孫2号の初スキー

1月6日(日)に野麦峠スキー場、7日(月)にやぶはら高原スキー場で孫2号のスキーデビューをしてきた。

スキー デビュー
画像


同じ市内に住む長女から孫2号(長女の4歳になる長男)を今年もスキー場に連れて行ってと云う要望があり、休暇村乗鞍に泊まりたいと云う家内の要望とも併せ、スキー場の混雑も納まるであろうこの時期を狙って出かけることにした。孫2号は昨年はソリ遊びだけだったが今年は初スキーにも挑戦させようとあらかじめスキー道具も準備した。
滑るスキー場としては、緩斜面と幼児を抱っこしても乗ることのできるリフトが近くにある所を選んだ。

6日(日)8時前にキャンピングカーで長女と孫2号を迎えに行き、野麦峠スキー場へ昼前に到着、センターハウスでの昼食を挟んで最下部のバンビゲレンデでスキーデビューを果たした。
緩やかな斜面ではあるが10mほどを最初から転倒せずにゆっくり滑り降りたのには正直驚いた。スキーは道具に負う所が大きい、オモチャのパンダスキーでは恐らく転んでばかりいたと思う。リフトにも抱っこして2回乗った。
この日はスキーとソリの両方で遊んで終了、乗鞍高原の休暇村乗鞍へ向かう。

休暇村乗鞍は、リフトが動いていない時期の山スキーの起点として対面の駐車場を利用させて頂いたり、温泉を利用したことは何回かあったが、宿泊するのは初めて。
客室の窓から休暇村ゲレンデ越しに剣ヶ峰や高天原が見えた。

7日(月)、モルゲンロートに輝く剣が峰を孫2号に見せてあげたかったが残念ながら山頂方向は雲の中だった。
9時に外へ出てみると一人の山スキーヤーが下山してきた。お話を伺うと5時前に登りだしたが強烈な風で肩の小屋まで登って引き返してきたとのことだった。
駐車場には除雪用のホイールローダーがあり孫2号は大喜びしていた。
なんだかんだと出発に手間取りやぶはら高原スキー場へ着いたのは11時過ぎ、孫2号は今日はソリはいらないと云い、スキーだけを持って最下部の丸山ゲレンデへ。
昨日より更に長い距離を滑れるようになった。只、まだ2本のスキーを並行にして滑り出し、自然に止まるのを待つだけで自分でブレーキをかけることもできないし、少し斜度があると自力で登ることもできないので後ろから押してやらねばならず大人が付きっ切りで世話せねばならない。
ここでも抱っこしてリフトに乗り、ボーゲンで後ろから抱えるようにし、時々手を放し本人のスキーで滑らせるようにしながら降りてきた。
14時過ぎに終了、帰途につきました。

スキーで滑る楽しさは分かったようで、また行きたいと云う。疲れたが連れて行った甲斐があったと云うものだ。

さあー滑るぞ!(野麦峠スキー場)
画像


スタート!(野麦峠スキー場)
画像


ソリでも滑った(野麦峠スキー場)
画像


客室窓から剣ヶ峰が見えた(休暇村乗鞍)
画像


ホイールローダーは大きいな(休暇村乗鞍)
画像


背中を押してもらいながら登る(やぶはら高原スキー場)
画像


おかあさんと滑る
画像

"孫2号の初スキー" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント