マイアで滑り込み

キャンピングカーも復活し、冬山での車泊の予行も兼ねて今日(20日)開田高原マイアスキー場で滑り込んできました。

  マイアスキー場基部から(ガラ空き)
画像


  滑走記録
画像


前夜、夕食後キャンピングカーで出発、道の駅木曽福島で車中泊する。予行演習なのに早速、マスク(車内で睡眠中に喉が渇くのを防止するため)を忘れた。それから一酸化炭素警報器が動作しなくなっているのを発見した。
今朝は6時前に道の駅を出てマイアスキー場の駐車場へ6時半に到着、湯を沸かしてインスタントスープとコーヒーを入れ、サンドイッチの朝食をとる。
気温が高く、曇り空で御岳山の上部は見えない。リフト1日券(平日は2000円と安くて助かる)を購入して、GS用のスキーで滑走開始、運航しているのは第一クワッドリフトのみ、殆ど緩斜面だがシーズン初めの練習には持って来いだ。
雪質は少し湿り気を帯びてエッジにねちっこくまとわりつく感じだ。
空いているので、高速大回りでとばす。10本滑ったところで休憩、いったん車に戻り、アトミックブルースターに履き替えて滑り始めたが霧雨が降ってきたのでセンターハウスへ逃げ込んで早めの昼食をとる。
12時に滑走再開、霧雨はなくなったが、コースの途中に濃い霧が発生した。
13時半に20本滑ったところで滑走終了。
GPSの記録を見ると全移動距離は70kmを超えているので少なくとも半分の35km以上は滑走しているはずだ。いい滑り込みができた。
実は15日にもチャオ御岳で滑走したが、この時は700mのリフトのみ運行していて、これを30回、全移動距離46km、従って滑走距離23kim以上滑り込めた。
ボツボツ山スキーエリアに入りたいなー!

  ゲレンデ状況(まだまだ雪が少ない)
画像


  ブルーダイヤモンドコース(雪はあるようだが未だ閉鎖のまま)
画像
  

  第2高速リフト乗り場と回転レストハウス ティーホーン
画像


  ピステンの整備をしていた(数千万円するらしい)
画像


  センターハウス内もがら空き
画像
  

  午後はコース途中に濃霧発生
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック