9月21日 開聞岳の記録

前夜泊まった霧島から薩摩半島を目指して移動、池田湖付近でようやく均整のとれた開聞岳が全貌を見せてくれた。
開聞岳登山口である開聞山麓ふれあい公園の登山者用駐車場へは10:20に到着、駐車場には既に10数台の車が駐車している。早速準備にかかる。
天候は晴れてはいるものの霞んでいて遠望が効かない。

    開聞岳山頂にて
画像


    GPSログ(地図上の登山道は大分ズレているようだ)
画像


9月21日(金)

10:40 120m 登山者用駐車場 公園の中央管理棟の入れ物に登山届を投函し、トイレを済ませて出発。(登山道に入るとトイレも水場もありません)
一旦階段を下り、綺麗に整備された芝生の広場を横切り、舗装路を登って行くと二合目登山口だ。

10:50 150m 二合目登山口 ここから登山道となる。歩きやすい樹林帯を登って行く。

11:48/53 470m 五合目 丁度山頂の真東に位置するようだ。この辺りから岩が現れ始め、多少歩きづらくなる。木製の梯子などもある。山腹を南、西とグルッと巻き、北から小さな祠の近くを通って山頂に登り上げる。
途中、樹木に邪魔され、下界が見渡せる場所は少ない。

13:32/14:05 924m 開聞岳山頂 山頂部は大きな岩がいくつかあるだけで平坦なところはない。先行者が5人ほど思い思いに休憩している。相変わらず晴れてはいるが霞んで遠望が効かない。
遅い昼食をとってから下山開始。
15時近くになっても登って来る人がいる。中にはコンビニ袋を提げただけのカップルもいる。どうみても灯火類は持っていないようだが大丈夫だろうか?

15:23 470m 五合目 
 
16:03 150m 二合目登山口 芝生広場越しに開聞岳南面が見える。

16:13 120m 登山者用駐車場 無事下山、これで100名山は96座です。

<沿面距離:7.9km、累積高度:±849m>

開聞岳の登山道はほとんどが樹林帯の中のため山頂部での大展望を期待しながら登ったが、この日は霞んでいて遠望は全く楽しめなかった。空気が澄んでいれば屋久島辺りまで見えるらしいので残念だ。

    池田湖近くからの開聞岳
画像


    開聞山麓ふれあい公園駐車場(奥の建物が中央管理棟)
画像


    2合目登山口
画像


    5合目
画像


    木製はしご
画像


    芝生広場からの開聞岳南面(下山時撮影)
画像


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック