木曽御岳山へ登ってきました

9月3日(日)、今年も木曽御岳山へ登ってきました。

  今日の最高点 摩利支天分岐2937m
画像


昨年の7月に続き今年も御岳山へ登ってきた。昨年は御岳ロープウェイを利用してのラクチン登山だったが、今年は少し心を入れ替えて中の湯から登ることにした。しかし、(5km、30分のジョギングを週3回程度したり等の運動は続けているものの)ヘロヘロになってようやく登山口へ帰りつく有様で、一層の体力低下の現実を厳しく突き付けられた山行となってしまった。

5:42 1820m 中の湯登山口
6:21 2125m 御岳ロープウェイ分岐
7:09/7:16 2470m 8合目女人堂 ここまで来てようやく視界が開ける。乗鞍岳南面に眼光鋭い三角頭の怪人(?)が出現したように見えて面白い。
8:25 2926m 剣が峰分岐 噴火警戒レベルは”1”に引き下げられたものの登山道などはまだ荒れ果てたままで剣が峰への道も閉ざされていた。 
8:33 2909m 二の池 二の池は相変わらず白く濁っている。二の池小屋は既に解体されていて、建て替えのための基礎工事の最中で、小型の重機や多量の資材が運び込まれていた。
8:55/9:09 2883m 摩利支天下避難小屋横 三の池を見下ろしながら休憩、剣が峰も遠望できるが噴煙は確認できず。
9:18 2937m 摩利支天分岐 ここが本日の最高点
9:40/9:44 2802m 飛騨山頂神社 飛騨側から登ってきた傘を被りズック靴に草鞋を付けた若者が真剣にお参りしていた。近くの五の池は水溜まり程度に小さくなっていた。
10:07/10:17 2720m 三の池 ここの水は澄んでいた。休憩。
11:25 2470m 8合目女人堂 三の池からのトラバース道はアップダウンもあって結構長く感じた。
11:54 2125m 御岳ロープウェイ分岐
12:29 1820m 中の湯登山口 ヘロヘロになってようやく帰着、兎に角疲れた!

<GPSログ>
 沿面距離:13.2km
 累積高度:±1390m程度
画像

画像


  出発時の中の湯登山口
画像


  八合目女人堂からの山頂方面
画像


  八合目から北方を望む 乗鞍南面に怪しげな眼?
画像


  八合目から東方は雲海
画像


  九合目石室山荘
画像


  剣が峰分岐 通行止め
画像


  二の池
画像


  二の池から剣が峰を望む
画像


  二の池小屋は基礎工事中
画像


  賽の河原から摩利支天を望む
画像


  摩利支天下避難小屋から剣が峰を望む
画像


  摩利支天分岐から乗鞍、槍穂高を望む
画像


  摩利支天分岐から継子岳と五の池小屋を望む
画像


  五の池小屋と飛騨山頂神社
画像


  五の池は小さな水溜まりほどの大きさに
画像


  三の池
画像


  三の池正面
画像


  三の池の水はきれいだった
画像


  八合目へのトラバース道分岐
画像


  トラバース道の急斜面の階段 補修が施されている
画像


  トラバース道はこんな所も横切る
画像


  ようやく八合目へ戻った
画像


  中の湯は営業していないようだ
画像


  下山時の中の湯登山口は車が増えていた
画像


  途中で見た花
画像
  
画像

画像


  八合目より上のナナカマドの実は真っ赤
画像

この記事へのコメント

kame
2017年09月04日 22:10
御嶽山、行かれたんですね。
自分は最近いろいろあり山へは出不精になってしまっています。
週3回、5キロ、キロ5分、この湿気がある夏場に凄いと思います。
ファントム
2017年09月05日 21:51
kameさん
コメント有難うございます。
御岳山は比較的近くて高山気分を味わえるいい山で、何処へ行こうか迷ったときには、ここへ落ち着くことが多いです。
キロ6分のジョギングを時々やってはいても、悲しいかな体力低下は明白です。こんなジイサンですが宜しければどこかのお山へ行きましょうか。
maoyuki
2017年09月06日 19:04
こんばんは。コメントします。
キロ5分でも6分でもどちらでもいいんですが
その僕がランニング9キロ1時間、Ave7分弱です。
それでも登山となると限界に近い登高時間を出して頑張ってます。僕より上の方が体力低下なんてまだまだ言えるレベルではないはず。
ファントム一家と勝負したいです!
ファントム
2017年09月06日 21:29
maoyukiさん
温かい叱咤激励のコメント有難うございます。
F一家のご隠居さんになりつつある身ではありますが、せめて気持ちだけでも強く持っていこうと思います。
ところで、最近のmaoさんとお姫様の山行レポ、一層過激さを増して益々別次元の世界へ行かれてしまったようで、勝負なんて滅相もございません。
こんなジイサンではありますが、どうぞ、これからも従前同様楽しく遊ばせて頂ければ幸いです。

この記事へのトラックバック