9月28日 阿蘇山(高岳、中岳)の記録

阿蘇山は最もポピュラーな仙酔峡から仙酔尾根を登り上げ、高岳から中岳、火口展望台を経て仙酔峡へ戻るコースで行くことにした。
前日の夕方、屋久島から鹿児島港へ戻り、九州自動車道へ入って、熊本近くの託麻PAで車中泊、そして今朝熊本ICで下りて、給油、コンビニでの食糧等調達をしてから阿蘇山登山口の仙酔峡へ9時前に到着。

    阿蘇山高岳山頂にて
画像


    GPSログ
画像


9月28日(金)

仙酔峡登山口の駐車場には既に10台近くの車があり、出発して行くグループも見える。
出発の準備をしているとインフォメーションセンターの女性が声をかけてきて、火山ガスに対する注意事項等を色々説明してくれた。

9:22 911m 仙酔峡登山口出発 今回の山旅で初めての真っ青な空のもと出発、少し進んだ所で家内が膝サポータをしてくるのを忘れたと云って戻り、10分間ほど待つ。
遊歩道から尾根へ上がり、少し灌木帯を進むと、後は眺めの良い尾根筋の登りとなる。上を見れば稜線越しに真っ青な空、振り返れば、すぐ下に登山口の仙酔峡駐車場、遠くには九重の山々がキレイにみえる。
時々、火山ガス特有の硫黄臭が漂よって来るのが気にかかる。
1300m辺りから急な岩場の登りとなるが手がかりも沢山あるので特に問題はない。左手に鷲ヶ峰や虎ヶ峰の岩峰を眺めながら登って行く。
傾斜が緩くなると高岳と東峰の中間の稜線へ飛び出す。、稜線の反対側の大鍋越しに次に登る予定の祖母山も見える。
高岳山頂へ向けて歩いていると地元の登山者が下りて来て、今日は風向きからして中岳コースを下るのは止めた方がよいとのアドバイスを頂いた。

11:53/12:48 1592m 高岳山頂 阿蘇山最高点の高岳到着、久し振りの澄みきった空のもとの山頂に感激です。
駐車場で先行して登って行かれた犬連れの若いご夫婦に山頂写真を撮って頂く。
時間も十分にあるので、のんびり湯を沸かしてカップ麺を頂く。
のんびりしている内に西よりだった風向きが東よりに変わり、火口からの噴煙も反対側へ流れている。
ならば、予定通り中岳経由で下るとするか。中岳経由で登って来る登山者の姿も見えるので大丈夫だろう。
中岳近くまで下ると火山特有の赤茶けたザレ道になる。石車に乗らないよう気を付けながら下って行く。

13:12 1506m 中岳 山頂は赤い地肌がむき出した無機質な所、火口も大分近づいて時々火山ガスの臭いもする。写真を撮っただけで通過する。
左下にはまるで氷河のモレーン帯のような景色が見える。砂千里だ。深田久弥は砂千里から登ったらしいが歩きにくかったことだろう。ザレ道を下りきってしっかりした作りの階段を登りきると火口展望台だ。

13:58 1380m 火口展望台 火口は間近だが中までは見えない。後は舗装された遊歩道を下るのみだ。営業を止めている仙酔峡ロープウェイの上部駅舎建物が淋しい。遊歩道の所々に、噴石から身を隠すためのものであろう頑丈なコンクリート製の東屋風の建造物がある。

14:28 911m 仙酔峡登山口 無事下山出来ました。これで百名山は98座です。

<沿面距離:6.5km、累積高度:±815m>

下山してしばらくすると、山頂で写真を撮って頂いた若夫婦のご主人が熟年の女性を背負い、そのお仲間の熟年の男女と奥さんと一緒に仙酔尾根をゆっくりと下りてきた。背負われた女性は下山途中に転倒して怪我をされたらしい。
ロープウェイ沿いの道を下った私達も仙酔尾根を下山中のこの方たちの姿を遠目にして歩みが遅いなと気になりながら下山してきたが、人を背負ってのあの急な岩場の下りは本当に大変だったと思う。お仲間の女性がお礼を渡そうとしても笑顔で辞退され、自分達の車へ戻って行った若夫婦の姿が清々しかった。

    仙酔峡登山口から仙酔尾根を望む
画像


    仙酔尾根途中から九重の山々
画像


    仙酔尾根途中から登山口を望む
画像


    登り上げた稜線から高岳を望む
画像


    高岳山頂
画像


    大鍋越しに遠く祖母山、手前のギザギザ頭は根子岳
画像


    中岳山頂
画像


    砂千里
画像


    展望台からの火口(中は見えない)
画像


    噴石防護シェルター?
画像


    防護シェルターの内部(頑丈な作りです)
画像


    淋しげなロープウェイ山頂駅
画像


    登った仙酔尾根(岩峰手前の尾根)
画像


    ロープウェイ登山口駅と手前はインフォメーションセンター
画像

    

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック