キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 乗鞍剣ヶ峰楽チン滑走

<<   作成日時 : 2017/05/05 11:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

3日の火打山に続き、4日は春山バスで位ヶ原山荘まで楽チンし、ここから乗鞍剣ヶ峰へ向かい、山頂から三本滝まで滑走してきた。好天のゴールデンウィーク中日ということもあってか中々の賑わいだった。
今日も足回りは超軽量板だったが、登りは本当に楽で、多分バス組トップの山頂到着、下山だったと思う。

  今日の相棒、剣ヶ峰にて
画像


  GPSログ
画像


前夜、20時に火打山から乗鞍高原三本滝駐車場へ到着、既に20台以上駐車している。途中で夕飯を済ませてきたので適当にビールを飲んで21時には寝てしまった。しかし直ぐに右内腿の筋肉がつって冷や汗、何とか治まって寝返りをうとうとしたら今度は左足の同じところが、、、またまた冷や汗、、、やっぱり歳は隠せないなー。
4日、6時にはレストハウス前は満車、既にカモシカゲレンデを登り始めている人も何人かいる。
7時半頃からレストハウス前でバスチケットを販売し始めたので位ヶ原山荘まで片道1250円のチケットを購入する。8時過ぎにはバスの待ち行列ができ始めた。

<メンバー:用具>
 ファントム:ディナフィット・ナンガパルパット、TLTスーパーライト、スコット・コスモス

<行程>
 位ヶ原山荘9:29−11:16剣ヶ峰11:49−12:01位ヶ原急斜面上12:01−12:17三本滝駐車場
<GPSログ>
 沿面距離:9.0km
  累積高度:+1219m/-1732m(標高差:+665m/-1218m)

8:45 1806m 三本滝駐車場 ここから4台、休暇村の方から登ってきたバスも併せて5台が雪の回廊を通って位ヶ原山荘に向かう。車中で登山届用紙が配られたが、自分は昨日スキー場入口の黄色ポストに投函してきたのでパスする。

9:10/9:29 2359m 位ヶ原山荘 バスに早く乗り込んだのでここではスキーが出てきたのは最後の方、山荘とトイレの前は大混雑だ。
スキーを担ぎ屋根板基部へ向かう。ここでアウターを脱いでリュックに括り付け、スキーを付けて登り始める。先行者のトレースもあるが、今日は肩の小屋側からではなく、朝日岳と蚕玉岳の間のコルを直接目指すつもりなので自分なりの進路をとる。
屋根板を登りきると剣ヶ峰、蚕玉岳、朝日岳が正面で迎えてくれる。振り返れば穂高の峰々も顔を出している。先行者を含め皆さんトイレ小屋方向へ進んでいるようだが、構わず目標のコルを目指し進んでいく。蚕玉岳基部から斜度がきつくなり始めるが雪が緩んでいるのでシールのままで登れる。
やがて肩の小屋側から登ってくる登山者たちと同じ道となる。この辺りで冷たい風に晒されるようになってきたのでアウターを着込む。雪も少し硬くなってきたが、クトーを付けるほどでもない。
山頂小屋は雪の中から掘り出し作業の真っ最中だった。

11:16/11:49 3026m 乗鞍剣ヶ峰 左手から回り込んで信州側社の前までスキーを付けたまま登り上げる。位ヶ原山荘から2時間かからずに登ることができた。足元が軽いと云うのは予想以上に楽だ。
信州側、飛騨側の両方の神社にお参りし、山頂標識の前で写真を撮って頂く。
ここから見える白山はいつも霞の中にあってはっきりしないが、今日はクッキリと見える。笠ヶ岳から鑓ヶ岳、穂高の峰々、奥の方には黒部五郎から立山まで見る。
風を避けて飛騨神社の陰で休憩、隣に座っていた年配の登山者がしきりに「うまい」を連発するので何が美味しいのか尋ねるとお酒ではなく、ポッドに入れてきた熱いコーヒーが「うまい」とのことでした。これをきっかけに山話を交わす。
30分も休んで寒くなってきたので滑走開始としましょう。信州側神社を少し下りたところでスキーを付けて滑走開始。剣ヶ峰直下の谷は狭そうなので少し戻って蚕玉岳との間の谷を滑り降りる。昨日も大勢滑り下りたようでグサグサ雪の表面は大分荒れている。谷の急斜面は直ぐに終り、位ヶ原の緩斜面に入ると時々ストップ雪が出て来て前のめりになる。

12:01 2447m 位ヶ原急斜面上 ここからは滑りなれたツアーコース、所々ストップ雪が出てくるものの、楽しく滑り下りていく。途中に何か所かある斜度のある所にはスキー場のようにコブができている。
入口急斜面に飛び込んだところでスキーのトップが雪に隠れた木の枝に引っかかり、大前転をやらかしてしまった。初級コースを下り、スキーを脱いでバス道を少しだけ歩いてカモシカゲレンデに出る。再度スキーを付け最後の滑走を楽しんで終了。

12:17 1806m 三本滝駐車場今日も無事下山できました。下には昨日一緒に火打山へ登り、そこで足を少し痛めたkazuさんが見ていたのには驚いた。

連休で混雑する道をのんびり走って18時過ぎに無事帰宅できました。充実した2日間でした。

  6時頃のカモシカゲレンデ(ここから登って行く人も多かった)
画像


  バス待ちの長い行列
画像


  車窓から三本滝駐車場
画像


  雪の回廊を進む
画像


  位ヶ原山荘前は人、人、人、、、
画像


  登り口もこの通り
画像


  屋根板上から振り返る
画像


  お出迎え(朝日岳/蚕玉岳のコルを真っすぐ目指す)
画像


  背後には穂高の峰々
画像


  蚕玉岳直下(三本滝から登った先行者が大勢見える)
画像


  蚕玉岳ピークに到着、山頂は直ぐそこ
画像


  山頂小屋は掘り出し作業中
画像


  白山(霞んでいることが多いが今日はハッキリ見えている)
画像


  北ア中心部の眺めも最高!
画像


  飛騨側のお社(この脇で風を避けさせて頂いた)
画像


  ここから滑走
画像


  剣ヶ峰と蚕玉岳の間の谷を滑走した
画像


  さらば穂高さん
画像


  さらば剣ヶ峰
画像


  位ヶ原急斜面下
画像


  ツアーコース入口急斜面(トラップに引っかかり大前転)
画像


 戻ってきました
画像


  高度グラフ
画像
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは、火打同行ありがとうございました。思っていたより雪質が良く滑走も楽しめホント良かったです。火打の翌日、剣が峰に登頂とは、流石、電動スキーの威力にはびっくりです譲って下さい。御見それしました。
kame
2017/05/05 21:50
kameさん
火打お疲れ様でした。
この新型超軽量スキーはジイサンの正真正銘の宝になりました。(棺桶にまで持っていくつもりです。

ファントム
2017/05/05 23:19
こんばんは。
連日火打乗鞍のダブルヘッダーとは恐るべし。
登り下りも1位ですか。
この調子だと新型機で来シーズンも虎視眈々ですね。
maoyuki
2017/05/06 21:02
maoyukiさん
今晩は!ご訪問有難うございます。
足元が軽いだけでこれほど楽になるとは!自分でも驚いています。
体力。気力充実のmaoyukiさんには無縁でしょうが、往生際悪く少しでも長く遊ばせて欲しいジイサンは「道具に頼るべし!」でした。
ファントム
2017/05/06 22:52

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • 乗鞍剣ヶ峰楽チン滑走 キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる