1月3日に輝山南面へ行って来ました

新年おめでとうございます。今年も安全第一で山スキーや山歩きを楽しもうと思います。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

さて、アップが遅れてしまいましたが2012年初の山スキーに、1月3日、手軽な輝山(てらしやま)南面へ行って来ました。
雪はまだまだ少なく、いつもは楽しいバーンとなる南面の切り開き斜面はまだ藪が沢山出ていましたが、部分的にパウダーもあって、それなりに楽しむことができました。

        輝山西面の切り開き斜面(下山時撮影)
画像



前日所用があって、いつもの前日出発は出来ず、当日の4:45自宅を出発し、がら空きの41号線を北上、8:30冬季閉鎖されている乗鞍スカイライン入り口へ到着、直ぐに準備を開始。

8:45 スカイライン入り口 1425m スカイラインには既にトレースがあり、有難く使わせて頂く。例年なら殆ど雪に埋もれているスカイラインのゲートも50~60cmほど露出している。対面の夫婦松へ続く第3尾根下部もまだ藪が酷いように見える。いつもの急斜面斜面取り付き地点より手前の石垣の切れ目から急斜面を登り上げた跡があり、上部から人の声が聞こえる。随分難しい所から入ったものだ。
 
9:04 斜面取り付き 1522m スカイラインが右に曲がる手前のいつもの地点から取り付きの急斜面に入る。上方に3人の山スキーヤーが見える。急斜面の真ん中ほどで追いつき、トレースのお礼を言ってから先頭を交代、3人は犬山山岳会の方達でした。この辺での沈み込み量は20cm程度

9:20 鉄塔 1602m ここから上の南面切り開き斜面は普段は広い雪面となるが、今回はまだ大分藪が出ている。

9:30 林道 1652m まだ林道の法面の地形がそのまま出ていて、直登は厳しそう。遠回りにはなるが素直に林道を進む。途中で輝山山頂がきれいに見えた。暑いのでアウターを脱ぎながら休んでいると犬山山岳会の3人も追いついてきた。後は先頭を交代しながら進む

10:16 林道終点 1860m 林道を登り上げるといつもの尾根筋へ出る。樹林帯の端を淡々と登って行く。上部で30cmほどの沈み込み量
  
10:51/11:21 輝山山頂 2063m 2時間少々で到着、山頂は相変わらず木々に邪魔されて視界がない。スキーを脱ぐと60~70cmは沈む。アウターを着込み、テルモスのコーヒーを飲みながら犬山山岳会の方達とお話をする。北面から登ったことがあり、少々きついがいい斜面があるとのことで是非行ってみたいと思う。
下り始めて直ぐの2030m辺りで後続2人とすれ違い、挨拶を交わすとスカイラインの石垣の切れ目から登ってきたお二人で、正しい上り口を問われたので説明してから分かれた。ここからしばらくは多少の底付き感はあるものの気持ちよく滑ることができた。

11:29 林道終点 1860m ここからは南面切り開きをダイレクトに下る。藪がやや煩いが滑るのに特に支障にはならない。最後の急斜面でスキートップを藪に引っ掛けて谷側に1回ゴロンとやってしまった。お恥ずかしい。

11:54 スカイライン 1522m スカイラインにはスノーシューの踏み跡が付いていた。後はスカイラインを下るのみ、何故か太腿がパンパンに張って、ここの下りが辛かった。

11:57 スカイライン入り口 1433m 今回も無事下山できてよかった。

当初は翌4日に日照岳へ行こうと思って出かけてきたが、どうも気乗りがしないので帰ることとした。

        GPSログ
画像



        乗鞍スカイライン入り口(雪が少ない)
画像


        乗鞍スカイラインゲート(まだ大分露出している)
画像


        第3尾根下部(まだ藪が酷い)
画像


        林道からの輝山山頂
画像


        南面の林道
画像





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック