云十年ぶりの八方で新雪堪能

13日にマイアスキー場、14日はほぼ40年ぶりとなる八方尾根スキー場で昔のスキー仲間と新雪を堪能してきました。昔の仲間といっても、私より大分若くて元気一杯、勿論スキーは上手、最後は腿がパンパンになり付いていくのが精一杯の修行系のスキーでもありました。

    ホワイトアウトの中無事帰還
画像



先週末は風邪を引いたようで喉が痛くて遠出は止めた。この風邪の症状が変わり今度は咳が酷くなってきた。自然治癒は諦めて12日には医者へ行き薬を処方してもらってきた。
一方、この週末は強い寒波がやってきて山の方ではかなりの降雪が期待できそう。okajiroさんからはこの週末は八方でパフパフを狙うというメールももらっている。そして来週末辺りからしばらくは諸般の事情で遠出が難しくなるかもしれない。
そんなこんなで、家内に呆れ顔されながら、薬を持って雪のあるところへ出かけることにした。しかし、この体調ではあまり無理はできないので、初日は開田高原マイアスキー場でゲレンデスキーをしながら様子を見て、いけそうであれば翌日乗鞍高原スキー場からツアーコースを位ヶ原辺りまで、あるいは栂池高原スキー場から天狗原辺りまで登ってパウダー頂き、状況次第ではokajiroさんに合流しての八方パフパフ狙いもありかと目論んで13日早朝キャンピングカーで出発する。

13日(金) 
5時半に出発、8時半に横殴りの降雪のマイアスキー場駐車場へ到着、平日なのに思ったより沢山の車が停まっている。
今日はゲレンデスキーなのでアトミック・ブルースターを持ち出し、平日1日券1500円(しかもオープン週間ということで平日無料券までもらえる)を購入して滑り始める。
気温が低くワックスが合っていないようでスキーがあまり走らない。リフトに乗っている時も横殴りの風が強く当たって寒い。7本滑ったところで飽きてしまい、車に戻って休憩、12時に再開して8本滑って終了。
雪の中にいる間、咳もそれほどひどくはなかったので万全ではないものの明日も行けそうとの感触、では場所はどうしよう?御嶽山の中腹のマイアで、この程度の積雪では乗鞍も一気に増えるとは考えにくい、白馬方面ならば積雪量に問題はないだろう。
家内に連絡を入れ、15時にとりあえず白馬へ向けて出発する。途中、大町のスーパーで食料を調達、佐野坂のトンネルを抜けると道路は圧雪状態となった。白馬を抜け栂池へ向かったが、あまりの降雪に途中で不安を感じ、道の駅白馬へ引き返してここで車中泊する。

12月14日(土)
5時起床、雪は一晩中降り続き、今も降っている。高い山は荒れ模様になりそうで、単独で入るのはリスクが大きすぎそうだ。ここは八方に通い慣れたokajiroさんに合流させてもらうことにしよう。電話するとゴンドラ乗り場下の無料駐車場にいるという。okajiroさん以外に競技スキーをしっかりやってきたMさんとKさんも一緒で、二人は今日、初めてシール登行もやってみる計画とのこと。
早速、カーナビの地図を頼りに分り難い道を八方尾根スキー場ゴンドラ乗り場へ向かう。駐車場入口でokajiroさんが待っていてくれた。この駐車場が無料というのは今日までらしい。
八方尾根スキー場は40年以上前にリーゼンスラローム大会に出場した時以来で色々な所が様変わりしている。
週末のため大勢のスキーヤーやボーダーが来ていて、ゴンドラ運転開始の8時には既に長蛇の列ができていた。
今日はポンツーンで出撃、ゴンドラでうさぎ平まで上がってザックをデポ、コーヒータイム、長い昼食タイムを挟み、okajiroさんの案内でアチコチ(細部は省略)の新雪を堪能してきた。最後の方は腿の筋肉がパンパンに張ってしまい、若い皆さんに付いていくのがやっとという状態だった。(このブログを書いている15日午後でも腿の筋肉痛が酷い)
最後にアルペンクワッド・リフト降り場からまだ運転していないグラートクワッド・リフト沿いに4人でシール登行したが、強風と濃いガスでホワイトアウト状態になり平衡感覚もおかしくなってきたため標高で100m強登ったところで打ち切り、シールをはがしてGPSを頼りに滑り降りたがアルペンクワッドの降り場が見えたときはホッとした。
駐車場へ着いたのは15時近く、荷物を片付け、みみずくの湯へ移動して冷えた身体を温めてから現地解散した。
帰路の白馬村は吹雪状態だったが佐野坂峠を堺に気象が一変し大町まで来ると嘘のように雪がない。20kmも離れていないし、間に格別高い山がある訳でもないのに、これほど気象が変わるのはどうしてだろう?
中津川まで下道を走行したが道路は空いていて21時には帰宅できた。
okajiroさん、Mさん、Kさん、じいさんにお付き合い頂き有難うございました。
(今回は天気が悪く写真も少ないです)

    マイアスキー場下部(天気が良ければキレイに見える木曾御嶽山も今日はお隠れ)
画像



    八方尾根スキー場ゴンドラ乗り場(左はチケット購入の行列、右は乗車のための行列)
画像


    八方アルペンクワッド降り場(視界がない)
画像


この記事へのコメント

K
2013年12月15日 18:41
八方は40年ぶりですか?私もそこまでではないですが、20年位行ってません。
私もスキーモードに切り替わりました、やっとでタイヤもスタッドレスへ、準備完了です。
ファントム
2013年12月15日 21:20
Kさん
コメント有難うございます。
八方は白馬の街から見上げたり、隣のスキー場から眺めたりしたことはありましたが、スキー場の中へ入り込んだのはほぼ40年ぶりでした。
乗鞍も大分積雪が増えてきたようでボツボツ行けそうですね。
是非ご同行を!

okajiro
2013年12月17日 20:01
ファントムさんみなさん お疲れ様でした
パフパフを前にしてつい自分本位になってしまいました 体調の不十分な中おつきあいありがとうございました 次回晴れると良いですね
ファントム
2013年12月17日 21:23
okajiroさん
40年ぶりの八方、あまりの変貌ぶりに迷子にならないようにと付いていくのに必死でした。
でも素晴らしいパフパフも滑れて十二分に堪能することができました。引率有難うございました。
次回は好天を期待しましょう!
kazu
2013年12月18日 22:17
ファントムさん、kさん、一緒に滑ることができてうれしかったです。今回はokajiroさんと二人だけだと思っていました。大勢で滑るのは楽しいですね。また、一緒に滑ってください。
今回、シール登行が体験できてよかったです。パフパフ用購入に踏ん切りがつきました。

ファントム
2013年12月18日 22:43
kazuさん
拙いブログにご訪問有難うございます。
普段は一人で滑ることが多いだけに大勢で滑る楽しみを久しぶりに味わうことができました。
パフパフ用調達したら一緒にパフパフしましょう。

この記事へのトラックバック