DIY

デスクトップPCを設置する部屋を変えることになり、プリンタ等PC周辺の細々したものを収納する入れ物(台)が新たに必要になった。色々な店を調べて回ったが丁度いいものが見つからない。ならば自分で作ってしまおうと云う訳で久し振りに日曜(?)大工に挑んでみた。

    木地完成
画像


    クリアウレタン塗装後
画像


    部屋に設置
画像


台の大きさは、プリンタの大きさと市販板材の巾から奥行350mmとし、市販材料を無駄なく使えるよう巾900mm、高さ約600mmとした。
そして室内で移動し易いよう底面にキャスターを付けることにし、どうせ作るなら少しは拘りも持とうと引き出しも付けることにした。

本体の主要材料は入手容易なパイン集成材、引き出しは桐集成材と杉、棚板はファルカタ集成材とし、後はベニヤ板と桧角材だ。
引き出しの取っ手は引き出し支えの角材の余ったものを適当に切って使ったのでデザイン的にややアンバランスになってしまったが、これはDIY作品としてのご愛嬌としよう。

DIYと云っても、板材は購入したホームセンターで所定の寸法にカットしてもらったので接合部はぴったり合い、ごく僅かかんな掛けするだけで綺麗に組立ることができた。これだけではつまらないので本体へベニヤの裏板を埋め込むところや引き出しの前面板と側板の接合部などには手持ちのルーターを使って溝加工を施した。
そして白木の特徴を活かすようにクリアウレタン塗装をして仕上げた。

出来栄えはまあまあ、家内や建築士の娘も褒めてくれた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック