今年も乗鞍サミット参加

12月22日、23日にかけて乗鞍大好き人間が集う乗鞍サミットに参加させて頂いた。

23日吹雪の中ミニハイクに出発
画像


<行程>
22日(土)
10:33 1800m 休暇村第2リフト降り場
11:33 1970m カモシカゲレンデトップ
14:07 2388m 位ヶ原山荘分岐
14:19/14:39 2433m エコーライン
14:55 2351m 位ヶ原山荘

23日(日)
10:20 2351m 位ヶ原山行
11:11/11:34 2507m 富士見沢下部
12:00/13:05 2351m 位ヶ原山荘
13:40/13:46 1816m カモシカゲレンデ基部
13:53 1567m 第3駐車場

<GPSログ>
沿面距離
 1日目 5.1km
 2日目 12.3km
累積高度
 1日目 +673m/-109m
 2日目 +260mm/-1322m
行程
画像

高度ログ
 1日目
画像

 2日目
画像


暖冬雪不足の今冬、開催されるのか不安だったが直前に降った雪で何とか催行されることに。
参加メンバーは「乗鞍大雪渓」管理人のY田さん、常連のH谷夫妻、kameさん、okajiroさん、kazuさん、そして「乗鞍大雪渓」を愛読されていて今回初参加のU田さんにファントムの計8名
この他、差し入れを持った常連のクスミンさんがカモシカゲレンデ下部まで付き合ってくれた。

毎日が休日のリタイヤ組は前日21日の夜に現地入りして乗鞍第3Pで車中泊したが夜半、強烈な雨音に起こされた。出発する頃にはどうにか雨は治まってくれたがゲレンデ整備とかでリフトが中々動かず、大分待たされてから初めに運転開始した休暇村の第1、第2リフトを乗り継いでカモシカゲレンデ基部まで楽々移動した。
カモシカゲレンデの雪は大分増えていたが昨夜の雨で雨溝ができ、水分をたっぷり吸いこんだ超重雪になっていた。
ツアーコースも登るには支障ない程度に積雪も増えてはきたが、まだ地形が残り藪も酷く滑走はまだ厳しそう。6番標識付近の谷もまだ深かった。
位ヶ原下急斜面はまだ隙間がない位の藪だらけだった。位ヶ原山荘への道筋は赤布が短い間隔で吊るしてあり間違う心配はない。
エコーラインへ抜ける頃には気温も下がってきて雪表面も凍ってきた。しかも強めに力をかけると割れる手強いモナカ雪状態、位ヶ原山荘までのエコーラインの下りで普段転倒などしたことのないメンバーもやられていた。途中からの穂高や富士見岳などの眺めも良かった。
位ヶ原山荘へ到着し、早々に色んな酒が並び宴会開始、山スキー談義やその他諸々の話で盛り上がる。そんな中でもY田さんは担ぎ上げたパソコンで今日の「乗鞍大雪渓」の記事を書き発信してる。本当に頭が下がります。
鹿鍋などの夕食を美味しく頂いた後も消灯時刻まで宴会は続いた。(私以外の)皆さんお酒も強い。

2日目、最初は山荘の窓から屋根板の尾根も見えていたのに7時頃には強風が吹き雪も降ってきた。荒れた天気と昨日のエコーラインの氷結状況から今日は上ヘは登らずエコーラインを滑り降りるつもりでストーブの周りでのんびり過ごしていると、「これでは記事にならない」とお考えになったかどうかは分からないが「外は新雪が数センチ積もっているよ」と誘いをかけるY田さんの一言で「チョットだけよ」と皆動き出す。
ザックは山荘において富士見沢の下部を少しだけハイクアップしてみる。硬い層の上に3~5cmの粉雪が積もっていてスリッピーな状態、途中でスリップしてスキーが外れてしまい、壺足になったら氷層が割れて蟻地獄状態になってしまった。これで一汗かいた。
滑走もまだ藪が濃いので楽しいところはほとんどなし。
一旦山荘へ戻り、昼食のうどんを頂いてからエコーラインを滑り始める。硬くなった前日の深いトレースの上に数センチの新雪が積もっている。硬いレールに足をとられないよう気を付けながら下る。良く滑る雪だったのであまり手漕ぎも必要とせず助かった。最後のカモシカゲレンデはまだオープン前で水分たっぷりの重雪が20cmほどズタズタに切り裂かれた状態で残っている。気持ちで負けないよう気合を入れて滑り下り、ベースで皆の到着を待つ。後はユートピアゲレンデを一気に滑り降りて無事第3駐車場へ下山できた。

天候や雪にはあまり恵まれなかったものの、今回も素敵な新しい出会いもあり楽しく充実した乗鞍サミットとなりました。皆さん有難うございました。

休暇村第2リフト降り場でシール装着
画像


カモシカゲレンデは超重雪
画像


そして雨溝もくっきり
画像


ツアーコース入口
画像


入口急斜面中段
画像


2番標識から俯瞰 地形も藪も残っている
画像


5番標識で休憩
画像


6番標識付近の深い谷
画像


位ヶ原下急斜面はまだ密林状態
画像


位ヶ原山荘分岐
画像


赤布を辿るとエコーラインへ、登りは終わり
画像


エコーラインにはトレースが一本、先には高天原
画像


お疲れ様!あとは下りのみ
画像


エコーライン越に槍穂高
画像


摩利支天、富士見岳、大黒岳
画像


位ヶ原山荘到着
画像


沢山並んだ!
画像


富士見沢下部も藪々
画像


プチハイク終了
画像


さー下山しましょう
画像

この記事へのコメント

maoyuki
2018年12月25日 19:57
こんばんは。
サミット参加ご苦労様でした。
自分は出勤で行けなくて残念してました。
もっと雪欲しいですね。
年始は乗鞍に出撃予定です。
今シーズンこそどこかでやりたいですね・・・
ファントム
2018年12月25日 21:50
maoyukiさん
今回は天候に恵まれなかったこと、maoさん他欠席された方が多かったこと等もあってやや低調な感じでした。それでも初参加の方も加わり、それなりに楽しめました。
雪はもっともっと欲しいですね。この週末の大寒波に期待したいところです。
私も年始のどこかで出撃したいと思っています。今季も宜しくお願いします。
kame
2018年12月26日 12:38
二日間ありがとうございました。
天候悪く雪少なくでしたが真の目的(飲むこと)は達成できて良かったです。年長三人の方の体力もさることながら、酒の方も強くてついていけません(笑。
今シーズンもよろしくお願いします。
ファントム
2018年12月26日 20:43
kameさん
こちらこそ有難うございました。山スキーとしては必ずしも十分ではありませんでしたがサミットとしては満足でしたね。
私以外は皆さんお酒も強い!
今季も宜しくお願いします。

この記事へのトラックバック