御在所岳、鎌ヶ岳へ登ってきました

快晴の10月27日(金)、鈴鹿山脈の御在所岳と鎌ヶ岳を周回して1か月ぶりの山歩を楽しんできた。紅葉は高い所では色づいてはいたが見ごろはもう少し先か?

  御在所岳山頂
画像


以前勤めていた会社のスキー仲間から、イワナを食べる会を27日やるからと誘ってもらった。場所は御在所岳の麓にあるスキー仲間の別荘、二つ返事で参加させてもらうことにした。
悪天続きの中で27日は好天予報、折角鈴鹿方面に行くのだからどこかお山へ登りたい。最初に選んだのは武平峠から雨乞岳へ登り、杉峠へ下ってコクイ谷を登り返して武平峠へ戻るコース。しかし、前夜何気なく道路の状況をチェックすると、何と武平峠へ続く鈴鹿スカイライン(国道477号)が通行止め、慌てて計画を練り直す羽目になってしまった。
下山後の行程も考え、御在所岳へ登り、これに30数年ぶりとなる鎌ヶ岳を加えることにした。

27日は5時にフィットで家を出て、6時半に鈴鹿スカイラインに入るも予想に反して随分下の方で通行止めになっていた。一旦御在所ロープウェイ駅の方へ下って旧道を進んで行くと中道登山口近くのスカイラインに合流する所まで行くことができた。登山者用駐車場にもまだ空きがあって助かった。

6:51 554m 登山者用駐車場
6:55 566m 中道登山口
7:42 913m 6合目(キレット上部)
8:35 1181m 山上公園
8:52/9:30 1212m 御在所岳山頂
10:10/10:15 877m 武平峠
11:04/11:30 1161m 鎌ヶ岳山頂 三ツ石谷経由で下るつもりだったが、ここを登ってきた登山者達から登山道が荒廃していて危険と聞かされたので登りと同じ道を辿り下山
12:09 877m 武平峠
12:14/12:50 817m 武平峠下河原 湯を沸かし、カップ麺とドリップコーヒでゆっくり昼食休憩した。
13:34 554m 登山者用駐車場

<GPSログ>
 沿面距離:11.2km
 累積高度:±1161m

下山後、湯の山ロッジで汗を洗い流し、スキー仲間の別荘へ15時過ぎに到着、別の仲間が飛騨の山中で釣り上げ冷凍保存してあったイワナを焼き始めていた。参加者8名全員が揃い宴会開始頃には暗くなり始めていた。
焼肉、ホルモン焼、芋汁、ビール、焼酎、日本酒、ワイン・・昔話に花を咲かせながら深夜まで宴会は続いた。
翌28日は朝から雨、朝食、昼食まで頂いてから解散、、楽しかったです。

画像

画像


  駐車場へは旧道から進入する
画像


  スカイラインが左に曲がるところが中道登山口
画像


  おばれ岩
画像


  地蔵岩
画像


  色付き初めの紅葉と鎌ヶ岳そして久しぶりの青空
画像


  6合目のキレット(ちょっとした岩場を10数m下る)
画像


  こんな岩も(1100m付近、御在所岳には奇岩が多い)
画像


  山上公園とスキー場、正面に御在所岳山頂
画像


  山頂手前からロープウェイ駅方面(ドームは気象レーダ)
画像


  御在所岳山頂広場(観光客はここまで来れる)
画像


  望湖台から雨乞岳(ここへ登るつもりだったのに!)
画像


  鎌ヶ岳を望みながら武平峠へ下る
画像


  武平峠
画像


  三ツ口谷分岐から御在所岳
画像


  鎌ヶ岳山頂
画像


  鎌ヶ岳南面
画像


  1020m付近から振り返る(高くはないが格好いい山だ)
画像


  武平トンネルも閉鎖されている
画像


  車の通らないスカイラインと山頂駅
画像


  旧道へ出た 駐車場はすぐ近く
画像


  スキー仲間の別荘(450坪あるらしい)
画像


  焼いてます
画像


  酔っ払い爺さん達
画像


  骨酒も
画像

この記事へのコメント

kame
2017年10月30日 20:14
こんばんは、山に引き続きお酒を深夜までたしなみ元気もりもりで、冬の準備万端ですね。
今年の鈴鹿は紅葉はどうなんでしょう、自分も行きたいです。
ファントム
2017年10月30日 22:29
kameさん
コメント有難うございます。
久し振りの鎌ヶ岳、もっと簡単に登れたような気がしましたが、、
紅葉の方はまだ十分色づいていなくて少し早い感じでした。11月に入ればいい感じになると思います。

この記事へのトラックバック