恵那山へ黒井沢登山口から山歩

梅雨前の晴れ間を狙って恵那山へ黒井沢登山口から山歩してきた。快晴予報だったが山頂部では雲が出て遠望は効かず肌寒かった。

視界のない恵那山山頂部(まだ時間が早いので人は少ない)
画像


<行程>
6:07 1197m 黒井沢登山口
7:41/7:45 1715m 野熊ノ池
9:32: 2175m 山頂避難小屋
9:38/9:45 2191m 恵那山山頂
9:50/10:26 2175m 山頂避難小屋
11:43/11:54 1715m 野熊ノ池
13:15 1197m 黒井沢登山口

<GPSログ>
沿面距離:15.2km 累積高度:±1163m(標高差994m)
画像

画像


今夏、北海道の山を少し歩く計画があり、そのトレーニングとして長い距離を歩きたいと考え、当初は恵那山の前宮コースを予定していたが、前日家内が「あなたが熊に食べられたという夢を見た。だから登山者の少ない前宮コースは止めて」と云う、「こんなジイサン、不味いから熊も食わない」と云いつつもご機嫌を損ねると後々困るので、少し距離は短いがそこそこ距離のある黒井沢コースに変更した。

6月2日(土) 早朝4:30に家を出てコンビニで朝食用のおにぎりを調達し、中津川へ向かう。川上(かおれ)集落から林道に入るが、これが狭くて曲がりくねり、しかも10km超と長い。6時に黒井沢登山口へ着くと既に10台近くの車が駐車していた。ここの駐車場は20台分くらいはありそうだ。

野熊ノ池までに先行者を4人抜いたが、そこから先は山頂避難小屋まで人に会わなかった。熊さんに出くわさなくてよかった。
登山道下部ではそれなりに汗をかいたが、標高1900m辺りから上は陽が射さず涼しくて助かった。
山頂展望台は登っても周囲の木が見えるだけ、もう少し高くすれば眺望も効くだろうが、それはおかしいよね。眺望は山頂避難小屋裏手の岩山によじ登れば、それなりに楽しめる。(今日は雲でダメだった)
山頂避難小屋から300mほど手前に水場があるが、冷たい水が流れ出ていてうれしい。

黒井沢コースで今日出会ったのは10数人、人気の広河原コースや御坂峠コースに比べ静かな山歩が楽しめる。

登山口駐車場
画像


登山口
画像


ゲートの看板の熊のポーズが面白い
画像


登山口から30分ほどの所に小屋がある
画像


野熊の池(魚はいないようだ)
画像


尾根からヘブンス園原の山上公園が見えた
画像


水場(冷たくて美味しかった)
画像


山頂にて
画像


山頂避難小屋(裏の岩山から)
画像


野熊ノ池避難小屋
画像


この記事へのコメント

kame
2018年06月04日 19:25
恵那山登山お疲れ様でした。

年齢に値しない鍛えれた筋肉で熊さんの嗅覚は鋭いため、奥様が心配されたのでしょう、ご無事でなによりです。

北海道登山羨ましい、利尻山に行ってみたいです。

ファントム
2018年06月04日 20:51
kameさん
コメント有難うございます。
家内はかなり強度の心配性で、言い包めるのに苦労します。その影響もあってか、山行中に先行者のビブラム底の足跡や、苔の生えた日陰の岩等にドキッとさせられることもあります。
今夏は200名山のうちの比較的容易そうな山を4山ばかり登ろうと思っています。
利尻山は遠いですが本当に良い山です。是非時間を作って出かけて下さい。

この記事へのトラックバック