9月26日の大朝日岳の記録

9月下旬から10月上旬にかけて出かけた東北地方への旅で2番目に登った大朝日岳の記録です。
これが100名山83座目です。

        大朝日岳山頂
画像


        大朝日岳のGPSログ
画像


前日、いいでの湯で汗を流してから県道383号で喜多方へ抜けて国道121号で山形県へ入り、米澤市街地をパスして国道287号を北上、川西町、長井市、白鷹町を経て朝日町から細く曲がりくねって真っ暗な川沿いの県道289号で山中へ、山毛欅峠を越えて大江町貫見で民家の明かりを見てホッとしました。ここから2kmほど進んでようやく大朝日岳の登山口である古寺鉱泉登山者用駐車場へ18時半に到着しました。この日の走行距離は136kmでした。
駐車場には10台ほどの車が駐車しており、車中泊と思しき車も4~5台あるようです。その後も2~3台到着したようです。

9月26日(月) 4時半に起床、天気は悪くはなさそうです。今日は日帰り装備で出かけます。朝食は途中で摂るつもりなので何も食べずに準備運動をして明るくなるのを待ちます。

5:22 登山者用駐車場(640m) 若者が軽快な足取りで出発していきました。明るくなってきたので出発します。渓流沿いの道を5分ほど歩くと古寺鉱泉へ着きます。

5:27 古寺鉱泉(680m) 年季の入った建物の入口にあるポストに登山届を投函し、左側の登山道へ入ります。標高差で90mほどの斜面を登りきると尾根へ出ます。ここからは尾根沿いの道です。標高830m辺りで先行するご夫婦に追いつきました。

6:34/6:36 水場(1115m) ハナヌキ峰の南斜面に湧き出す水場がありました。プラティパスから飲む水よりも湧水は美味しいです。

7:14/7:19 三沢清水(1340m) ここにもホースで引いてきた水場があります。

7:41/7:54 古寺山(1501m) 南西の方向にこれから向かう小朝日岳、大朝日岳が見えます。ここでザックを下ろし、菓子パンをお腹へ流し込みます。出発しようとした時、札幌から見えたという単独行の男性が登ってきましたので、しばらく情報交換しあってから先発します。

8;11 小朝日岳巻道古寺山側分岐(1554m) 早く下山したいので小朝日岳へは登らず、小朝日岳の北西斜面を通る巻道を辿ります。

8:24 小朝日岳巻道大朝日岳側分岐(1509m) 少しぬかるんだ急な登山道を30m弱下り、ここからしばらくはなだらかな尾根筋を進みます。

8:56/9:01 銀玉水(1635m) 大朝日避難小屋への最後の登りにかかる前の鞍部に銀玉水の標識があり、数m下ると冷たくて美味しい銀玉水が流れ出ています。
ここからやや急な斜面を登ります。途中、2人の男性が植生の調査をしていました。この辺りは植生復活のための手当てがしてあり、再生状況を調べているとのことでした。
急斜面の途中で、朝、先行した若者が下ってきて、「後、少しです。頑張って下さい」と声をかけてくれました。
急斜面を登り切り、少し進むと大朝日岳避難小屋が見えてきます。

9:24 大朝日岳避難小屋(1780m) 小屋締めの準備をしているようですが人影は外からは見えませんでした。小屋の前を通り抜け、最後の登りにかかります。 
 
9:37/10:00 大朝日岳山頂(1870m) 馬の背のような山頂に着きました。誰もいません。空は高曇りで周囲の景色も色がハッキリしません。月山や鳥海山、岩手山、蔵王連峰、会津の山々、飯豊山と思しき山々が見えます。
航空自衛隊のT400が大朝日岳の山頂を巻くように旋回して東の方へ飛び去って行きました。航法訓練でもしているのでしょう。
カメラを石の上へ置いてセルフで撮影してから、腰を下ろして持参の菓子パンを食べていると寒くなってきたので下山開始とします。この時入れ違いに札幌の男性が登ってきました。

10:08 大朝日岳避難小屋(1780m) この頃から後続の登山者に時々すれ違うようになりました。

10:25/10:33 銀玉水(1635m) プラティパスの水を銀玉水に入れ替え、後は淡々と登って来た道を戻ります。

11:01 小朝日岳巻道大朝日岳側分岐(1509m)
11:20 小朝日岳巻道古寺山側分岐(1554m)
11:34 古寺山(1501m)
12:57 尾根終点(754m)
13:04 古寺鉱泉(680m) 
13:08 登山者用駐車場(640m) 水場で冷たい水を飲むため立ち止った程度で、休憩せず一気に下ってきました。

<沿面距離:17.5km、標高差;1230m、累積高度:±1595m>

道具を片づけ、14時前に古寺鉱泉を出発、地蔵峠を経て県道27号に乗り、大江町中心部へ出て、道の駅おおえに併設されたテルメ柏陵健康館の温泉に入り一息つきました。この温泉は300円と格安で、いい湯でした。
この後、国道237号、347号を経て国道13号に乗り、新庄の宇佐美で給油してから更に北上、秋田県に入って、湯沢ICから湯沢横手道に入り、横手JCで秋田道に乗り換え、錦秋湖SAには19:45到着、閉店間際のレストランでようやく人並みの食事にありつくことができました。今夜はここで車中泊とします。
本日の走行距離は204kmでした。 

        駐車場(下山時に撮影、手前にも駐車車両があります)
画像


        駐車場から古寺鉱泉へ続く歩道(下山時に撮影)
画像


        古寺鉱泉(下山時に撮影)
画像


        ハナヌキ峰下の水場
画像


        三沢清水
画像


        古寺山から小朝日岳、大朝日岳を望む

画像


        銀玉水への分岐
画像


        銀玉水
画像


        大朝日岳避難小屋と大朝日岳
画像


        大朝日岳避難小屋
画像


        大朝日岳山頂にて
画像
                        

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック