10月18日の武尊山の記録

10月18日に登った武尊山の記録です。
武尊牧場側からの登山道は泥んこ道が長く続き参りました。この登山道を利用される方はスパッツ必須です。
これで100名山は90座となりました。

        武尊山山頂
画像


        武尊山GPSログ
画像


昨夜は沼田市の道の駅白沢で車中泊しました。5時前に起床し、武尊山登山口の武尊牧場スキー場へ向け直ぐ出発,途中のコンビニでおにぎりを買って食べながら走り5時半過ぎに到着、どこへ駐車するか迷いながら片品スキー学校の上の臨時駐車場まで上がってみると既に4台停まっていて、登山準備している人もいます。
自分もここに駐車して直ぐに準備を始めます。ここはスキー場のウォッシュレット完備のトイレが使えて快適です。今日の行程はやや長いため家内は登る気は全くありません。ここでのんびり1日過ごすとのことです。

準備をしていると一般車は乗入れできないキャンプ場へ続く道をマイクロバスが登って行きます。地元のペンションへでも宿泊した人達でしょう。一般の登山者はスキー場の駐車場から沿面距離で約3km、標高差で約360m、小1時間余分に歩かねばなりません。早く出発した登山者が上の方の道を歩いているのが見えます。

6:02 武尊牧場スキー場下部(1102m) 天気は良さそうです。牧場に座り込んでいる牛達を横目に見ながら、案内に従ってショートカット道を進むと直ぐに舗装された車道に出て道なりに登って行きます。標高1300mから1380mの間にもショートカット道があり、ここをを抜けるとスキー場の上部緩斜面エリアに出ます。ここの舗装路を登りきった辺りがキャンプ場エリアのようです。

7:07 武尊牧場キャンプ場(1463m) 広い草地に白樺の疎林が広がる高原です。ここのT字路で先行する4人の登山者に追いつきました。登山口を目指して左に曲がり、舗装路が終わると直ぐに登山口です。
 
7:15 武尊山登山口(1514m) 登山届を入れ、登山道に入ります。落ち葉で埋め尽くされた登山道は3mほどの切り開きの中を進んで行きます。歩きやすいです。
1600m辺りで熊よけの笛を吹きながら登って行くご夫婦に追いつきました。挨拶して先に行かせてもらいます。
ここまで乾燥していた登山道が1720m辺りから泥んこ道に一変します。この辺りから中の岳南分岐までの半分は田んぼのような泥んこ道が続き、スパッツを着けてこなかったことを後悔しました。
 
8:05/8:09 武尊避難小屋(1768m) 三角形の可愛い形の避難小屋は扉が開けっ放しになっています。ここで少し休憩し、泥んこ道を進みます。
1870mの見晴らしの良いところ(セビオス岳?)で休憩している10数人のパーティーに出会いました。朝見たマイクロバスに乗った人達でしょうか?
これまで緩やかな登りしかなかった登山道は1950m辺りから急になり、2000m辺りには垂直に近い岩場が出てきます。濡れていますが足場や手掛かりもあり、太いしっかりした鎖もつけてありますのでそれほど苦労せずに登ることができます。
ここを抜けて傾斜が緩むと、また、泥んこ道、うんざりです。
左手には前武尊の方から続く尾根が見えます。

9:33/9:36 中の岳南の分岐(2103m) 笹の中のT字路へ出ました。少し休憩し出ようとしたら、前武尊の方から若者が一人登ってきました。足元は汚れていません。
ここからは武尊山へ続く稜線の南側を進みます。5分ほど進んだ所に菩薩界の水と書かれた水場がありました。少し進むと笹斜面の先に武尊山の山頂も見えてきました。小さな池を過ぎ、稜線へ登り上げる途中に日本武尊の像が立っています。山頂は直ぐそこです。下山してきた4人組が「いい時に登って来た。今までガスが湧いていて周囲の山々はあまり見えなかった」と話してくれました。
 
10:00/10:25 武尊山(2158m) 到着しました。若者が一人いたのみ、早速写真を撮ってもらいました。裏見の滝方面から数人登って来て山頂は賑やかになりました。こちらから登って来た方々も足元は汚れていません。
まだ時々ガスが湧いてきますが、至仏山や燧ヶ岳はよく見えます。昨日登った日光白根山や明日予定の皇海山もよく見えます。谷川岳は残念ながら雲の中のようです。
初めて腰を下ろして休憩とします。景色を眺めながらアンパンをのんびりかじっている間にも続々と人が登って来て大分混みあってきました。セビオス岳(?)で抜いた団体さんの姿も下に見えます。家内も登山口で待っていますのでボツボツ下山開始とします。

10:45/10:48 中の岳南の分岐(2103m) 1600m辺りで抜かせて頂いたご夫婦が休んでいました。何となく見覚えがあったのでお聞きすると、昨日日光白根山でお見かけしたご夫婦で、奈良県からお越しになったとのことでした。
泥んこ道と格闘しながら下山して行く間にも登って来る人と10人以上会いましたが、一様に泥んこ道に参ったと口にしていました。

12:00/12:05 武尊避難小屋(1768m) ここでまた休憩、しばらく下ってようやく泥んこ道から解放され、後は高原散策の気分です。

12:47 武尊山登山口(1514m)

12:55 武尊牧場キャンプ場(1463m) 今年の夏の営業は既に終了したようでひっそりとしています。所々綺麗に紅葉した木も見られますが、枯れたような色合いのものが多く感じます。
舗装路の下りは足にくるので道路脇の草むらを歩いていると、何かヌルッとしたものを右足で踏んでしまいました。牛さんの落としものです。草に靴をこすりつけて何とか取り去ることはできましたが、牛は柵の中で落としものは柵の外、どうやって外へ落としたのか不思議です。

13:39 武尊牧場スキー場下部(1102m) 無事下山しました。家内も周辺を散策したりして退屈することもなかったそうで良かったです。

<沿面距離:18.8km、標高差:1056m、累積高度:±1283m> 

近くに武尊の水の水源があり、美味しい水を2リットルペットボトル3本に汲んでから道の駅白沢を目指しました。

        駐車場(片品スキー学校の奥です)
画像


        スキー場上部
画像


        登山口
画像


        下部の登山道
画像


        武尊避難小屋
画像


        急斜面直下からの武尊キャンプ場方面
画像


        岩場を見上げる
画像


        上部の泥んこ道
画像


        中の岳南の分岐
画像


        菩薩界の水
画像


        武尊山頂を望む
画像


        日本武尊の像
画像


        武尊山山頂にて(足元は泥だらけ)
画像


        山頂からの中の岳方面(武尊スキー場も見える)
画像


        山頂からの至仏山と燧ヶ岳
画像


        武尊牧場キャンプ場(奥のピークは左が日光白根山、右が皇海山)
画像


        スキー場の紅葉
画像




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック