今夏も北海道へ(1)

平成30年の夏も老骨キャンピングカーで北海道へ渡ることができた。これはその備忘録です。
7月25日に家内、長女、孫2号と一緒にキャンピングカーで名古屋港を発って北海道へ向かい、家内達は8月1日に飛行機で帰名した。(1)はここまでの記録です。日付の横の数字はその日の走行距離です。しかし、この間の北海道は暑かった。
この後、私は一人北海道へ残り山歩きを少々楽しんだ。後半は今夏も北海道へ(2)

7月25日(水) 31km
14時半自宅を出発、途中長女と孫2号をピックアップし名古屋港へ向かう。
乗船するのは太平洋フェリーの「きそ」、昨夏の北海道からの帰路と同じ船だ。乗船と同時に船内のレストランへ行き、19時の出航を夕食をとりながら迎える。

出発!
画像

きそ
画像

もうすぐ乗船
画像

トリトンをくぐる
画像

レゴランドだ!
画像


7月26日(木) 0km
16:40仙台入港,19:40出航、1日中船の中。

太平洋を真っ直ぐ北上中
画像

風が強い
画像

姉妹線「いしかり」とすれ違う
画像

ボツボツ退屈してきた(船室は1等和室4人部屋)
画像


7月27日(金) 65km
苫小牧入港前にイルカに遭遇、11時過ぎに苫小牧に上陸、北海道にしては暑い。
千歳水族館を見学する。学芸員によれば昨日、今年の鮭1号を見たとのこと。しかし今日は見られなかった。
札幌市清田区の温泉施設で長男一家と落合ってから豊平区の長男のマンションへ向かう。

朝食
画像

イルカに遭遇
画像

間もなく苫小牧港に接岸
画像

北海道上陸、思ったより暑い
画像

千歳水族館へ
画像

まだサケ来ていないね~
画像

孫1号、2号共演
画像


7月28日(土) 97km
昨年と同じ滝川のマルカ高原オートキャンプ場へ向かう。長男ファミリーに長男のお嫁さんの両親も集合。バーベキューを始めたがサッポロクラシックを1本飲み終わった辺りから私の身体が異様に暑くなりフラフラしてきて寝込んでしまった。夜には体温が38.3℃まで上がってしまった。

キャンプサイト
画像

直ぐにシャボン玉遊び
画像

二人大人しく休憩中
画像

<私がダウンしてしまったため後の写真はなし>

7月29日(日) 65km
冷蔵庫で冷やした保冷剤で一晩中おでこを冷やしたおかげか朝には37℃まで下がっていた。朝食後11時までキャンプ場でのんびり過ごしてから解散。
滝川の航空公園へ寄ったら催し物があった。ビンテージ物のグライダーがあって興奮する。
その後、岩見沢の北村温泉ホテルというローカルな温泉宿に宿泊

キャンプ場の朝の風景
画像

シオカラトンボが捕れた
画像

北海道スカイスポーツフェアイン滝川
画像

ガル翼のビンテージグライダーが2機
画像

10年ほど前に乗せてもらったモグラも健在
画像

僕も飛びたい
画像

北村温泉ホテルにて
画像


7月30日(月) 155km
家内まで声が出なくなってしまい、ホテルで教えて頂いた岩見沢駅近くのクリニックで夫婦揃って受診、二人とも風邪と云うことで薬を処方してもらう。
その後、札幌市街を抜け、滝野の頭大仏を見てから定山渓、中山峠、喜茂別、留寿都を経て今日の宿泊地洞爺湖畔の財田オートキャンプ場へ向かう。

北村温泉ホテル前にて
画像

滝野霊園の頭大仏(安藤忠雄氏設計)
画像

ラベンダー畑の下には!
画像

何故かモアイ像も
画像

ストーンヘンジまである
画像

財田オートキャンプ場
画像

洞爺湖の対岸の山上にはウインザーホテル
画像


7月31日(火) 92km
キャンプ場でゆっくり過ごし、11時前に出発、有珠山にロープウェイで登ってから、壮瞥、大滝を経て今日のお宿休暇村支笏湖へ早めに到着。温泉や食事もまあまあだったが周囲の森が素晴らしかった。

朝の洞爺湖
画像

このキャンプ場も賑わっていた
画像

有珠山
画像

昭和新山
画像

有珠山山頂駅から昭和新山を見下ろす
画像

休暇村支笏湖は森の中
画像


8月1日(水) 178km
今日帰宅する家内、長女、孫2号を新千歳空港へ送っていく。長男は仕事で来れなかったが、お嫁さんに孫1号、お嫁さんのお母さんが見送りに来てくれた。

休暇村支笏湖
画像

1号2号共演
画像

画像

見送りありがとう!
画像

画像

この飛行機で帰ります
画像





この記事へのコメント

kimu_23
2018年08月18日 10:15
ファントム親分 ご無沙汰しています。

北海道旅行いいですね!
私もこの連休天気が悪くアルプス登らなかったので北海道へ帰省すればよかったと後悔(^_^*)

話は変わりますが、今シーズンのスキー道具一式購入 TLTのsuperlite2.0の後ろ側のブーツとビンディングのスペース(隙間)はどれくらいで取り付ければいいのでしょうか?
調べたけどはっきり分かりませんでした。
ブレーキ付きだと5.5mm、それ以外は2mmと有りましたが親分も持っていたのでどれくらいで取付しているのかな~と思いまして!
調整が効かないので一度2×4の板に取付て実際にしようと思いますが~


ファントム
2018年08月18日 13:43
kimu_23さん
お久しぶりです。帰国されましたか?
今年の北海道は8/1まではこれが北海道?って思うくらい暑かったですが、以降は今、夏?って思うくらいの日もありました。
superlite2.0のヒールピースとブーツの隙間は私は従来のTLTと同じ4.0mmにしています。今のところ特に問題はないです。
なお、superlite2.0のヒールは滅茶苦茶硬くて、スキーを履くときに親の仇をとるくらいの勢いでヒールを踏む込む必要があります。
kimu_23
2018年08月18日 18:50
ファントム親分ありがとうございます😊

今日取付終了しました!
寸法出しに1×4の廃材で一度やって3mmでやったらビンディングにブーツを振り込む時にソールに干渉してしまうので4mmくらいかなと思いました。
K2のクンバック(3万円)に取付て右側が4.6mmになってしまいましたが調整できないのでこれで行くしか無いですね(^_^*)

北海道では初雪降ったようですが今シーズンもよろしくお願いします。


ファントム
2018年08月18日 21:35
流石手早いですね。
ピンがブーツの溝金具にかかっていれば問題ないと思います。
黒岳降ったんですね!びっくりです。
衰え著しいジイサンですが来るシーズンも宜しくお願いします。

この記事へのトラックバック