仕事

仕事を離れ、完全に自由な身になって丸3年、キャンピングカーで全国を巡り、山歩きや山スキーなどをマイペースで存分に楽しんできました。

この間、家内から「あなたは山、スキーと自分が楽しむことだけしか考えていない。少しは世の中のお役に立つようなこともしたら」ときつい言葉を時々投げかけられることもあり、その都度「仕事は現役時代にやりつくした。何の悔いもない」、「東日本大震災後の勤労奉仕にだってはるばる出かけたんだ」などと強がりを返してはいたものの、やっぱり心の片隅に「遊び三昧」という言葉に引っ掛かるものもあったようです。

そして、とりあえず目標としていた日本100名山も昨年何とか登り終え、もうこの(義務感?)ような形で山へ登るのは御免だな、ならばどうしよう、、、 モヤモヤ、、、

スキーの方も今シーズンはゲレンデの何でもない所で怪我をするという大ポカをやらかしてしまいました。そして大好きな山スキーでも、体力気力の衰えを否応なく実感させられ、最近は平日の単独行は心細く感じるようになって週末に行くことが多くなりました。。。 モヤモヤ。。。 

こんな何か頭の中がすっきりしない状態でいる時に、とある会社に技術顧問として勤めている現役時代の先輩から「新しいプロジェクトが始まるので手伝わないか」という主旨のメールを頂きました。勤務は週3日程度でよいとのこと。

但し、その会社は我が家から約30km、通勤に公共交通機関は実質使えない。高速道路を使っても朝6時半には家を出る必要がありそうです。
自由気ままな生活に慣れ切ってしまった頭と身体が、週3日と云えど早朝出発の規則正しい会社勤め生活に適応できるのだろうか?
技術の進歩は驚くほど速い。3年の間にどれだけ進んだのだろうか、このブランクを克服できるのだろうか?
そして、今は自分専用の車はキャンピングカーしかなく、これで渋滞の中を通勤する気にはならない。着るものも、今はジャージやTシャツ、短パンあるいはユニクロものばかり、スーツやカッターシャツなど着ることもないから当然古いものしかない。色々新たな投資も必要なようです。
不安や問題点を挙げればきりがない。。。 でも、このまま今の生活を続けていていいのだろうか???

少しだけ悩み、迷いもしましたが、4月1日から新しい職場でお世話になることに決めました。
当然家内にもかなりのしわ寄せがいくことになりますが心配しつつも賛成してくれました。そして通勤車には家内のフィットを回してもらい、家内の足代わりに中古の軽4を新たに調達することにしました。

その車がやって来たので、今日犬山成田山へ交通安全のご祈祷に行ってきました。まだ時間が早かったせいかご祈祷を受けたのは家内の車のみでした。境内の桜もようやく8分咲き程度になっていました。

    犬山成田山境内 (左の青っぽい車です)
画像
   

さあ、来週から新しい気持ちで、(無理せず)頑張るぞ!

この記事へのコメント

ヘリP
2013年03月31日 10:38
お久しぶりです。
悠々自適の生活を楽しんで居られる様子、
うらやましい限りなんですが、それはそれで葛藤も有るのですね。
昔の先輩から新しいプロジェクトの誘いが来るって言うのも、これまた素敵な話ですね。がんばって下さい。
ファントム
2013年03月31日 12:10
へりPさん
懐かしいお方からのコメント有難うございます。
はァー、遊ぶ呆けてばかりいても時々はフッと思うこともあります。
新しい仕事の方も心配は色々ありますが、自然体でやっていこうと思います。
Sora
2013年03月31日 17:05
仕事と遊びの兼ね合い、まだ付いて回りますか。しかし、自分の選択が入れられるところが、いいですね。申しおくれました、まもなく62歳。嘱託で週4日働いていますが、余裕さえあれば、毎日休日でもいいかなと思うキャンカー乗りですので。
逆に、働き始めたらどうなるか、のこれからのレポート、非常に興味あります。先輩、体験談を期待しています。
ファントム
2013年03月31日 18:44
Soraさん
コメント有難うございます。
私も63歳で完全フリーになるまでは、それが待ち遠しかったこと。。
でも、3年経って、とりあえず目標としていたものを達成してしまったら、これだけではないはずなのに、何故か無力感も。。
この先、どうなるか判りませんが、拙いこのブログにご訪問頂ければ幸いです。

この記事へのトラックバック