1月28日野麦峠スキー場でパウダー満喫

1月28日(火)に野麦峠スキー場でパウダーを堪能してきた。

峰の原コースを俯瞰
DSCN8326.JPG

関東地方に大雪予報の出たこの日、非圧雪コースのある野麦峠スキー場もかなりの降雪が期待できそうということで急遽日帰りで出撃することに。ただし、気温も高そうで最悪ただのゲレンデスキーになる可能性もあると考え、山スキー用具とゲレンデスキー用具の両方を積み込んだキャンピングカーで出掛けることにした。
5時前に家を出て19号線を北上、木曽路は予想に反し雨、藪原から県道26号に入ってようやく雪がでてくる有様だった。
スキー場ベースも新雪は10cm程度と悲しい状況、ゲレンデ用スキーにするか迷ったが、取り敢えず山用のセミファット、マナスルで行ってみることにする。
平日シニア1日券を1500円でゲットし、スカイライナーで上がると、まだスカイラビットが動いていなかったので1本下まで滑り降りる。立て水の坂付近に雲の層があり視界が効かなかった。
次にスカイライナー、ラビットを乗り継いでトップに上がり非圧雪のユリワリコースへ行ってみる。上部はカリカリが出ていたが少し下りると底突きなしのクリーミーパウダー、諦めかけていただけに嬉しかった。ここを2本滑った後、隣の非圧雪の峰の原コースへ行ってみるとここも同じような状況、峰の原を5本回したところでレストランハウス樹海で小1時間休憩。ここでGPSのスイッチがOFFになっているのに気付きONにする。
休憩後峰の原を5本、ユリワリとチャンピオンを1本づつ滑って樹海で昼食休憩。
この時右ブーツの第2バックルが無くなっているのに気付いた。ゲレンデ用ブーツは滑走前に固く締め、滑走後は緩めているが、長時間履く山用のブーツは緩めにしている。このため滑走中にバックルが外れ、雪面に引っかかってもげてしまったのだろう。第2バックルが無くてもさほど支障はないか、、
昼食後峰が原を3本、チャンピオン2コースと樹海コースを1本づつ滑ってから下まで滑り降りて終了。
半ば諦めかけていたパウダーを滑ることができたので来てよかった!

ベース 立て水の坂付近に濃い雲の層がある
DSCN8313.JPG

チャンピオン(右)とチャンピオン2(左)
DSCN8314.JPG

チャンピオン中段を見下ろす
DSCN8318.JPG

野麦看板 今日はこんな天気
DSCN8325.JPG

峰の原コースを見上げる ここは広い
DSCN8327.JPG

峰の原コースを見上げる
DSCN8330.JPG

ユリワリコースを見上げる
image.png

GPSログ(休憩後の分のみ)
GPSログ.jpg
GPS高度ログ.jpg

右ブーツの第2バックル紛失
DSCN8332.JPG

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント