2月はゲレンデスキーばかり

1週目は市民スキー大会、そして2週目は以前勤めていた会社のスキー仲間との温泉スキー、次週は市民スキー大会関連の行事でスキー場行き、そしてその先の週は先輩からの強いお誘いの冬ゴルフ、どうやら2月はゲレンデスキーばかりで山スキーエリアへ入ることがなくなってしまいそう。

ほおのき平スキー場青だれの丘からの乗鞍
画像


2月3日(日)はひだ舟山スノーリゾートアルコピアで市民スキー大会があり、出場した。この大会への参加者は年々減っており、これ以上減少すると開催自体が危ぶまれると云うことで関係者が色々知恵を絞って今年からスノーボードの部もできてエントリ人数は60人を超えた。私もスキーができる間は参加させてもらうつもりです。今年は70歳代の部で出場6名中2位(1位とはずいぶん差があったが)だった。
このスキー場トップからの眺めは素晴らしい。北ア黒部五郎辺りから笠、槍、穂高、乗鞍、御岳まで一望できる。

市民スキー大会コース
画像


アルコピアトップからの北ア大パノラマ(黒部五郎辺りから御岳山まで)
画像


2月8日(金)、9日(土)は飛騨ほおのき平スキー場で以前勤めていた会社のスキー仲間と一緒に滑り、平湯温泉のホテルで温泉宴会を楽しんだ。参加者は12名と年々減少気味だが78歳を筆頭に元気に滑りまわった。
スキー人口の減少ほおのき平スキー場でもあるようで前年稼働していたリフトが2本止まっていた。スキー場トップの青だれの丘へ行くための代替え手段として6人乗りの橇をスノーモービルで牽引する「山頂スノータクシー」が運行されていた。
平湯周辺の山スキーエリアの積雪はあまり増えておらず、輝山下部の切り開き斜面は藪だらけ、久手牧場から第3尾根への登り口の斜面も藪が目立った。

営業開始直前のほおのき平スキー場
画像

画像


山頂スノータクシー乗り場
画像


スノータクシー発進!
画像


青だれの丘にて
画像


輝山方面(下部はまだ藪だらけ)
画像


第3尾根(ここも藪が目立つ)
画像


大崩山と猫岳ズームアップ
画像


宴会終了
画像

"2月はゲレンデスキーばかり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント