野麦峠スキー場でゲレ練

今日(27日)、野麦峠スキー場でゲレンデ練習してきた。

ラビットコーストップ
画像


横ずれの少ないターンを急斜面でも練習しておこうと思い野麦峠スキー場へ出かけた。滑走できるのは上部のラビットとチャンピオンコースのみと分かってはいたが,実際に現地へ行ってみて下部ゲレンデの雪の少なさに本当に驚かされた。この週末の降雪に期待したいところだ。

ゲレンデ用のアトミック・ブルースターを履いてリフト券(平日はシニア1日券1500円と格安)を購入し上部ゲレンデへ移動するためのスカイライナー乗り場へ向かう。しかし平日は9時からの運転開始のはずなのに、30分近く待たされようやく運転開始、途中の立て水の坂より下はほぼ草地のまま、その上のパノラマも申し訳程度しかない。
しかし上部のコースは滑走に支障ないレベルの積雪があり、キレイに手入れもされていて滑り易かった。

ノンストップで7本滑ったところでコーヒータイム、更に4本滑ってから一旦車まで戻って休憩、その後GS用のブリザードGSレースに履き替えて上部ゲレンデへ戻るも風が強くなって時々リフトが止まってしまう。3本乗ったところで風が収まるまで運休となり、今日のゲレ練を終えた。

雪面状態の良いうちは横ずれのないターンができていたと思うが、最後の方では凍った雪面が部分的に出てきて、そこではまだ流されてしまう。エッジの立て過ぎなんだろう。まだまだ修行が足りない。

駐車場は全くの雪なし
画像


ゲレンデ基部から(右のトレバーンに人工雪の固まりがあるのみ)
画像


立て水の坂も雪なし
画像


パノラマゲレンデは白くはなってはいるが、、
画像


チャンピオンコースは滑走可能
画像


GPSログ
画像

GPS高度ログ
画像

"野麦峠スキー場でゲレ練" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント