50年ぶりの立山スキー

11月29日、30日に最終営業日のホテル立山に泊まり、初滑りを楽しんできた。初日はややガリガリ斜面だったが翌朝は深い所で50cmほどのフカフカ新雪が積もり素晴らしいシーズンインとなった。

楽しかった! 雄山を背に帰ります
DSCN7970.JPG

立山は50年ほど前の数年間、黄金週間に地獄谷の山小屋(今は有毒ガスのため立ち入り禁止エリアとなっていて小屋も跡形もなく撤去されている)に泊まってスキー合宿をしていたことがある。以降20数年前の夏山に1回行っただけで人出の多さにすっかり足が遠のいてしまっていた。
今回クスミンさんの取り計らいでホテル立山の今季最終営業日の宿泊予約がとれ、最後のチャンスと思い、参加させてもらうことにした。

前日、風邪っぽい状態のままキャンピングカーで出発、18時前に扇沢の登山者駐車場に到着。風邪薬と栄養ドリンクを飲んで19時には早々に就寝した。

29日(金) 
夜半に小雪が舞ったようで駐車場付近も薄っすらと雪化粧している。風邪の方は小康状態で何とか行けそうで一安心。
扇沢から立山へ入るのは初めて、8:30発の関電トンネル電気バスから黒部ケーブルカー、立山ロープウェイ、立山トンネルトロリーバスを乗り継いで10時に室堂へ到着。今回の参加者6人全員(KGさん、クスミンさん、Kさん、kameさん、okajiroさん、ファントム)が集合。
ホテル立山に不要な荷物をデポし、室堂平へ出る。雪は残念ながらカチカチの上に数cmの新雪が載っているのみ。岩の露出も目立つ。
この辺りの地形を熟知しているKGさんの案内で室堂山荘の東側の斜面を称名川まで滑り降り、渡渉して右岸の尾根に登り上げライチョウ沢方面へ250mばかり滑り降りた所で終了、後はハイクアップしてホテル立山に12時半過ぎに戻った。
後はホテルの部屋で早々と宴会、宴会は夕食を挟んで23時過ぎまで続いた。

30日(土)
朝食を済ませ不要な荷物をデポし8時半に外へ出る。快晴、昨夜の降雪は吹き溜まりで50cmほど、風の通り道は殆ど積もっていない。
今日もKGさんの案内で室堂山荘の東側の斜面でノートラック斜面を頂く。一部底付きもあるが深雪滑走の感覚を思い出す。昨日と同じような斜面を滑走、登り返し12時にホテルへ戻った。今シーズンの滑り出しとしては上々だった。
13:15発のトロリーバスで下山開始、15時近くに扇沢へ無事到着、ここで解散とした。
道具を片付けている頃から風邪がぶり返してきたようで頭が痛くなってきた。帰路堪らず木曽の道の駅で車中泊し、翌早朝帰宅した。

29日
黒部ダムからの立山の峰々
DSCN7898.JPG

室堂到着 雪少ない
DSCN7913.JPG

雪面硬い
5695.jpg

玉殿岩屋の左斜面を滑った
DSCN7931.JPG

30日
ここを滑ろう
DSCN7941.JPG

シュプール
DSCN7952.JPG
DSCN7966.JPG
DSCN7969.JPG

大日岳奥大日岳
DSCN7974.JPG

剣岳も頭を見せた
DSCN7981.JPG

ホテル立山へ戻ろう
DSCN7980.JPG

さらば立山
DSCN7984.JPG

GPSログ 三蔵法師の手のひらの孫悟空状態
GPSログ立山.jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

kame
2019年12月03日 22:06
同行ありがとうございました。
運動はゴルフ中心なのに、どうしてそんなに体力があるんですか?ファントムさんを目指すのはかなりハードルが高いというのが最近解って来ました。
ファントム
2019年12月03日 22:53
kameさん
コメント有難うございます。
今回も色々ご配慮頂き有難うございました。お陰で素晴らしいシーズンインができました。
普段は週2~3回の5kmジョギングと時々近くの里山歩きをやっていますが山行時は只々同行の皆さんにご迷惑をおかけしないようにと必死に付いて行っているだけです。