野麦峠スキー場と乗鞍富士見沢

1月19日に野麦峠スキー場、20日に乗鞍富士見沢で滑ってきた。野麦では今季初の高速練習ができてよかった。乗鞍では滑り台取付き辺りからそれまでの穏やかな天気が急変、強風、悪視界、気温低下での滑り出しとなった。2日前の大雨の影響は標高2000m辺りまで残っていた。

位ヶ原(この時点では穏やかだったのだが、、)
画像


1月19日(金) 
6時前にキャンピングカーで出発し、9時に野麦峠スキー場へ到着、、平日のスキー場はがら空きで若い人は地元の小中学校のスキー実習の生徒と指導員等関係者のみの感じだ。滑走コースはキレイに整備されていたことも相まって高速滑走の練習はできたが、スキー場の経営が心配になるほどだ。皆さんスキー場へ行きましょう!
4時間ほど滑ってからマウント乗鞍スキー場へ移動した。

野麦峠スキー場トレーニングバーン
画像


峰の原ゲレンデトップから(左乗鞍、右穂高)
画像


1月20日(土)
珍しく風もない穏やかな朝を迎えたが、マウント乗鞍スキー場の第3駐車場は2日前の雨でスケートリンクみたいに凍っている。真っ青な空に真っ白な乗鞍の峰々が眩しい。

<メンバー:用具>
 Okajiroさん:ディナフィット・バルトロ、ディアミール、ディナフィット
 ファントム:ディナフィット・マナスル、TLTピードラジカル、スコット・コスモス 

<行程>
 ツアーコース入口9:15-10:34位ヶ原急斜面上10:48-11:45滑り台トップ11:55-12:02富士見沢ドロップポイント12:05-12:23位ヶ原山荘横(昼食)12:41-13:09カモシカゲレンデ13:09-13:15第3駐車場
<GPSログ>
 沿面距離:13.6km
  累積高度:+1230m(標高差:+816m)
         -1653m(標高差:-1221m)
画像

画像


今日、マウント乗鞍スキー場で準指導員養成講習会(?)が開催されるようで基礎スキー界のお歴々(?)が大勢来ていた。
リフト3本乗り継ぎツアーコース入口へ到着、シールを付ける。

9:15 1973m ツアーコース入口 2日前の雨は標高2000m付近でも雨だったようで入口急斜面付近にも大きな雨溝が残っている。凍った雪の上にその後少し降った雪がしっかり付着しているためシールは良く効く。ここは右の谷から登ったが、先頭グループだったため問題なく登れた。
入口急斜面を登り切ったところでアウターを脱ぐ。
ツアーコースは固い雪面の上に数cmの軽い新雪が積もっているのみ。今回も絶好調のokajiroさんの後に付いて登っていく。
いつもなら休憩する入口急斜面までスンナリ来たので、そのまま急斜面も登ることにする。
 
10:34/10:48 2437m 位ヶ原急斜面上 途中で抜かれたスキーとスプリットボードの若者2人が休んでいたので我々もここで腰を下ろして休憩、彼らも富士見沢狙いとのことだった。
厳冬期はいつも強風荒れ狂う位ヶ原でこんな穏やかな天気に巡り合うなんて今まであったかな~なんて話しながらの休憩だ。あまりにも穏やかなのでまだ早いかなと思いつつ念のためここでアウターを着込み、手袋も高山仕様に替えておく。
位ヶ原下部にはシュカブラができ始めてはいるがまだ小さい。真っ青な空に純白のドレスをまとった乗鞍の連山、風もほとんどないない位ヶ原をルンルン気分で登っていく。ところが、11時を過ぎて滑り台登り口辺りから急に強風が吹き始め、気温もぐんぐん下がってきた。先を登っていくかの若者2人組の姿も時々消えてしまう。
滑り台の雪質は固い雪面の上に数cmの柔らかい雪が付着している状況でシールも良く効き、ほぼ直登できた。シュカブラもなかった。

11:45/11:55 2789m 滑り台トップ下 富士見沢狙いなので滑り台トップを左から巻いて旧コロナ観測所へ続く道路へ出ると、北西からの強風に晒された。少し戻って岩陰でシールを外し、ヘルメット、ゴーグルの滑走形態に変更する。 
道路は石の路面が露出しているところもあるのでスキーを手に持って慎重に歩いて下る。

12:02/12:05 2758m 富士見沢トップ 下が見えず、斜面の状況がよく判らない。上部はスピードを落とし慎重に下る。雪の状態は深雪はなく、滑り台と同じような状況、もちろんシュカブラも全くない。
2600m辺りまで滑り降りるとよく見えるようになってきた。okajiroさん、水を得た魚のようにすっ飛んでいく。古希ジイサンは慎重に滑り降りた。
エコーラインで先の若者二人が位ヶ原まで登り返すと云ってシールを張っていた。我々は鳥居尾根コース狙いで来たのでそのまま下る。

12:23/12:41 2350m 位ヶ原山荘横 建物の陰で風を避け、スキーを脱いで昼食タイムとする。標高で450mほどの違いだけで、雲泥の差、ここは天国と思えるほどだ。
流石にこの辺りの森林帯にはフカフカ雪も残っているが、樹から落ちた硬い雪の塊が中に潜んでいたりしていて濃い樹林帯の滑走はジイサン隊には危険と判断し、バス道を下ることにする。幸い雪はよく滑り、ストックで漕いだのはスキー場近くの平坦部のみだった。しかし、標高1900m辺りの雨溝は深さが10cm以上、1m位の間隔で並んでいてしかも日陰のためカチカチと凄かった。

13:09 1906m カモシカゲレンデ中段 無事スキー場へ戻ってきました。後は整備されたスキー場を適当に滑り降りた。

13:15 1568m 第3駐車場 無事下山できました。okajiroさん今回も有難うございました。

朝の乗鞍(山頂部が朝日に輝いている)
画像


スケートリンクと化した第3P
画像


乗鞍全景(空は真っ青、ヤマボウシリフト乗り場から)
画像


かもしかゲレンデの雨溝
画像


ツアーコース入口(早くもokajiroさん登り始める)
画像


5番標識上
画像


位ヶ原下急斜面(山荘の標識は外してあった)
画像


位ヶ原から上はスキー跡は殆どつかない
画像


滑り台トップ(天国から地獄へ)
画像


富士見沢トップ(先が見えない!)
画像


富士見沢中段でようやく見えてきた
画像


下界は快晴無風
画像


富士見沢上部は雲の中
画像


やはり上だけ悪かった
画像


位ヶ原山荘到着(穏やかだ!)
画像


ここで昼食タイム
画像


位ヶ原山荘下の樹林帯
画像


冷泉小屋
画像


カモシカゲレンデへ飛び出した
画像


お疲れ様! 第3Pへ無事下山
画像


上部は雲の中
画像

この記事へのコメント

kame
2018年01月21日 18:48
駐車場ツルツルですね。雨が降ったので、上はアイゼン必須かと思ってましたが、それほどでもなく楽しめたようで良かったです。
晴天から一気にガスがかかってしまう山の天気は怖いです。引き続き安全登山ご同行お願いします。
ファントム
2018年01月21日 22:07
kameさん
コメント有難うございます。
滑り台トップまでシールが良く効いて登りは楽でした。しかし、あの天候の急変ぶりには本当に驚かされました。
山では一刻たりとも気を抜いてはいけないという良い教訓となりました。
Okajiro
2018年01月22日 03:41
位が原までは陽がさし風もなく快適で初体験でしたが、富士見沢トップの天候急変で天地が判りづらく斜度が読めなかったのにはビビりましたね❗バス道の下りも最初は快適だったのにカモシカGに近付くにつれ洗濯板のような雪面にもやられましたね!お疲れ様でした!
ファントム
2018年01月22日 21:12
okajiroさん
コメント有難うございます。
上部のガスの中もさることながらエコーラインの最後の洗濯板には参りました!
明後日から斑尾へ行ってこようかなと思っています。

この記事へのトラックバック