も南面台地も雪は豊富で素晴らしい山スキー行となった。しかし、林道へ出てからの戻りが大変だった。

2日昼過ぎにキャンピングカーで出発し、下道、高速を乗り継いで20時前に笹ヶ峰キャンプ場へ到着。駐車場には既に20台以上の車中泊の車がある。完全リタイヤの身となって既に今シーズン100日以上滑っていると云うkazuさんも到着していて、kazuさんのキャンピングカーで飲みすぎてしまった。
明けて3日、5時頃にはkameさん、富山のIさんも到着、出発の準備をしているパーティーの姿もちらほら見える。登山者と山スキーヤは半々位か。

<メンバー:用具>
 Kameさん:ディナフィット・マナスル、TLTスピード、スコット・コスモス
 Iさん:アトミック、TLTスピードラジカル、
 kazuさん:G3、TLTスピードラジカル、ディナフィット
 ファントム:ディナフィット・ナンガパルパット、TLTスーパーライト、スコット・コスモス

<行程>
 笹ヶ峰キャンプ場6:02−8:36冨士見平上9:00−9:32高谷池ヒュッテ9:53−10:50火打山肩11:03−11:20火打山山頂11:50−12:13南面台地昼食12:42−13:07サクラ谷横断13:07−13:45林道−14:35笹ヶ峰キャンプ場
<GPSログ>
 沿面距離:19.8km
  累積高度:±2330m(標高差:±1152m)

6:02 1310m 笹ヶ峰キャンプ場 駐車場から道路を横切り雪原へ入る。火打山登山口のゲートはまだ半分雪に埋もれたままだ。雪面は固いが斜度が殆どないためシールのままブナの林の中を進んで行く。

7:00/7:08 1576m 黒沢の橋 黒沢の谷の入り口で一旦黒沢まで下りて木製の橋を渡り、この先固くて急な雪面がありそうなのでクトーを付け、まだ雪割れの少ない黒沢を登り始める。奇岩があったり、時々右岸からの雪崩のデブリがあったりと退屈しない。暑くて堪らずアウターを脱いでリュックに括り付ける。振り返ればまだ真っ白な高妻山や乙妻山が見える。
トレースは谷を進んでいるが、我々は1880m付近から冨士見平目指して左手に進路を変更し、開けた斜面を登り始める。

8:36/9:00 2047m 冨士見平の少し上 ここで1回目の休憩、この後長い下降気味のトラバースがあるのでクトーは外しておく。少し進むと火打山、影火打ち、焼山が真っ白な衣装を纏い出迎えてくれる。トラバースは既に立派なレールが出来上がっていて固い急斜面であるにも関わらず、気楽に進めた。

9:32/:9:53 2104m 高谷池ヒュッテ 均整のとれた三角屋根の高谷池ヒュッテに到着、ここでまたまた休憩、少し腹ごしらえしておく。
さあ、もう一頑張りしましょう。平らな高谷池を超え、少し登って下って天狗の庭へ出る。ここから多くの人は夏道沿いに登って行くが、我々は2330m付近の火打ちの肩を狙って真っすぐ登って行く。

10:50/11:03 2323m 火打山肩 ここまで登ってくると風も冷たくなってきたのでアウターを着込み、頭もヘルメットに替えておく。そして念のためクトーも付け、後続を待つ。
さあー、最後の登りだ。適当にジグを切りながら登って行くと山頂到着。

11:20/11:50 2462m 火打山山頂 焼山から雨飾山、後立山の峰々、そして妙高山を始めとする頸城の山々等々 360°の大パノラマだ。西の空に地形に沿って日本海側に流れ下っていく一条の雲の線が薄く見える。
山頂部は南風が強かったが、少し北斜面側に移動するだけで風が当たらず気持ちがいい。何だかんだと云いながら30分も山頂部で過ごしてしまった。
さあーお楽しみの滑降です。影火打側へ移動し、南向きの大斜面へ飛び込む。滑りやすいザラメ雪で、maoyukiさんのブログにも書いてあった「頭のネジが緩んでしまった」状態に陥る。

12;13/12:42 1954m 南面台地昼食地点 お腹も空いてきたので大斜面下部で昼食休憩をとる。
滑走再開、平坦な台地を先端まで進み南西向きの急斜面を下り始める。結構な急斜面だが雪が柔らかいので問題なくサクラ谷へ到着。

13:07 1486m サクラ谷ブリッジ通過 少し上流側にしっかりしたスノーブリッジがあり通過、急な斜面をトラバース気味に登り上げ鍋倉谷左岸台地へ登り上げる。
後はブナ林の中をチンタラ滑る消化試合。

13:45 1271m 林道合流 ここからが長く感じられた。僅かに登り気味の林道をストックで押したり、パスカングで歩いたり、、、除雪終了点の車が見えてホッとした。

14:24 1295m 黒沢橋(除雪終了地点) スキーを脱ぎ肩に担いで、舗装路を600mほどトボトボと歩む

14:35 1310m 笹ヶ峰駐車場 無事下山できました。最後の方は中々試練だったが南面台地滑走までは天国だったので、やっぱり来て良かった。同行頂いたkameさん、Iさん、kazuさん有難うございました。


道具を片付けてから杉ノ原温泉苗名の湯で汗を洗い落としてから、明日のベースとなる乗鞍三本滝へ向かった。

  朝の駐車場
画像


  雪に埋もれた入山ゲート
画像


  最初はブナの林を進む
画像


  黒沢の橋を渡る登山者
画像


  黒沢の奇岩
画像


  黒沢の谷の状態(まだ割れていないが一部デブリあり)
画像


  振り返ると高妻山、乙妻山
画像


  冨士見平の少し上へ登り上げる
画像


  冨士見平方面
画像


  見えました 火打、影火打そして焼山
画像


  高谷池ヒュッテ前にて
画像


  休憩十分、再出発(kameさん提供)
画像


  三田原山の向こうに妙高山が顔を出した
画像


  最後の登り斜面(火打山の肩にて)
画像


  山頂下で風を避け後続を待つ(kameさん提供)
画像


  火打山山頂
画像

  
  火打南面を滑る(kameさん)
画像


  火打南面を滑る(Iさん)
画像

  火打南面を滑る(kazuさん)
画像


  火打南面を滑る(kameさん提供)
画像


  火打南面を滑る(kameさん提供)
画像


  南面台地末端から振り返る
画像


  南面台地末端下の急斜面
画像


  サクラ谷を渡り対面台地へ登り上げる
画像


  長〜い長〜い林道がようやく終わった
画像


  無事下山
画像


  標高グラフ
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年/2018年 2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • 火打山、乗鞍剣ヶ峰とダブルで楽しんで来ました キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる