キャンピングカーで行く山スキーと山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 北海道へ行ってきました(1)

<<   作成日時 : 2017/07/25 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7月13日にキャンピングカーで家を出て北海道へ向かい、23日に帰宅しました。
30℃超えから10数℃までの大きな気温変化に急な雨や霧と気象に翻弄される中で、札幌在住の長男ファミリー達とのキャンプに帯広のガーデン巡り、富良野岳の山歩を楽しんできました。

  富良野岳山頂 この時だけガスが少なくなった
画像


毎年のように北海道へ出かけているもののキャンピングカーでの渡道は2010年夏以来と久し振りです。
我愛車コルドバンクスも11歳と私同様高齢となった。以前は度々(渋々?)同行してくれた家内も最近はキャンピングカーには乗りたがらず、スキーや山歩きの足や宿として私一人での使用が殆どと云う状態だったが、今回は「キャンピングカーでの渡道は最後になるかも知れないから」と言い包め、帯広のガーデン巡りと山歩は花の綺麗な富良野岳のみとするなど家内の希望を全面的に取り入れることで久しぶりの二人旅となった。


7月13日(木) 329km走行
大量の荷物を積み込み、昼前に自宅を出発、時間は十分にあるので下道長野県北部の信濃町まで走り、ここから信越自動車道に入り、標高の高い妙高SAで車中泊した。車外に出ると汗がどっと噴き出すような暑い1日だった。

  出発
画像


7月14日(金) 161km走行
5時前に出発、信越道から北陸道に入り、新潟西ICで下りて給油してから新潟フェリーターミナルへ9時前に到着、既に乗船待ちの車列ができていてびっくり。
行きに利用する新日本海フェリーはネット予約しておけば、Eチケットを事前に印刷しておくだけで乗り場での乗船手続きは一切不要で便利だった。
30℃超、快晴の炎天下での乗船待ちは中々きつかった。11時前にようやく乗船、定刻11時45分に出航、乗るフェリーは先月末に就航したばかりの「アザレア」でステートルームA窓ありの部屋を予約しておいた。広くはないがキレイで設備は最新だった。
昨夜は風呂に入れなかったので、早速船内の大浴場で汗を流し、髭を剃ってサッパリする。
テレビで愛知県北部に大雨が降っていて一部で雨水が溢れていると放映している。我家は高台なので大丈夫だと思うが気になるところだ。
船内のレストランで夕食をとり、日本海に沈むサンセットも楽しんで就寝。

  信越道新井PAから5月に登った火打山が見えた  
画像


  新潟FT これから乗船するアザレア
画像


  アザレアのステートルームA やや狭いが設備は最新
画像


  新潟出航
画像


  航跡を残し日本海を北上 ヘリポート兼用ドッグラン
画像


  サンセット
画像
  
 
7月15日(土) 95km走行
新造船だけあって昨夜は静かで揺れもなくぐっすり眠れた。3時過ぎに起床、船は4時には小樽港内に入り、4時半には下船開始、昨年9月以来の北海道だ。まだ涼しくて気持ちがいい。
時間に余裕があるので7年振りの小樽運河観光を楽しんでから札幌へ向かう。10時に豊平区の長男宅へ到着、孫1号は4歳になり、恐竜とアンパンマンに嵌っている。
今日は長男の嫁さんのご両親Sさん夫妻も含め7人で滝川市のマルカ高原オートキャンプ場でキャンプする予定だ。長男宅を出発する際、「愛知のおばあちゃんが1番好き」と云って家内を喜ばせた孫1号は長男の車ではなくキャンピングカーのリビングシートに家内と一緒に乗り込んだ。途中、道の駅三笠で昼食をとったが車外は灼熱の暑さで参った。
16時近くにオートキャンプ場へ到着、Sさん夫妻は既に着いていて準備を始めて頂いていた。やがて途中で買い物をしてきた長男夫婦も到着。
ここは全面芝張りのキレイなキャンプ場で、キャンピングカーサイト1面と隣り合った「てぶらDEキャンプ」サイト2面を予約してもらっていた。素晴らしい環境に感激です。オートキャンプ場利用は何年振りだろうか!
キャンプ場側で用意されたコンロで炭火を起こし、サッポロクラシックで乾杯してからバーベキュー開始、Sさん夫妻には沢山の美味しい食材を用意してきて頂いて感謝です。
この場に興奮したのか寝るためテントに入ってしばらくして飛び出してくるを何回か繰り返した孫1号もようやく寝付いたようで、後は大人のお酒の時間が遅くまで続いた。

  下船準備
画像


  北海道上陸
画像


  アザレア全景
画像


  小樽FT
画像


  小樽運河
画像


  マルカ高原オートキャンプ場管理棟
画像


  マルカ高原オートキャンプ場
画像

画像

画像


7月16日(日)  103km
起きると雲行きが怪しい。朝食を済ませ、片づけをしてキャンプ場を後にし、滝川市街へ向かう。この後は皆でパークゴルフをする予定だったが、途中で雨が降り出し本降りとなった。結局パークゴルフは諦め滝川ふれ愛の里で温泉に入り、昼食をとったところで解散とした。Sさんご夫妻には今回もいろいろお世話になりました。有難うございました。
この後は札幌の長男のマンションへ向かう。ここでも孫1号は一番好きな愛知のおばあちゃんにべったりくっついていた。
長男宅で夕食をごちそうになり、孫1号もようやく寝付いたら、お嫁さんがバースデイケーキを出してくれた。そう云えば昨日は私の71回目の誕生日だった。ここまで元気に楽しく過ごしてこれたのも皆さんのおかげ、感謝です。

  バースデイケーキ ア〜ァ!とうとう71
画像


7月17日(月) 103km走行
今朝は大分涼しい。朝食を頂いてから10時過ぎに長男宅を出る。今日は海の日の祝日だが長男はこれから出社するという。深夜帰宅が当たり前の勤務状態が続いているようだが健康には十分気をつけて欲しいところだ。
三笠、桂川湖、富良野を抜け、富良野岳の登山口になる十勝岳温泉まで行ってみる。下山者にお聞きすると登山道はキチンと整備されていてお花もキレイだったらしい。しかし明日の天気が心配だ。
吹上温泉白銀荘の温泉に浸かってから十勝岳を望む望岳台に立ち寄り、今夜車中泊する予定の道の駅美瑛蔵の丘を目指す。17前に着いたが駐車場は満車でびっくり。どうにか駐車場所を見つけて一安心。
次に夕食をとるところを探したが何処も15時には営業を終えてしまうようで困っていたら地元のおじさんが一軒の食堂を教えてくれた。行ってみると同じような人が道路に溢れていた。1時間以上待ってようやく夕食にありつけた。

  キタキツネの親子がお出迎え 十勝岳温泉凌雲閣手前にて
画像


7月18日(火) 202km走行
夜中に雨が降ったが明け方には止んでいたので、天気予報は芳しくないが取り合えず登山口まで行ってみることにしよう。
しかし、吹上温泉近くまで行ったところで強く降り出した。天気予報をチェックすると明後日には回復しそうなので今日の山歩は延期し、先に帯広方面へ向かうことにする。
途中、中富良野の町営ラベンダー園へ立ち寄ってから、富良野、南富良野、狩勝峠を超えて帯広へ11時過ぎに入る。六花亭で以前キャンピングカー仲間で評判だったサクサクパイを頂く。
帯広市内の回転寿司店で昼食をとってから北海道ガーデン街道の一つ「真鍋庭園」を訪れる。住宅街の近くなのにまるで別天地、よく考えられよく手入れされた庭園が素晴らしい。こういう所にあまり興味のない私でも見入ってしまう。2時間近く滞在して、今日の宿泊予定地中札内の道の駅を目指し、17時に到着。
雨が降ったり止んだりの天気、気温は15℃前後で肌寒いくらい、来る途中の狩勝峠では車外温度計は12℃を示していた。数日前まで帯広は35℃ほどにまで上がっていたので20℃の開きがあり地元の方も参っと話していた。

  中富良野ラベンダー園から十勝岳方面 富良野岳は濃いガスの中
画像


  道の駅南富良野
画像


  帯広の六花亭でサクサクパイを頂く
画像


  真鍋庭園入口
画像

画像

画像

画像

画像


  道の駅中札内
画像


7月19日(水) 218km走行
雨はどうにか止んでいる。朝食を簡単に済ませ7時半に出発し、十勝平野の広大な畑の中にある紫竹ガーデンに8時に到着。既に観光バスも1台停まっている。
入園してすぐにリスが出迎えてくれた。園内は必要以上に手を入れず自然に任せるという方針のようで家内は「ターシャの庭園のようで、こんな庭が好き」と話していた。
1時間強園内を散策してから次の目的地「十勝千年の森」を目指し、9時半に到着、ここは十勝平野の西の外れの丘陵地帯にあり広大な敷地に趣の異なる六つのガーデンが配置されている。
入園したところにセグウェイ乗り場があり、これに乗車できる条件として69歳以下という記述が、、、ショック、、、自分としてはまだまだこんな物に乗れるくらいの運動神経はあると思っていたのだが、こんな風に一律に制限を受ける年齢に達してしまった訳だ。
気を取り直して歩き始める。一通り園内を歩き千年の丘も登ってみた。ここはよく手入れされた広大な芝生の庭とハイキングコースと云う印象だった。
13時前に千年の森を出て、明日の富良野岳山歩のため美瑛を目指す。昨夜は風呂に入れなかったので、中富良野のフラヌイ温泉に立ち寄ってから道の駅美瑛蔵の丘へは17時前に到着、今日も駐車場は混んではいたが問題なく駐車できた。
明日の好天を祈りながら早めに眠りについた。

  紫竹ガーデン入口  
画像


  紫竹ガーデン リスがお出迎え
画像

  紫竹ガーデン
画像

画像

画像

画像

画像


  十勝千年の森
画像

画像

画像

画像


(2)に続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

山スキーの記録

2017年
  • 5月 針ノ木岳
  • 5月 木曽駒ケ岳
  • 5月 乗鞍剣ヶ峰
  • 5月 火打山
  • 4月 乗鞍剣ヶ峰
  • 4月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍位ヶ原
  • 3月 乗鞍冨士見沢
  • 3月 大崩山から平湯キャンプ場へ
  • 2月 輝山
  • 1月 乗鞍冨士見沢
  • 1月 大崩山
  • 1月 栂池天狗原
  • 北海道へ行ってきました(1) キャンピングカーで行く山スキーと山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる