今期初山スキーは白馬乗鞍のディープパウダ

1月9日、今シーズン初の、そして昨年1月以来1年ぶりとなる山スキーを白馬乗鞍で楽しんで来ました。

    白乗山頂
画像


    GPSログ
画像


悲しいほどの寡雪の今シーズン、中々山スキーエリアへ入れなかったが、この週末は白馬方面である程度の降雪が期待できそうという予報が出た。早速kamaeさんと連絡をとり栂池スキー場トップから白馬乗鞍山頂を目指すことにした。

前日8日午後、キャンピングカーで出発、信州中央部にある実家へ新年の挨拶を兼ねて顔を出してから白馬へ向かい、途中で車中泊、9日早朝雪の降る中、集合場所の栂池スキー場中央駐車場へ5時前に到着。9日2時に家を出たというkameさんも6時頃到着した。


メンバー:kameさん、ファントム
用具: kameさん-アルマダJJ、TLTスピード、スコット・コスモス
    ファントム-アルマダJJ、TLTスピードラジカル、スコット・コスモス

行程: 栂の森8:44-9:37成城大小屋9:41-11:03天狗原入口11:03-12:33白馬乗鞍山頂12:37-滑走開始13:03-13:26天狗原入口13:26-13:51成城大小屋13:54-14:04栂の森14:12-14:35スキー場ボトム

GPSデータ:沿面距離 11.6km、累積高度 ±1416m (標高差:881m)

1月9日(土) 連休を控えてか栂池高原スキー場中央駐車場は7時頃には満車に近い状況、観光バスからも続々とスキー客が降りてくる。
年末年始の連休にはゴンドラチケット購入、乗車に数時間かかったという話を聞いていたので7時少し過ぎにチケット売り場へ向かう。この早目の行動が功を奏して8:20分頃にはゴンドラ山頂駅を降りることができた。

8:44 1575m 栂池ロープウェイ栂の森駅横 ゴンドラ降り場かからここまで滑り込み、シールを装着、青空も覗く中、他のパーティに続き登高開始、先行者のトレースは栂の森ゲレンデ下部からいきなり林道を目指し藪をショートカットするコースをとっているのでこれを辿る。
林道はノルディックの練習コースになっているようで、きれいに圧雪されていて時折選手がスケーティングで登ってくる。 
林道に入って間もなく横をすいすいと追い抜いていくパーティ、その中に見覚えのあるお顔が、3年前薬師岳の太郎平小屋で同宿した常吉さんだった。
いつものように早大小屋と成城大小屋下の2箇所林道をショートカットする。

9:39/9:41 1833m 成城大小屋 ここまで来ると雪はそれなりに積もっている。小休止してから出発。
しばらくは針葉樹(ツガ?)の狭い間を登る。樹間が広がった辺りからガスがでてきた。小さな木々はまだ埋まりきってはいないものの、それなりに白い斜面が繋がっている。
天狗原入口手前でガスは更に濃くなった。この辺りから両足の付け根(大腿四頭筋の付け根?)が痛くなり始めた。

11:03 2190m 天狗原入口 ガスで先の見えない中、トレースに沿って進む。
新雪は70cmほどあるようでフカフカだ。
2300m辺りからガスが薄くなってきた。
2350m付近の浅い谷を回りこみ山頂平に出る。ここまで来ると真っ青な空がまぶしい。
先行した常吉さんパーティは栂池自然園へ直接滑り降りるようだ。

12:24 2441m スキーデポ地点 山頂平は雪が風で飛ばされて岩やハイ松が一部露出しているのでスキーをデポしてつぼ足で山頂へ向かう。所々足が深く沈みこみ歩きにくい。スキーを履いたまま来た方が良かったようだ。

12:33/12::37 2456m 白馬乗鞍山頂 ようやく到着。背後の船越の頭が美しい。風邪が強くて冷たい。写真を撮って早々に退散する。

12:45/13:03 2441m スキーデポ地点 大岩の影に隠れてシールを剥がし滑る準備をする。
指先の血の巡りが更に悪くなってきたのか手持ちの中で最強の手袋をしてきたつもりなのに両手薬指の先が痛い。
いよいよ滑走開始、クリーミィで70cmのディープパウダ。浮遊感が堪らない。脚の疲れや痛みも忘れ、思わず歓声も出てしまう。
2350m付近で右スキートップがガツンと雪の下に隠れた岩か何かに激しくぶつかって前方に投げ出され大前転をやらかした。雪が柔らかいので怪我はなかったが起き上がるのに苦労した。
外れたスキーを履きなおして滑走再開、写真を撮り合ったりしながら幸福感に浸る。
あまり降りすぎないうちに天狗原入口に向かって右手にトラバースする。

13:26 2190m 天狗原入口 ここまで来て滑り降りた人が多かったようで、天狗原から下の斜面は既にズタズタになっており、しかも雪も重たくなってきた。上部で忘れていた脚の疲れや痛みが一気に出てきた。怪我をしないよう休み休み慎重に滑り降りる。

13:51/13:54 1833m 成城大小屋 ここで小休止してから、巾広く圧雪された林道をそのまま滑り降り、スキー場の栂の森ゲレンデへ飛び出す。
ここから世界が変わる。スキー客に気をつけながら休めそうな場所を探す。

14:05/14:12 1545m カフェテリア栂池前 リュックを下ろしてしばし休憩。
前後がそり上がり、変なサイドカーブのついたアルマダJJは硬い雪の上では左右のスキーがキョロキョロと勝手に動き回って安定した滑りが難しい。所々地面が露出したスキー場を4km以上、休みを入れながら滑り降りる。ここが今日の一番の試練だった。

14:35 824m スキー場ボトム  ようやく到着、もうヘトヘトです。

古希間近のジイサンが山頂まで辿り着き、クリーミィなディープパウダを堪能できたのはkameさんのお陰、毎度の事ながら感謝です!

    ここから登り始める
画像
     

    林道を登る
画像


    成城大小屋下を登る(kameさん提供)
画像

    
    天狗原下を登る(ガスが出てきた kameさん提供))
画像
   

    白乗への登り(濃いガスの中 (kameさん提供))
画像


    2380m付近を登る(ガスが晴れてきた kameさん提供))
画像


    強風の中滑降準備
画像


    白乗大斜面を背にご満悦のkameさん
画像


    白乗大斜面を滑る (kameさん提供)
画像


    スキー場ベース(何とか無事下山できました)
画像

"今期初山スキーは白馬乗鞍のディープパウダ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント