エントランスドア修理等

我愛車コルドバンクスは車齢11.5歳強、古希越えのオーナーと同様歳相応に元気なところもあるがあちこちにガタも出てきている。
先週、乗鞍山スキーから帰ったらエントランスドアが開かず、運転席側から荷物を運び出して家に戻った。
後日調べてみると、エントランスドアのオートロック用接点部(11年前に自分で取付けたもの)がドアとドア枠の間に挟まれ大きく変形していた。
これはドアの建付けが悪く(ドアヒンジ側の隙間が広くなる方向へズレた)なったのが原因で、今日バンテック愛知へ搬入して調整をしてもらった。(最近、ドアがドア枠に接触し、かなり乱暴な閉め方をしないと閉まらなかった)
この結果、ドアはスムースに開閉できるようになった。
オートロック用接点は通販で購入したものを自分で交換した。これでしばらくはドア関係の心配はしなくてよさそうだ。
バンテック愛知へは久し振りの訪問となったが、店長さんやスタッフの皆さんには相変わらず親切に対応して頂き、感謝です。キャンピングカー人気は続いているようで昨年は過去最高の台数が売れたと店長さんが喜んでいた。この日も丁度新車が2台陸送されてきていた。新車っていいですよね! でもこの歳になってからの乗り換えなんてできっこないしな~! 今の車を大事に大事に使っていくことにしましょう。
また、偶々キャンピングカーに乗り始めて2年ほどの方が2組来店されていて、色んな情報交換ができてよかった。

スムースに開閉できるようになったエントランスドア
画像


ロック機構もガタが出てきていたので分解調整してもらった
画像


オートロック用接点は自分で交換した
画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック