大崩山、猿ヶ山、そして金沢へ

ようやく山スキーエリアへまともに入ることができました。
2月16日(土)はKさんと極寒の大崩山へ登り北西面のパウダーを楽しみ、2月17日(日)は単独で昨年1221mで敗退した猿ヶ山山頂を踏み、深雪を楽しんできました。
そして2月18日(月)は金沢へ出て、カリスマ山スキーヤーのY先生に胃と大腸の内視鏡検査をして頂いてきました。(昨年は大腸の小さなポリーブを取って頂きましたが今年は異状なしとのこと、これでしばらく安心して遊べます。)

    大崩山山頂にて(kさん)
画像


    猿ヶ山山頂にて(ファントム)
画像


詳細は追ってアップします。

この記事へのコメント

yoshio
2013年02月19日 18:24
こんにちは!違っていたらすいません‥。
16日夫婦松下部の斜面で抜かされた、ボーダー男女の2人です!
帰りに声かけて頂きありがとうございました。
偶然?検索してたらキャンピングカーと青のウエアの写真があったのでもしやと思い(笑)

平湯方面初めて来たのですが、何かはまりそうです
教えて頂いた様に今度は駐車帯から猫岳目指してみます(汗)
聞いてばかりですいませんが‥このコースは例年だといつくらいまで雪切れずに滑ってこれるのでしょうかね?
ファントム
2013年02月19日 21:10
yoshioさん
拙いブログにご訪問頂き有難うございます。
久手牧場から登る尾根は第3尾根と呼ばれているようで、猫岳や大崩山へ登るのによく使われます。私は3月末に猫岳まで登り滑ったことがありますが、牧場下部の雪切れは年によって違うように思います。
このコースは途中樹林が密のところがあり、春になって雪質が悪くなると滑り下りるのが結構大変です。
平湯周辺はパウダーの確率の高い厳冬期が狙い目なような気がします。
yoshio
2013年02月19日 22:53
情報ありがとうございます。
この冬もう一度登れたらなぁ~なんて思ったもので…。
予定調整してみます。。
また山で逢えたら良いですね!
その時はよろしくお願いします。
ファントム
2013年02月20日 13:45
yoshioさん
平湯周辺はいいところです。もう1度とは言わず、何度でも行って下さい。
またどこかでお会いしましょう。

この記事へのトラックバック