11月2日(土)恵那山山歩

11月2日(土)、100名山恵那山へ黒井沢登山口から登ってきた。紅葉はカラマツの黄色が印象的だった。黒井沢からの入山者は多くはなかったが広河原や御坂峠からの登山者で山頂や山頂小屋周辺は相変わらず賑わっていた。

周囲は何も見えない恵那山山頂の櫓
DSCN7827.JPG

天気も良さそうなので体力作り(体力低下を少しでも減らそうとするジイサンの空しい悪足掻き?)しようと比較的近場の恵那山へ登ってくることにした。

<行程>
6:10 1175m 黒井沢登山口
7:48/7:54 1716m 野熊の池
9:40 2167m 恵那山山頂小屋
9:49/9:54 2189m 恵那山山頂
10:00/10:40 恵那山山頂小屋
11:56 1716m 野熊の池
13:23 1175m 黒井沢登山口
 
<GPSログ>
沿面距離:15.4km、累積高度:±1215m(標高差:1014m)
GPSログ恵那山.jpg
恵那山GPS高度ログ.jpg

黒井沢登山口までは細く曲がりくねった長い林道を走行せねばならないのでキャンピングカーではなく小回りの利くフィットで行くことにする。

4時20分に家を出てコンビニで買ったおにぎりを頬張りながら中津川ICで高速を降り真っ暗な黒井沢林道を走行、明るくなり始める6時前に登山口の駐車場へ到着、先行車は2台、6時頃親子2人組が出発していった。

登山口ゲートをくぐり、しばらく林道を進む、1kmばかり進んだ左手の急な尾根の木立に赤テープがいくつも付けられていて紛らわしい。30分ほど進んだ休憩小屋のところでアウターを脱ぎリュックにしまう。ここから本格的な登山道が始まる。
急登を登り切った先の野熊の池で小休憩、ここからは傾斜が緩くなりしばらく黄色に色づいたカラマツ林が続く、1992ピークを過ぎると30mほど下る。山頂下斜面のトラバース道に入ると大きな石ころの道になり歩きにくい。水場を過ぎると山頂小屋が近い。
トイレの横を抜け山頂小屋前へ出る。小屋前には既に20人ほどの登山者が休憩している。ここで休まず恵那山山頂へ向かう。登っても周囲が見渡せない櫓へも取り敢えず登っておこう。写真を撮っただけで山頂小屋へ戻る。
山頂小屋前でコンロで湯を沸かし、お決まりのカップラーメンを頂く。荷物を片付けてから小屋裏の岩山によじ登り視界の開けた東方の山々を眺めた。山頂部を白く雪化粧した南アルプスの峰々が薄く見える。富士山も頭を聖岳の右に覘かせている。
下りは紅葉を愛でながらのんびり降りることにしよう。標高2000m付近より上はトウヒなどの落葉しない針葉樹が主体で緑色ばかり、1750mの野熊の池辺りより上部はカラマツが多くその黄色が美しかった。ここより下は色んな樹木が混じった原生林で赤、橙、黄、緑が混ざり合い見ごたえがあった。
下山後も駐車場の車は10台程度とあまり増えていなかった。距離の短い広河原ルートや途中の眺めの良い御坂峠ルートに比べ、距離も長く、途中の眺望もあまり望めないが、静かな山旅を楽しむにはこの黒井沢ルートもいいところだ。
16時前には無事帰宅できた。少しは体力低下を防ぐことができたのかな?

黒井沢登山口(ピンぼけで済みません!)
DSCN7805.JPG

標高1360m地点にある休憩小屋
DSCN7813.JPG

野熊の池
DSCN7817.JPG

途中の水場 冷たくて美味しい
DSCN7821.JPG

恵那山山頂広場
P_20191102_095222.jpg

山頂の櫓から山頂広場
DSCN7824.JPG

恵那山山頂小屋 右後ろの岩山から東方の視界が開ける
DSCN7822.JPG

岩山から山頂小屋を見下ろす
DSCN7828.JPG

遠く南アの峰々 左から甲斐駒、仙丈、北岳、間ノ岳・・
DSCN7829.JPG

緑の中の橙色
DSCN7832.JPG

ヘブンス園原の山上広場も見える
DSCN7840.JPG

カラマツの紅葉
DSCN7844.JPG
DSCN7845.JPG
DSCN7850.JPG

野熊の池の上もカラマツ
DSCN7815.JPG

野熊の池避難小屋
DSCN7861.JPG

下部の紅葉
DSCN7869.JPG
DSCN7873.JPG
DSCN7877.JPG
DSCN7881.JPG





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kame
2019年11月04日 15:42
こんにちは、山行き回数が増えて来て恵那山の中では長距離コースお疲れ様でした。こっそりランニングと合わせ冬に向けて順調のようで良かったです。来るシーズンもよろしくお願いします。
ファントム
2019年11月04日 22:30
kameさん
コメント有難うございます。
地味にトレーニングはやってはいますが、年々体力は低下していくばかり、極力皆さんにご迷惑をおかけしないよう頑張りたいと思いますので今季も宜しくお願いします。