秋田駒ケ岳と姫神山の山歩記録

8月に入ってからおかしな天候が続いたり、仕事や小型無人機開発のお手伝いも忙しくなってきたりして山歩きどころかブログの更新さえ怠っている状況が続いていました。これではいけないと、8月最終日の今日、先月の東北への車旅の山歩き編だけでも何とかアップすることにしました。

今夏の東北旅行の目的の一つが家内リクエストの秋田駒ケ岳と姫神山の山歩。
当初は7月23日(水)に姫神山、24日(木)に秋田駒ケ岳へ登る計画であったが、出発時から24日の雨予報が変わらなかったため、22日(火)姫神山、23日(水)秋田駒ケ岳と行程を1日前へずらすことにして、21日(月)東北自動車道花輪SAへ19時過ぎに到着し車中泊する。

22日(火) 
4時前に起床、天気予報をチェックすると、秋田駒ケ岳は22日は晴れ時々曇り、23日(水)は雨の予報、一方姫神山は23日も曇りの予報。
ここで急遽予定を更に変更し、今日22日に秋田駒ケ岳、23日に姫神山に登ることにする。盛岡と田沢湖の間を1往復余分に走行することになるが止むを得まい。
5時前に花輪SAを出発、盛岡ICで東北道を降り、国道46号を西進、途中田沢湖町のコンビで食料を調達して7:20にアルパこまくさへ到着。
登山の準備をしてから、アルパこまくさでチケット(往復1240円/人)を購入し、8:17発のバスで八合目へ向かう。バスは平日にもかかわらず満席だった。途中田沢湖スキー場下部位の標高の樹林帯が広い範囲で切り倒されて無残な姿をさらしていた。25分ほどで八合目へ到着。

8:46 1304m 八合目 ここは晴れているが山の上部はガスの中、ガスが晴れるのを祈りながら出発、登山口には水が流してあって靴底を洗ってから入山するようにとの張り紙が貼ってあった。
登山道は男女岳を反時計回りに半周するような形で続いている。1400m辺りから霧の中へ入る。
登山道脇には色んな花が咲いていた。阿弥陀池のある平地に近づくと周囲はニッコウキスゲの花園、濃い霧が周囲を隠し幻想的だ。

9:52 1534m 阿弥陀池分岐 すぐそこにあるはずの阿弥陀池も見えない。今回はムーミン谷へ下る計画なので阿弥陀池へは向かわず、右手に進む。すぐに男岳と横岳を繋ぐ稜線に到着、ムーミン谷を覗き込むと真っ白。
急斜面を少し下ったところで家内が、こんな何も見えない急斜面を160mも下って、また登り返すのはイヤだといい始める。
 
10:01 1535m 引き返し 色々言葉を変えなだめたが、結局ムーミン谷は諦めることにし、7年前と同じ男岳から横岳への道を歩むことにする。
 
10:35/10:56 1623m 男岳(おだけ) 相変わらず濃い霧に包まれている。岩陰で風を避けて休憩。
稜線を戻り始めると時々左手のガスが切れるようになり、阿弥陀池も時々姿を現すようになってきた。
横岳へ続く稜線は両側が切れ落ちていてちょっとしたアルペンムードも楽しめる。そのうちに右手のムーミン谷の方も時々ガスが切れるようになってきた。横岳近くまでくると予定していたムーミン谷と大焼砂の登山道も見えてきた。(やっぱり行けばよかったと多少の悔やみも、、、)
この稜線歩きでは3人すれ違ったのみで静かだった。

11:49 1583m 横岳 数人の登山者が休憩していた。ここから少し火山礫登山道を進むと焼森山、その手前の左手にコマクサが点在している。

12:05/12:12 1556m 焼森山 山頂はのっぺらで風が強い。火山礫の登山道を少し下ると潅木帯に入り、風も治まる。
 
12:25/12:58 1432m ランチ 小さな沢に出たところに適当な場所があったので、ここで昼食タイムとする。湯を沸かしてカップ麺を食べ、ドリップコーヒーを入れてのんびりする。

13:17 1304m 八合目 無事下山できました。

<沿面距離:7.6km、累積高度:±940m>

13:30発のバスに乗りアルパこまくさへ14時前に帰着。
アルパこまくさの温泉に入ってから明日の姫神山登山に向けて朝来た道を戻る。45号線で岩手県に入り、雫石、滝沢を抜け、八幡平市に入ったところにある道の駅にしねに到着、途中、明日登る予定の姫神山が端正な姿で出迎えてくれた。道の駅にしねで明日雨が降らないことを祈りつつ車中泊する。

    秋田駒ケ岳GPSログ
画像


    アルパこまくさのバス待ち行列
画像


    8合目駐車場
画像


    ニッコウキスゲの大群落
画像


    阿弥陀池へ続く木道
画像


    色とりどりのお花
画像
 

    ムーミン谷へ下る斜面
画像
 
      
    秋田駒ケ岳男岳山頂
画像


    左手に阿弥陀池が見えてきた
画像
 

    ムーミン谷と大焼砂も見えてきた
画像


    横岳山頂
画像


    焼森山山頂を望む  
画像


    コマクサ
画像


     
7月23日(水)
5時前に起床、道の駅の近くのコンビにでおにぎりなどを調達し、カーナビ頼りで姫神山登山口の一本杉へ向かう。天気は今にも降り出しそうな様相。
近くまで行くと一本杉登山口第一駐車場という看板があったので入ってみたがどうも様子がおかしい。山用のGPSで確認してみると登山口はもう少し先のようだ。少し進むと第二駐車場の看板があり、広い駐車場とトイレ小屋があった。
出発の準備をしていると岩手ナンバーの車でやって来た同年代の男性登山者が先に登って行った。

6:22 509m 一本杉登山口 少し小雨がぱらつき始めた中を出発、少し進むと立派な杉の林に入る。一本杉と命名された杉もあったがそれほど目立たなかった。登山道は丸太を使って階段状に整備されていてまるで遊歩道のようだ。
5合目近くなると杉林から白樺に代わる。

6:56 730m 5合目 ここからは尾根を登る。

7:23 904m 8合目 ここで右手からくる尾根と合流し更に尾根を登って行く。9合目辺りから大きな岩の間を進むようになり、潅木の間を抜けると山頂部に飛び出す。

7:54/8:06 1123m 姫神山山頂 風が強く、遠くの山々も見えない。お花もほとんど咲いていないので早々に下山開始。

7:23 904m 8合目
 
8:52 730m 5合目

9:18 509m 一本杉登山口 今日も無事下山できました。天気が悪く、時期も良くなかったのかもしれないが、期待していたほどのお山でなかったのが残念でした。

<沿面距離:5.4km、累積高度:±730m>

    姫神山GPSログ
画像


    一本杉登山口(小屋に登山届け入れがある)
画像


    5合目
画像


    8合目
画像


    姫神山山頂
画像


    姫神山遠望
画像

この記事へのコメント

kame
2014年09月01日 20:28
ムーミン谷なんて洒落た所があるんですね。
時間ができれば東北の山旅は優先順位高く是非いってみたい場所です。
ファントム
2014年09月01日 22:19
kameさん
コメント有難うございます。久しぶりの更新となってしまいましたが、歳相応に元気にやっています。
東北の山もアチコチ行きましたが、秋田駒ケ岳は手軽に登れるし、高山植物も綺麗で本当にいい山です。ムーミン谷(しゃれた名前ですよね)もお花の宝庫のようで、できれば再チャレンジしたいと家内も云っています。

この記事へのトラックバック